カテゴリ:オランダ旅行記( 22 )

いい国だったなあ・・・・。

いよいよ明日、再びタイだ。
一ヶ月もいなかったので、今PHUKETがどうなってるかはお友達ブログでしか確認してない。
なに!?RACHAでジンベイ??PHIPHIでも?????ああああ、見たい。と言うか、仕事あるんだろうか。不安。ローシーズン真っ只中だ。

今日は朝9時半起床。シャワーを浴び、ぼーんやり。PAPAとパソコンについて語り合い、12時近くなったのでいい加減起きろと彼を起こす。

毎週日曜日はなんとなくコーヒータイムにケーキがつく。あまーいんだけど、決して日本のような繊細な味ではなく甘ッ!!なケーキだけど、もう慣れた。それに生クリーム使ってるから。

本当に乳製品おいしかったなあ。と言うわけで、どうしてももう一度ソフトクリームが食べたくて、彼は大好きなハーレーンを食べ収めしたくて今日はもう何度も来たMakkumのビーチに来た。
ビーチと言っても湖のビーチだ。今日は風が強いので、すごく沢山のウインドサーフィンが出てた。
d0081889_1122748.jpg

ソフトクリームの模型もリアルにおいしそうじゃない??
最後のソフトクリーム。コメダやミニストップのソフトクリームも好きだが、ここは格別だ。(多分オランダ中どこのお店もソフトクリームはおいしいと思うよ。あとは巻きの問題だ。)
d0081889_185343.jpg

最後なので欲張って1.5ユーロの巻きのでかいソフトにしたら、食べてる途中で気持ちが悪くなる。
好きな気持ち以上に体がもう受け付けない。これは少しショックだ。
焼肉だべると吐くのと同じだ。
彼はハーレーンを食べ収め・・・。
d0081889_1111262.jpg

この後は帰り道の途中、一度も見て飽きることのなかった牛や羊を横目におうちに帰った。
d0081889_1202418.jpg

家に帰ったら、PAPAが明日会社を休んで空港まで送って行ってくれることになってた。
PAPAも12時出発に反対で、「そうやってあわてていくときに限って何か起きる。ぎりぎりは良くない」ともっともな意見を彼に話し、早めの11時に出ることになった。
それが正しいと私も思う。

最後に双子の弟との2ショット。こうやって見るとAlwinのほうが当たり前だけど黒かった。
弟のEERCOは本当に対照的で、料理が好きでスポーツはキライと言う人でした。
d0081889_1352993.jpg


そして私はバンコク滞在もう一日をどうやって楽しく過ごせるか検索中。
今度こそカオソーイが食べたいし、NICE DIVEナベさんお勧めの大戸屋に行きたい!(食い物ばかりじゃん)PHUKETのチケットも取らないと。ワンツーゴーは絶対いやだというし。

ああ、あと一日。今夜はのんびり家で過ごすよ。まだパッキングもしてないし。それにユーロカップも決勝戦だ。もちろん今日はスペイン応援するよ。
ANNAとMARCOSも今頃サラマンカで盛り上がってるだろうか。

自分へのおみやげは
HINDELOOPENの可愛いミニチュアの花瓶と木靴。
MAMAがくれたフリスランドの文様の木靴のキーホルダー、2ユーロ前後のワイン(意外とおいしかった。以前もう飲んでる)オリーブの瓶詰(これも1ユーロでタイよりも全然安いから)フリスランド名物のサラミ、そしてチーズ。

意外と買った。
昨日あわてて買いに行ったから。
そしてMAMAからもAlwinの好物の食べ物を託された。(前にALWINに好きなものもってかなくていいの?PHUKETにはないでしょ?ときいても、いらないいらないだったけど、託されたら嬉しそうだった。やっぱりほしいじゃん。つーか、私と違い物欲が余りにもない。私が日本から帰るときは山のような食材をスーツケースにつめるが、ALWINはないならないでしかたないじゃん。PHUKETはオランダじゃないんだから。

まあ、それはある意味正しいのかもしれないけど、そんなに日本食が恋しかったらやめて帰ればいいんだからね。そうよね~。
いくつになっても遠く離れてる子供のことは心配だよね。

友人一同のは、お楽しみと言うことで。
にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
[PR]
by papaya_mango | 2008-06-30 01:40 | オランダ旅行記

