南の島で暮らしたい!!

xpapayax.exblog.jp

何が起きてもマイペンライな島プーケットから今日も海に陸に忙しく発信中 。

今週はずっと割と波が高い。

天気は悪いようないいような。いよいよローシーズンなんだけど、意外と私は忙しい。(いい事なんだけどねー)

今日はDSD。FromカタールとFromアフリカ。カタールが2人連れで1人がFUN DIVING 。
いやあ、何となく結果が見えてるような組み合わせなんだけど、今日はピピへ。
ビダノック。

ハイシーズンってさ、いくら波があっても南側の湾内はよほど大丈夫だし、西側はずっと穏やかなのに対して、ローシーズンのビダノックって、波に隠れるとこがないんだよね。地形的に東に来ても波が入り込んで来ちゃうし湾内も西からの波を完全にとめる事は出来ない。

それに対してビダナイは東側は完全に波をとめる事が出来るんだけど、いつも誰かかしらが西側に入り込む、もしくは真南で上がっちゃうから結局大変で、長い間ビダナイには入らない。ビダナイよりもパロンの方がサメが見せれるから。

しかし、ローシーズンの波が荒れてる日は当然パロンもturtle Rockも入れなくて、ピピレイの東側のピレかVikingになる。わたしはVikingのジャングルジム割と好きなんだけど、やはりピピまで来たのにここかよ!って感じかなあ。

でも今日はビダノックとビダナイ。久々この組み合わせだった。

で、私のDSDの結果はDSDの2人はなーーーんの問題もなかった。思いっきりビダノックの湾の内側に入って、スキルも常時にこなし、浅瀬はサージが入ってすごいから、深場へ。だったんだが、一緒に付いて来たFunDiverカタールがとんでもなかった。

セッティングの際に彼は「僕は思いタンクは背負いたくない。小さいタンクにしてくれ」と。まあ、小さい人だったし、OWで10回くらいしか潜ってないけど、まあどうせ深いとこには今日は行かないから、残圧50になったら教えてね。

と潜ったら、なんだろう。まるで隕石落下のようにぶわーーーーっと魚に突っ込んでぶわーーーーっと戻ってくる。もう嬉しくて嬉しくて興奮して広場を走り回るチョビの様だ。

しかし私の両手は2人のDSDを持っている。捕まえられない。

途中で出会った他のイントラが彼の泳ぎを見て驚くぐらいなので、相当だろう。
逆にDSDの2人の方がちゃんと泳げるから、最後は2人の手を離して、突進して泳ぎまくるこのFUNダイバーをこっちに突っ込んできて通り過ぎようと下瞬間に捕まえ、(走ってくるチョビを捕まえるように)彼のゲージを見たら水深6Mで15分で既に70だったよ...。で、ハンドシグナルで、ゆっくりとやるんだけど、(スレートを書く余裕が無い。手を離したDSDが沈んで行くので)1本めは僅か20分でFUNがエアー無くなって終了。

上がってから「なんでこんなにエアーが早いんだろう」と言った彼。
あああ、あなたは認定ダイバーさん。何故かも分からないのね?
「バカみたいに動きまくるから!」と言ったら、「だってすごい楽しくて」
まあ、皆友達なので、誰も文句は言わないし、なんだろう、この底抜けの明るさは。

意外と大変かもと思った今日のダイビングは実はこのFUNの彼があっという間にエアーが無くなるのであっという間に終了して、今日は意外と大変じゃなかったんだよなあ。
ミドルイーストの方って、やはりこういう旅に来る人はお金に余裕がある人が多いので、なんだろう、悪く言やあわがままなんだが、よく言えば「お金払ってるから無理しててもやらなきゃ」と言うのがないのでDSDの1人は1本で「もう止めー」だったしね。

でも波はそこまで高くないけど、水面に出ると感じるし、今日はずっと浅瀬にいたせいで体がズーーーッと揺れてる。

明日もこんな感じなんだろうなあ。
にほんブログ村 マリンスポーツブログ ダイビングへ
にほんブログ村
にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ
にほんブログ村
[PR]
by papaya_mango | 2013-05-20 23:16 | PHUKETでDIVING

何が起きてもマイペンライな島プーケットから今日も海に陸に忙しく発信中 。


by papaya_mango