レンタカーでペナンへGoGo! 1

GWも無事終了して、次のお勤めは、プーケット在住ダイビングインストラクターなら今月中にしないと行けないお仕事。

VISA RUN....

KLではもうマルチが出ない事はニュースで読んだ。(始めからKLは考えてなかったけど)残る砦はペナンだ。ただ、ペナンはやはりワーパミ6か月ルールがある為に、12月末でワーパミが切れる人達は少なくとも今月中にはペナンへ行って新たにマルチVISAを取らないと行けない。

と言う事で8日からちょっくら行ってきましたペナンへ。
今回は同時に行く人間が4人集まっていたので、「車レンタルして行っちゃわない??」と言う事になり、7日に大家の友人がやってるレンタカー会社に聞いて無事ゲット。ただ、ボーダーを越える事を話したら、プーケット内なら保険代が含まれてるけど、プーケットの外に出るなら別途200BxDayタイから出るのならまた別途保険がいるよ。と言われたんで、もちろん、その保険代もこちらで払うつもりでとにかく翌日朝7時に車を借りに行きますという事になった。
d0081889_16241217.jpg

で、いろいろ車で行く為の情報を収集していた時に見つけたある質問サイト。
「レンタカーでタイ、マレーシアの国境を越えられますか?」と言うヤツ。
答えは「レンタカーで国境は越えられない」
との事!なんですとーーーー!!!!
自家用車ならOKでイミグレーションに申請するのは自分所有の車である証明書、自動車保険、タイ語、英語の証明、他にももし友人の車を借りるのなら、この車は確かにこの友人に貸してますみたいな証明書を事前にタイの自動車免許交付状にて出してもらわないと行けないとか、いろいろ見つけた。なので先ずレンタカーで国外にでることは出来ない。と言う情報を何件か見つけ、そうよねー。レンタカー持ち込んでそのまま向こうで売っちゃう輩もいるだろうし、普通はレンタカーで国境は越えられないよねー。と。
で、一緒に行くレックさんに相談したら、「もしレンタカーでハジャイまで行ってそこからミニバスだったら、結局高くつくし、私は大型バスよりもミニバスの方が狭くていやだ。」と言い、私も、それはそうよねー。と思って他の2人(キリンさんと友人Jさん)に聞いたら、「バスで行ったら足はのばせないし、ハジャイで無駄にミニバスを待たないと行けないし、ミニバス料金吹っかけられてイヤな思いするから車で行こう。車のが絶対楽だ!」と言われ、もう一度レックさんに話したら「まあ、皆にお任せします」と言う事になったんで、結局取りあえずレンタカーでボーダーまで行きましょう。ボーダーで車を止めて、そこから歩いて国境を越え、マレーシア側でタクシーを見つけてペンまで行きましょうという事になった。(タイ側よりも良心的であると思ったから)

借りた車はTOYOTA VIOS。日本だと、セダンのカローラ。オートマ←重要。

朝7時にレンタカーを取りに行った時に対応してくれた白人に念のため「ここのオーナーは別途保険を払えばマレーシアに行けると聞いたが本当か?」と訪ねたら「レンタカーでは越えられないよ!」とやはり言われた。そして「ボーダーまで行くのか?!」と驚かれた。(普通のレンタカー会社でもまさかプーケットからSADAO←国境 まで行くとは思わないだろう。ラノーン←ミャンマー ならともかく。)

レンタカー代は1000B(一日X3日分 保険200BX3日分)

そしてチョビ子をDogParkに預けて朝8時に自宅を出発。

今回のメンバー、キリンさん 国際免許無し 運転は日本でちょっとだけ...。時効です!! Jさんタイの(モーターバイクだけど)免許持ち 国際免許無し 運転は6年ぶり。レックさん 国際免許持ち しかし完全ペーパードライバーなのでハンドルは持たせられない。私 国際免許持ち、運転歴26年。車社会の愛知県出身...。

と言う事で問答無用で私が運転する事に。(途中でJさん、もしくはキリンさんと代わるけど、チェックポイントとか大事なとこは私の運転で)