オランダでプーケットのダイビングを語る。

昨日は、前々から依頼の会ったSneekにある、ダイビングカンパニーへプーケットのダイビングについてなんて感じの講演会をやりに営業にいって来た。(わけではないけど)二回目のSneek。今日の予定は講演会のあとは、彼の友達のマラインが車で迎えに来て、そのままLeeuwardenのもう一人の友達と合流する予定。今日は帰りたくても遠すぎて一人では帰れない。
プレゼンは8時から。張り切ってAlwinのPAPAとMAMAも車で駆けつける。(親ばかというか、マザコンだなあと、日本人だったら思われそうだけど、ヨーロッパ人ってある意味、平気でみなマザコンのような気がする。)初めは誰も来ないんじゃあ・・・。と少し心配したけれども、気がついたら20人ほどのダイバーが集まった。
緊張しながら話すAlwin。
d0081889_2123219.jpg

前半はディトリップ、後半はリバボートでSIMILAN と、質問や休憩も入れてなんと約二時間!
d0081889_214894.jpg

初めは「やばい、5分で終わりそうだ。」と言ってたけれど、訪れた人たちもプーケットのダイビングにはかなり興味があるらしく、色々質問が飛んでた。
d0081889_2154196.jpg

オランダ語は分からないので、ただぼんやりスライドを見てたけど、ダイビングだけじゃなくてマッサージとかアフターダイブのことなどみな食いついて質問したりしていたとおもう。

その後はマラインが迎えに来て(お店でビールはもらい飲んだ)
そのままLeeuwardenへ。雨の中なかなかすごいドライビングでちょっとどきどきしたけれども、そのままアルカ(友達)のうちへ。
本当にどこのうちも家具がきれいにそろっていて一人暮らしなのに、部屋がいっぱいあって(男の一人暮らしなのにきれいに掃除もされてる)家賃は日本よりも安い。何よりも窓から見える景色がきれいだ。
PHUKETに帰ったらそれこそ本気で掃除してそろってない家具はそろえようとッころから思った。
アルカのうちでハイネッケン3本飲んでBARへ移動。
飲んだら人が変わるマラインの運転は「飲酒??飲酒???」と思うまもなく暴走し、パトカーすら追い越し(怖い)Leewurdenの中心地へ。夜だけど人がいっぱいいた。(Workumの町が静か過ぎるので、珍しく感じた。)しかし、本当にいやなのはみんな踊り狂ってもみくちゃの中を移動すると、必ず私は触られまくる。みな私の顔を見てから身体を触ってくる。
きっとアジア人だから何をしてもいいとでも思っているのか。
彼は飲んだくれてるから私の苦情も笑って聞いてくれない。

その後移動して(その前にFIBOで腹ごしらえ。)1ユーロコロッケが瞬く間に消えていく。
移動したBarで踊っていると、3人くらいに声をかけられた。
しかし私はオランダ語は分からない。流石にALWINも面白くなかったみたいだけど、問題はその三人は三人とももうすでに飲んだくれていて、私がトイレに行った間になぜか乱闘が始まった。トイレから帰ってきたらわけも分からず「出るよ。面白いから見に行こう」と言われ出ると、さっき声をかけてきた人たちが血まみれで、それこそ10人くらい巻き込んで喧嘩してた。すごいびっくりした。そのうち警察も飛んできていろんな人たちが巻き込まれ、私はただ呆然と見てたけど、そういや、ここはオランダで一番治安の悪いとこだった。と思い出し、しかし、アルカは「ここに3年住んであのBARも何度も行ってるけど、今日見たいなのは初めてだ」と。Alwinは「あーおもしろかった」だし。

その後、またマラインのむちゃくちゃな暴走運転でついに私の限界が飛び、(少しずつストレスがたまってたんだと思う。血まみれの興奮したオランダ人みたのもショックだったし)車の中でおいおい泣き出した私。泣けたらもう何が何だか分からない。

そしてアルカの家に戻り、しかしALWINはさらにビールを飲み、朝の5時半に眠りに着く。

当然家に帰ったのは3時くらい。
スーパーは5時で閉まるので、その後私があわてて自転車でお土産のお菓子類を買いに行ったことは間違いない。
(スーパーは月曜日でもいいじゃん。と言う彼に「ふざけるな。」と怒った私だった。この人と後のばしにしてうまく行ったことがもうひとつもないんだから。その前にここからアムステルダムまで車で1時間半もかかるのに飛行機の時間は2時45分なのに「12時にマラインに迎えに来て」と言ってるくらいだ。絶対に何が起きるかわかんないから事故とか11時には出ないといけないと思うのに。)

そして今からまた別お友達の家にのみに行き、帰ってくるのは朝でしょう。
帰ってきてからはずっと弟とWiiやってます。
お土産はみな私が買った。
おとこって、みんなこんなん???
にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
[PR]
by papaya_mango | 2008-06-29 02:42 | オランダ旅行記

通行料0.70ユーロ也。

今日はまた朝から風が強い。
ALWINは最悪の12時おきだ。
そして今あわてて今夜のプレゼン用の書類を作っている。

私はヒマヒマ~。

最初のころ目に入った全てのものが新鮮で感動した景色も大分見慣れた。

それでも、本当にオランダ人の彼ができるまで全く知らなかったオランダのこと。
こんなにも水に支配されている国とも思わなかった。

日中ひまなので、それこそ今更ながらのオランダに滞在されている日本人ブログ(圧倒的に女の人が多いような・・・。まあ、みなだんなさんは働いて、専業主婦とか駐在員の妻と言う人たちが作っているのがほとんどだった。)などをみては、改めてなるほど~。と感心したり。

オランダはそこらじゅうが川や運河なので、庭からすぐに水遊びができたり、町のほうへ行くにも橋を必ず渡っていかないといけない。
そしてすごいのがいったいどれだけの人間がボートを所有してるの??と言うくらい川にはボートがびっしリアって、また行き来している。
オランダの道路。信号は少ないような気がする。しかし、船用の信号はそこらじゅうにある。
赤が点滅して、遮断機が下りる。まるで電車が来るのを待つみたい。(と言うか、電車の遮断機、あまり見ないよ。そういえば。踏み切りも一旦停止しないしさ。)
ボートが1隻ならいいけど、たまに5,6隻貯めてから踏み切りおろしたりするので、そうなると5分以上待ちぼうけだ。高速道路だと、みな車のエンジン停めて待つ。

なんとものんびりとした風景。

街中の小さい川にもそこら中に橋が架かっていて、橋を通過するたびにボートの人たちは管理人に橋を上げてもらう通行料を払わなければいけない。

その金額は0.70€。ひとつの町を通過するのにもそれこそそこらじゅうに橋が架かっているので、そのつど通行料を払う。
いったい一回の航海にいくら使うんだろう。隣の町へ船で行くのだけでも7ユーロくらいかかるんじゃないのか?
というか、お金持ちじゃなきゃ、絶対船なんてもてないよ。

Workumの町も釣り橋が私の知っている限りで5箇所はある。
船がやってくると
d0081889_22501845.jpg

遮断機が下りて橋が上がる。
d0081889_22432210.jpg


でも、私がなんてほのぼのする光景なんだ~。と思ったのは通行料の支払い方。

オランダでは有名な木靴。
d0081889_22443389.jpg
実用と、お土産用、キーホルダーとか色々あるが、ここのおっちゃんは木靴を釣り糸につないで上からほかり、ふねに乗ってる人がその靴の中に通行料を入れていた。
d0081889_2245511.jpg


なんとも、心温まるほのぼのとした光景だなあ。と、田舎ならではののどかな通行方法を見たのでした。
にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
[PR]
by papaya_mango | 2008-06-27 22:46 | オランダ旅行記

Bolswardのフェスティバル

オランダ滞在ももう後4日。正確に言えば月曜日の12時にはここを出ないといけないからもう3日と半日。
やってないことは山のようにあるけれども、それは次のお楽しみにとっておきたい。
が!!実はおみやげがまだそろっていない。

初めのころは、迷ってると「まだ日にちあるから次回でいいよ」と言って、買わなくて、品数で迷ってたりすると「アムステルダムのほうが種類あるから、そこでそろえれば?」と言われ、やはりやめて、「手ごろなおみやげかいたいなら、またVolendamに連れて行ってあげるよ」と言って期待してたんだけど、連れて行ってくれなくてやはり、いつも後伸ばしして結局やらないパターンに陥った。PUBでバカのみとすごい高いタバコをやめればもう少しお金が残ってると思うよ。本当に。なので、本気でお金がないので、もうどこにも行かない。

もう何度もこのシュチュエーションでいい加減、私も分からんといかんのに、ついつい「そうだよね」と後伸ばしにしてしまったのだ。
今不安なのはPHUKETまでのフライトを取らずにここに来てしまったことだ。

多分私が探しまくるんだろうなあ。

で、結局約束は果たされず、すこしだけへそを曲げた私。
その代わり??と言っては何だが、新聞で隣町Bolswardでフェスティバルが25日から27日まであるとあったので、今日行ってきた。

遠めで簡易の遊園地を見た瞬間、ワットチャロンフェスティバル?? と思えるくらいの規模の遊園地が。でも流石にタイのと比べてはいけない。もう少しましだった。
あとは、ばーんとマーケットが広がってて、服とか日用雑貨、後はすごいチャリティーのテントが多かった。イメージはマルタのヴァレッタのマーケットのよう。

マーケットを漠然と歩いていたら、広場でなにやら卓球台のすごく長いものを設置している人たちがいた。

英語の名前は知らないけれど、Sjoelenという名前の競技でオランダでのみ有名なGAMEらしい。
d0081889_3351926.jpg

何か平たい円盤を約30M先の窓に入れると言う競技。その窓に得点が書いてあって、その窓に入った分だけの得点がもらえる。
もちろん、全然入らなかったりする。距離があるし、何よりもこの長い台、あちこちゆがんでるから、窓に入れるのは熟練された技と言うよりも偶然。だと思う。
d0081889_3382257.jpg