I PhoneのMapでは国道4号線をひたすら行けばボーダーに出るとあったので、I PhoneのMapでナビをする事にした。

キリンさんにマップ見ててね、といい私は運転するが、この助手席アシストが役に立たない。(彼はI phoneのマップ機能を見てないので使い方を知らないままだ。)景気よくプーケットを出て、コークロイから4号線に入りパンガーに入る。そして道路標識の指すKrabiの方向へ右折してしばらく走ったらこの道が4号線でない事に気がつく。「R415になってるよ。これで正しいの?」と聞いても誰も分からない。私は運転しながらマップも操作出来ない。いったん途中のガソリンスタンドで止まり、Mapを見るんだけど、3Gが弱く、GPS機能が使えない。あの右折が行けなかったんだ。元の道に戻ろう。と言い、元に戻って、R4号線をそのまままっすぐすすんだらパンガーの街中に入ってしまった。

過去、私のビザランで覚えてるのはパンガーのバスターミナルの寄ったバスは、来た道を戻りどこかを曲がった記憶がある。この道はパンガーのバスターミナルへの道だ。

街中を抜け(ここで30分くらいロス)キリンさんとJさんは「このまままっすぐだ。」というけど、私は「絶対違う!バスもバスターミナルに寄ったら、しばらく来た道を戻って途中で曲がった!」と言い、Uターンしてまた街中に入って来た道を戻る。そしたらキリンさんはイライラしてこの「ままだとプーケットに戻るだけだ!もういちどUターンだ!!絶対だ!!」というので、またuターンしたけど、言わせてもらえば私は地図が読める女だ。記憶力も自慢じゃないがかなりいい方だ。なので、Uターンしたとこにバス停があったんで、そこで止まったらキリンさんは「はああーっ」と大げさにため息をつき「なんで止まるんだ!」と怒るけど、私は窓を開けてレックさんに「タイ語でハジャイに行きたい」と聞いてくれ。と頼み、レックさんがそこにいた人に聞いたら、やはり来た道を戻り、途中で曲がるらしい事を言った。で、ここで自分の目でマップを見たら、さっき曲がったR415で行けば途中でR4に合流する事が分かった。始めからちゃんと見てくれよ!!!
さっきまで横柄な態度だったキリンさんは「あれ?」と、大人しく。
過去の旅行、地図を見て道を探すのはいつも私だった。
昔本のタイトルでこんなのなかったか?
「地図も読めないが、話も聞かない男」

で、再びUターンして、R415をひたすらすすんだ。そしたらちゃんとR4に合流〜。やったー。
で、KRABIの街中に入り、皆疲れて来たのでKrabiのBig C の前にあったEssoで再び休憩。
そこのCafeでは英語の話せる女の子がいて、「コーヒーはストロングがいいのかマイルドがいいのか?」と親切な口調で聞いてくれたので、私とレックさんはストロング、砂糖抜きのアイス、外人2人はマイルドのミルクシュガー入りを頼んだ、ら出て来たのはストロングシュガーのアイスコーヒーだった...。そうかストロングという意味は砂糖の濃さか。なわけないと思うがゲロ甘コーヒーを飲む。お昼ご飯はレックさんからのさし仕入れの肉まんとちまき。

そこでようやく3Gが入り、運転もJさんに交代して出発。キリンさんは助手席のまま私が後ろからマップを読む。
そして、そこで私も初めてこの機能の素晴らしさを知る。
本当にカーナビみたいにどこで曲がるとかアナウンスしてくれるのね。これ。すごーい。
で、Trangの辺りで再び運転を交代。このまま私の運転でボーダーまで。今度はキリンさんももう使い方が分かるので、ちゃんとどこで曲がるか見てくれていた。

朝8時に出て、国境の街SADAOに着いたのはもう5時近くになってた。

で、当然私たちはレンタカーで国境を越えられないと分かっているので、どこかで車を駐車しないと行けない。なるべく安全なとこ。
ケロさんは「絶対分からないファランとかがレンタカーで国境まで来ちゃうから駐車場はありますよ!」とか言ってたけど、タイからマレーシア側には駐車場がなかった。マレーシアからタイ側のイミグレの裏には大駐車場がある。そこに停めるにはいったんイミグレをスルーしてボーダーを超えないとその駐車場には停められない。タイ側の道路にはセンターラインがあって車が入れないようになってるので。なので私たちはもう戻れないとこまで来るまで入って、最後の最後の売店の横に車を止め、スタッフにレンタカーで来たんだけど、どこに車を停めればいいのか聞きに言った。