でもタダだし面白そうなので挑戦。
d0081889_3385536.jpg

Alwinはなんと200点の窓に2つ入り、(全部で4枚なげる)400点。
d0081889_3401135.jpg

ボーリングが何よりな下手な私でも200点入った。
イメージはあれみたい。ホンジャマカがコスプレして対戦者と戦う奴。名前度忘れ。月曜日に関口さんの出てるやつ。

あのゲームに似てる。あれは穴に入っちゃ駄目だけど。

その後はお昼ご飯にフリカンドルというシワシワソーセージを食べた。
d0081889_3432317.jpg

イメージはフランクフルト??このソーセージの真ん中を切って刻んだたまねぎとマヨネーズとケチャップ。こんなにシンプルなのに値段はひとつ1.4€。こんなんで!!本当になんて高いんだ。何もかも。

この後またマーケットに戻るんだけど、日用雑貨も服も私たちには必要がない。が、興味本位に覗いてると、ALWINはあっという間に先に進み人ごみに消えてしまう。ふらりと立ち寄ることもできない。

そのくせ、「何したい?」と聞いてくるからいい加減怒れて「私が覗いてもこんなにさっさと行っちゃうから何もできない。」と言って「どうせもうかえってWiiやりたいんでしょ?買い物キライだし。」と言ったら「何も言ってないじゃないか。」と、少し険悪になった。

世の中の男は多分こんな感じだと思うし、何よりも彼は帰郷、私は旅行。
この辺から考え方が違うんだよね。
仕方ないと思うけど、これでうちかえったら、即効Wiiをやりだした。

やっぱりやるじゃん!!

で、この後はMAMAから自転車借りて、また一人でWorkum散策。
きままにとーっても楽しかった。スーパーも(小さいけど)じっくりまたみて周れたし。やはり買い物は一人が楽だわ。

チーズ、アルクマールでかっておけばよかった。
にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
[PR]
by papaya_mango | 2008-06-27 03:54 | オランダ旅行記

オランダ人の好きなもの 弐

やはり、アムステルダムは夢で消えそうな今日はもう水曜日。
まあ、余分にお金を使わないからいいか。

そしてず~っとこれ↓
d0081889_1531366.jpg

昨日は私は一人でWarkumの町を散策した。
スーパーもおみやげ物やも(そんなにないけど)自由にゆっくりと見て(買ってない)周れてとても楽しかったわあ。しかし、途中でどうしてもトイレに行きたくなり、私の一人散策はJUST2時間で終わったが。

私は知らないが、町の人はもうみんな私を知ってる(唯一の日本人)すれ違う人すれ違う人に「Hoi」と声をかけられる。田舎だっちゅうのもあるけど、本当にみなフレンドリーだ。

あと、私がすごい好きなのは、オランダ人の受け答え方。すごくはっきりと「ヤ!」と言うのだ。笑顔で。日本人は「はい」とか「ええ」と二文字。英語だと「ィヤップ!」って感じでしょ?ちなみにフレンチは「ウイ」タイ語は「ダー」
本とに歯切れよく「ヤ!」って答えてる。何でかわかんないけど、何だか好きだなあ。

先日思うままに書いたオランダ人の好きなものでちょっと触れたけど、どうしても大きく取り上げたかった食べ物。

どうしてこれがオランダ人の大好物になったのかがよくわからない。
その名もドロップなんでも、オランダにしかないそうだ。
スーパーに行っても、これだけのコーナーが設けられている。
d0081889_223951.jpg

それこそ、いろんなメーカーのいろんな形のドロップが販売されている。
色は、黒!!ちょっとキャラメルみたいな茶色もあるが基本は黒。
d0081889_25224.jpg
日本人が「ドロップ」を想像するとさ、あの果物の絵が描いてある『サクマドロップ」だっけ?硬いあめを想像するでしょ?オランダ人の大好きなドロップは似て否成り!!
食感はグミとかジェリービーンズのよう。そしてその問題の味は・・・・
私がはじめてこのドロップを食べたのは、PHUKETでオランダ人のお客さんが彼に「オランダみやげ」と貰ってきた時。彼は嬉しそうに「おいしい!!」と食べていたので、私もほしくて貰った。見た目車の形をしたグミだったので「黒・・・?」とは思ったけど、何の心の準備もなく口に入れた。

次の瞬間、

マジびっくりした!!食い物に汚い私でも瞬間出しそうになったので(食ったけど)普通の飽食の日本人は間違いなく吐き出すだろう。
大体黒いスイーツと言うのがやばいだろう。(あ、あんこがあったか・・・。)

タイも「カメゼリー」と呼ばれる黒いゼリー(漢方薬の味)を好んで食べているが、本当に処変われば味覚も変わるとはこのことだ。

味はなんといえばいいの??今日本ではやってる(のか?)塩キャラメルを食べたことがないのでわからんけど、塩味のかなりきいた漢方薬。??

正露丸が多少甘くなったと言うのか、しってる人がいるのか知らないけど百草丸がもう少し苦くなくなったものと、例えればいいのか、いずれにしても良薬は口に苦いがお菓子としては選ばないだろう。

しかし、これをオランダ人は好んで食べる。スーパーでぼんやり見てても、みんなこのコーナーで立ち止まり、好きなドロップを買い物籠に入れておく。

しかし、変なものが好きな私はこのドロップが、リビングのテーブルにおいてあると「まずい」と言いながらも他に口に入れるものがないので(要は口が寂しいのだ)結構食べてしまう。
きっと受け狙いにおみやげとして買っていくかもなので、貰った人は絶対に吐き出さず味わって食べてください。

どうでもいいが今日も沢山食べた。
本気で苦しい。
朝:ハムチーズサンド&コーヒー2杯(ミルク)カーメルミルク1杯(まずいヨーグルトドリンクのような味)
間食:ドロップ3,4個。ポテトチップス少々(昨日スーパーに一人で行ったときにこらえられず購入。しかし昨日のうちにAlwinにほとんど食われる)コーヒー3,4杯(ミルク)
昼食:なんかべたべたした黒いカステラみたいなのにたっぷりとバターが塗られ、その上に羊のチーズが乗ったもの一枚。と、ベーコン、目玉焼きサンド。(←これはMAMAが作ってくれたんだけど、ベーコンサンドがくるとは思ってなかったので、はじめのチーズのをがんばって食べてたのでかなりの不意打ち。
Wiiをやったり、散歩したりしながら今度はジェリーービーンズを3,5個。
紅茶。
夕食:肉のたっぷりと入ったラザニアにチキン。(ラザニアに肉使うのにさらに肉が来るか!!と言う感じ)デザートは茶碗いっぱいのフラ。(ストロベリー&バニラ)
そして今午後7時半食後のコーヒー飲んでこれやってる。
まだまだ日差しはまぶしいので、この後散歩に行って買っておいたWINEを飲むことは間違いない。腹は限界を超えて悲鳴を上げているのににどうして口は開くのか。

そして彼はこのあと11時くらいに夜食に残ったラザニアを食べ1時半にベットに来るでしょう。
そして全然太らない・・・。ほんとうに腹が立つ!!と言えばうちの姉とPHUKETのAYAKOさんにも腹が立つ。きっと自分の身体よりもでかい○んコがでるに違いない・・・。にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ

追記*この後ドイツXトルコを見ながらクラッカーのクリームチーズのせ2枚。(5X10cm)ナチョスチーズ味(これも今日買ってしまった)赤ワイングラス3杯。そして夜11時。ようやく暗くなりました。
まけた!!トルコ!!!ちくしょー。ドイツ決勝だよ~!!
[PR]
by papaya_mango | 2008-06-26 02:26 | オランダ旅行記

オランダに来てびっくりしたこと。

今日は月曜日。日本と時差が7時間だから今日本はもう夜かな。
相変わらず朝寝坊のAlwinなので、今日ものんびりと他所から飛んでくるワイヤレスをキャッチして、Blog更新中。

誰がよんでくれるわけでもないのに、こうしてブログをせこせこ更新するってことは、やはりどこかにめだちたい精神があるからだろうか。と言うか、自分の日記をこうしてwebに載せるということは,(挙句にブログ村のランキングにも参加したりして)自分って、自画自賛のナルシーだなあ。と思う。
にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
と言うわけで、もしこのブログに迷い込んで、もしよければポチリと押しておいてください。

まあ、それはおいておいて、いよいよオランダ滞在も後1週間となった。来週の月曜日には再びいやな飛行機に12時間も乗ってBKKだ。

1ヶ月弱オランダに滞在して、やはりこちらに来る前ときたあとでは、オランダに対する知識がかなり変わった。後、一般的なオランダ人の感覚の違いとかも。

思うことから乗せてしまうと、

1.トイレの座高が高い!初めて彼の友人の家に行って、トイレに入ったときびっくりした。あと、Pubのトイレとか。(ちなみに彼の家のトイレはなんとも思わなかった。)トイレ自体は普通の洋式のトイレなので、ただ見ただけではなんとも思わないから、心の準備無しに座った瞬間(あわわわ!)と感じるはず。自分が考えてるよりも早くおしりに便座があたるからおっとと。とバランスを崩す。(私で←いや足短いけどさ。足がぎりぎりなので平均日本人の女の子だったら使用中は足がぶらぶらしてしまうはずだ。後はシャワーの取っ手もすごい高い位置にある。←これは彼のうちしか知らないけど。さすが平均身長が世界一高い国だ。

2.食事が簡単(すぎる!)