すると返事は
「そのまま行けるよ」
えええっ?!うそでしょ?行けないでしょ??
試しに3人の係員に聞くが、皆そのまま行けるという。ただ、マレーシアの保険を持ってないと行ったら、マレーシア側のJJK??JJBと言うとこでマレーシアの保険に加入して行って。と言われた。それも怖いくらい皆親切なのだ。見習えラノーンのイミグレスタッフ。

信じられないが、行けるというので、車でそのまま抜け(トランクもあけずに何もチェック無し)タイとマレーシアの間のとこで車を止めて、歩いてタイ側に戻り出国。

「でもまだわからないよねーマレーシア側がダメだというかもしれないし。」
と言いながらマレーシア側に車で入る。窓を全部開けて顔見せて4人分のパスポート見せたら、はいOKポンとスタンプ。やはりトランクも開けない。すごく素敵な笑顔で「バイバイ」

えええっ!!!!
d0081889_16231741.jpg

マレーシア側のイミグレ。

次にタイ人の係員が教えてくれたJJKと言うとこに(そんな名前)言って、インシュアランスを申請。場所は私たちの方面帰ら道路渡った反対側にあった。
ダッシュボードに入ってたタイの保険とかいろいろ持って外人2人が言ってる間に私とレックさんは再び休憩。Jさんが戻って来て「簡単に取れたよ。今ナンバー取得してるからもう少し待つ。」と言って来た。

本当に信じられないが、どうやら本当にこのまま行けるらしい。

待ってる間になぜか、カメを発見。
d0081889_16231762.jpg

この子が頑張ってこの階段を上がろうとしてたんで(絶対無理だろー。)助けてあげたりしてたら、キリンさんが笑顔で帰ってくる。
d0081889_1624399.jpg

じゃーん!ナンバープレート取得!!
d0081889_16232434.jpg

d0081889_16234999.jpg

これを車のフロントとバックに貼ったら、もう何の問題も無い。やったーーー!

料金は150RMで(1500B)1か月有効だそうだ。(3日間しかいらないけどね)

そして無事にマレーシア側に入る。でももうI Phoneの3Gは使えない。海外ローミングになってしまうから。しかしさすが私!!!昨日まだレンタカーでマレーシアに行けると思ってた時にボーダーからペナンまでの道路地図をプリントアウトしておいたのだ。(と言ってもボーダーからペナンまではひたすらR4から続いているE1を走ればいいのだけど。)さすが気の付くA型。(自画自賛)

途中でガソリンが無くなって来たので入れるんだけど、マレーシアはガソリン代がかなり安いと聞いてた。ガソリンメーターの表示が下2つになってるとこで満タン入れたら100RM。約1000THBだった。いやあ、どうせトランク開けないのなら帰りのトランクにポリタンクかくして運びたい!!
そしてこのガソリンスタンドから再び運転Jさんに代わり、私がナビして(助手席のきりんさんは?)一路、GorgeTownへ!

ペナン大橋からジョージタウンは以前無駄にネコバス(Free CAT BUS)でぐるぐるしてたので、道を覚えてて、取りあえず、George Townの中心街?の映画館のあるそばの駐車場に車を停めて、ホテル探し。まあ、安いゲストハウスでいいやー。と思って歩いたらすぐにOrient Hotelの駐車場があって、やはり駐車場付きのホテルの方がいいか。と思い聞いたらちょうど4人部屋が空いてて、値段は158RM。4人で割っても400Bちょいだ。それも駐車料金払わなくていい。3日間。

と言う事でそこに即決。

部屋は10階の角部屋で、ダブルベッド1つ、シングル2つで、片方の窓はペナン大橋の見えるOcean view、もう1つの窓はMountain View。しかもバスタブ付き。かなり快適なお部屋でした。
d0081889_16233293.jpg


後は明日、VISAを申請するのみだ。

時間は結局パンガーとトランの辺りで道に迷い、ボーダーでも時間を潰し、途中何度かトイレ休憩を取ったので付いたのはタイ時間で9時。マレー時間で10時だった。ミニバスで来たのとほぼ変わんない時間だったなあ。しかしストレスはなかったよん。

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ダイビングへ
にほんブログ村
にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ
にほんブログ村
[PR]
by papaya_mango | 2013-05-11 19:32 | VISA/WorkPermit

何が起きてもマイペンライな島プーケットから今日も海に陸に忙しく発信中 。


by papaya_mango
プロフィールを見る
画像一覧