これは、来る前に読んだ「指差しオランダ語」で、分かっていたけど、けっこうびっくりした。
朝食と昼食はほとんど同じもの。(飽きずに毎日同じ)自分で全て作っていく。(食パンにチーズ乗せたりジャムやピーナツバター塗ったもの)
夕食のみ暖かい食べ物。それも見た目に美しくと言うよりも、ただ、お腹を膨らませるためと言った料理。なので炭水化物てんこ盛りの1プレート食だ。そしてこのうちだけかもしれないけど、食事中に水分補給をしない。ただ、ひたすら食べる。その後にコーヒー。日本の食生活と比べるとずいぶん楽に感じる。そしてやはりヨーロッパだからから、辛い物はほとんど出ない。本当に食事を楽しむと言うよりもただ、空腹を満たすだけと言ったカンジ。

3.犬のしつけがいいどこに行っても犬がいる。(猫もだけど、でも猫は住宅街のみ)かなりしつけがよくてカフェやスーパーとか平気で犬同伴だ。

4.オランダ人の血はコーヒーでできていると、誰かがいっていたのだけど、まさにその通りだ。一回に必ず二杯は飲むし、外に出ても必ずコーヒーだけでも飲みにCafeにはいる。Cafeのコーヒーは平均1.8€前後。しかし、どのお店もハズレ無しにおいしい。イタリアンコーヒーに近い感じ。(要はコーヒーに泡が立ってる。私がかなり好きなタイプのコーヒー)で、必ずおつまみもついてくる。
d0081889_208868.jpg

私も、もともと紅茶よりはコーヒーだったので、それは全然いいんだけど、余りにコーヒーばかり1日中飲んでいるので胃が痛いような気がする・・・。

5.寒くないのか??いくらサマーシーズンだからと言ってPHUKETのような天気では、決してない。でも、どんなに風が強く、冷たい風が吹いていても、少しでも太陽が出ていれば、みなこぞってノースリーブとか裸で出歩いている。(主にお庭で日光浴。挙句の果てには川で泳いでいる子供たちも)見ているこちらが寒くなる。

6.次は誰?
これも、誰かのHPで見たのだけれども、オランダ人は並ばない。と言うか並べない。並ぶことが嫌いなのか。だから、スーパーとかでも平気で順番を抜かして会計をする人があとを立たない。これは日本人だけでなく、当のオランダ人も腹が立つんだから、並べばいいのに・・・。と思う。こんなにイギリスと近いのに、キューイングができないんだなあ。と、違う意味で感心した。
これもついでに言うと、スーパーのレジで、私の前の人がレジスターと知り間かなんだか分からないけど、おしゃべりが始まる。そうするともう止まらない。ひととおりおしゃべりが終わるまで、私から後の人はじっと待つ。かなり効率が悪い。そしてまた次の人が知り合いだったらまたおしゃべりが始まる。口じゃなく手を動かせ。と、心から思う。

7.平均速度100高速道路が無料なので、ガソリン代だけでどこでもいけることも嬉しいけど、何よりも一般道でさえも平均速度100にはびっくりした。
後は、ちゃんとじ自転車専用道路が整備されていて、自転車で行こうと思えば本当にそこらじゅういける。ただ、無料の駐車場は少ない。必ず路駐にチケットマシンが設備されていて1時間とかチケットを購入して車のダッシュボートに乗せておく。

8.トイレにはカレンダー
こう書けば日本でも普通じゃん。と思うのだけれども、そのカレンダーは、どこのうちのも
曜日が入っていない。それどころか、どうみても今年買ったようなカレンダーにも見えない。オランダ人の合理性のよさと言うのか、曜日が入ってなければ毎年使える。まさに目からうろこ。
そしてそのカレンダーの日にちの欄には予定は書き込めれていなく、色々な人の(家族や親戚、友人など)誕生日が記入されている。
オランダ人はいくつになっても誕生日をお祝いするのが好きみたい。

そんなところだろうか。後は、あそろしく最悪なお菓子ドロップを、こなよく愛していたりとか、
d0081889_2032876.jpg
田舎の性か、他のヨーロピアンと比べれば、かなりみな愛想がいいとか(見習え!MALTAのウエイトレス!!)フレンドリーだと思ったり、やはりビールの種類は果てしないとか、私は経験できないけど、クリスマスのサンタクロース発祥の地はここだとかいろいろ思ったりもしたけれど、まとめて言えば、冬を知らないからなんともいえないけど、暮らすことになったとしたら、私はここで住める。と思った。(もちろん日本が一番だけどね。)
でもあと1週間。
[PR]
by papaya_mango | 2008-06-23 20:36 | オランダ旅行記

Hindeloopen 三度。

あ~あ、終わっちゃった。
ユーロカップ。いや、まだ続いているけれども、少なくとも私たちは、終わった。
いやな予感は的中だよ。おととい、無敗だったクロアチアがまさかの失点。それに続いた無敗オランダも、ロシアにやられた。

でも素人の私が見てても昨日のロシアは動きがよかったよ。ロシアの監督はオランダ人。なので、できれば今回はロシアが優勝してほしいかな。

それよりも彼ら(もちろんAlwin含めて)の落胆ようったら見てるこちらが辛くなるくらいだった。
私は少しもらい泣きしてしまったよ。
でも、スポーツでこんなに盛り上がれることもある意味楽しいね。

次はオリンピックだ。

ところで北京オリンピックフットボールの一回戦なんだけど、
日本 対 オランダって知ってた?
私はもちろん日本だよ。ははは。

夕べはヤケ酒でやはり3時ごろ帰宅の彼は11時にMAMAにたたき起こされた。
今は立ち直ってWiiやって、今はまた今週金曜日のプレゼン用の書類を作りに行った。

なので今日からLAST WEEKはもうお金もつきたし(ある意味FOOTBALLが終わったから金銭的にはちょうどよかったかもしれない。なにしろ一回のみに行くと40から50€使っていたから。)ゆっくりと過ごすかなあ。

ところで昨日はまたHindeloopenに行ってきた。これで3回目だ。
昨日は彼の友達がローリング?の大会に参加していたのでそれを見に行った。
d0081889_20541243.jpg

Hindeloopenのマリーナから1隻ずつスタートして時間を争う競技。
見ているこちらが腕が痛くなるよ。
昨日は大体50数チームが参加して、友達のチームは51番目だった。
d0081889_20564355.jpg

ちなみに友達のMerijn(これでマラインとかミレインって聞こえる)は後ろから二人目です。
彼は何でもスポーツオタクで冬もTシャツで過ごしたり、自転車でアメリカからカナダに行ったりヨーロッパも自転車で旅行したりと、Alwinに言わせると「スポーツバカ」らしい。

彼らが出て行った後は、二時間くらい時間があるので、また再びこの小さな町を探索することにした。今回はHindeloopenが、手描き家具で有名だと言うことを知ったので、何か買いたいと思いまたおみやげ物やへ。
d0081889_2120230.jpg

ここは前回行ったスケートミュージアムのお土産物や。入り口にHindeloopenペイントの巨大な靴が飾ってある。
そして店の中へ。

でもいざ買おうとすると、どう見ても500円くらい?というものも10€以上する。
かといって小さいもの一つ買ったところで、家のリビングに飾ったって小さすぎて他のものに埋まってしまうし。すごい悩んでやめようかなあと思ったけど、ここで30分以上悩んでるのにやめたら彼に「はああ???」と言われるのは間違いないから(もうすでにいらいらしてた。他のおみやげ物屋も見たいけどここ一軒で決めてくれと言うから・・・)悩んで小さな花瓶(人差し指サイズ)と小さな木靴を買った。一つじゃなくて二つなら、まだ見栄えもいいかなあと思って。

店を出た後私は彼にこう言った。
「もしね、私たちが別れて、あなたがまた新しい彼女を作ったとき、100%かけてもいい。その彼女は私以上に買い物が好きだし、待たせるし、お金を使わせるよ!!私はほしいものは自分で買うもの。」と言ってみた。
だって私、本当にお金は使わないもん。ほしいけど我慢できるもん。でも見るのは好きなんだけど。でも彼の返事は「そうは思わない。」だって。むかつく~。と言うかさらに「僕たちは別れるのか??」と聞いてきた。分からんじゃん、明日のことは。

そろそろ始めのころに出発したグループが帰ってきた。
その前に小腹が空いたので、何かないかなあと思ったら「これはおいしいよ!」
と彼のすすめる魚のフライを食べた。
d0081889_21141957.jpg
キビリングというのかな。ようはFISH&CHIPSだ。
揚げたてはホクホクでおいしかった。
d0081889_21151131.jpg


でも本と、」このHindeloopenは小さいけれど、おとぎ話に出てくるような家ばかりで、私はとても大好きなんだけど、彼曰く、彼の住むWalkumよりも小さいので小さいゴシップも全て全員に筒抜けだ。こんなとこには住みたくない。そうだ。たしかに、そうか。
たとえば酔っ払って朝帰りしたら、その日の昼には全町民にうわさが行きかう。日本のうちの町と同じだ。
d0081889_21182438.jpg


うまうまと魚を食べてたら気がつけばもう3時近く、あわててマリーナに戻ったら友達のチームはとっくにゴールしてた。ごめん・・・。

そして7時にPubで会う約束をして別れたんだった。
ちなみにオランダが負けたときのMerijnの顔が、一番辛そうだったよ。
本と、残念だったなあ。

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
[PR]
by papaya_mango | 2008-06-22 21:28 | オランダ旅行記

Alkmaarのチーズ市

今日はアムステルダムに1泊2日の予定だったんだけど、土曜日が、クォーターファイナル(VS ロシア)で、早く帰らなくちゃ(彼が)行けないので結局流れた。

多分このまま行かないような気がする。オランダ旅行でアムステルダムに行かないのもなかなかいないと思うが、その代わり(?)旅行じゃ絶対よらないところですごしてます。うーん・・・。

なのでそのかわり?にアルクマールのチーズ市見学に行ってきた。
春から秋に毎週金曜日にあると言う昔ながらのチーズ市。
オランダのガイドブックには必ず紹介されているところだ。
うちから車で1時間半くらい。7時半にでて少し迷って9時に中央の広場に着いた。

10時から始まるので、まだ準備してたけど、おおおってカンジ。
d0081889_1545421.jpg

これに乗せて運ぶ。
d0081889_1572693.jpg

そしてなんでも今日はチーズマスターの生誕400年記念だそうで、南オランダ地方の人たちが、昔ながらの格好をして誕生日をお祝いしてた。
d0081889_20952.jpg

d0081889_221778.jpg

そうしている間にもチーズの品評が始まる。
持ったり、たたいたりした後にひとつを取り出し、穴をあけて味を確かめる。
d0081889_234891.jpg

それで、値段を決めるんだけど、面白いのが商談中はお互いの手をたたきながら値段の交渉をするんだって。そして決まるとたたきあってた手を握手に変えて、商談成立。
d0081889_253373.jpg

そんな光景を待ってる間にも、チーズレディーが、私たち観光客にも試食を配ってくれる。
これがおいしいのだ。ほんとに。
d0081889_265612.jpg

そして買い取り先が決まったチーズは次々と作業員の人たちの手によって計量所に運ばれ、重さを計った後に台車に運ばれる。
重いうえに、よほどバランスがよくないと運べないそうで、
d0081889_285149.jpg

これのトレーニングは最低2年かかると彼が言ってた。
d0081889_294478.jpg

チーズレディーがポーズを取ってたので。

折角来たのでチーズ買いたかったけど、やはりここはツーリストPlaceのPrice。手のひらサイズのちょうどいいものも1つ6€。3つで15€。
私的にはそれでもお土産にちょうどいい大きさだし、仕方ないかなあと思ったけど、Alwinは、「ここで買うなんてもったいない!スーパーのほうが安いから」
と言い、結局何も買わなかった。

あ、そういえばわさび味のチーズなんてのもあった。

ちなみにエダムのチーズ市は毎週水曜日だって。

でも楽しかった。一度は行くといいね。期間限定だし。

最後は止めた駐車場の壁の落書き。可愛かったので撮った。
d0081889_2161135.jpg


その後は本当はまたVolendamと、エダムに行きたかったけど、Hoornというところでお昼ご飯食べて3時にはおうちに帰りました。
おいしいチーズは必ず買って帰るぞ!!
にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
[PR]
by papaya_mango | 2008-06-21 02:18 | オランダ旅行記

辛いものが・・・。

今日食べたものの記録。

朝、パンにハムとチーズを乗せたものと、コーヒー2杯。(ミルクのみ)
少したりなかったのでマーガリンにハチミツ乗せて食べる。

Alwinが起きて来たのでさらにコーヒー1杯。(ミルク)

お腹が空いたのでハムチーズでも食べようかなあと思ったらMAMAが砂糖がたっぷり乗ったフレンチトーストを作ってくれたので食べる。さらにもう一枚作ってくれて、食べる。
コーヒー2杯(ミルク)

3時ごろ口が寂しくなり、探すが甘いキャンディーのみ。1個食べる。

4時ごろコーヒー2杯(ミルク)

夕食はダッチフードの八シェ。(ハッシュドビーフのビーフが使われてない味ハヤシライスのようだ)それとなぜかデザートはご飯にアマイッコナツミルクのかかったもの。タイのデザートのようだが米で腹が膨れてしまう。

そして夕食後のデザートはMAMAの手作りのりんごパイ。重い・・・。しかし食べた。
コーヒー2杯。(ブラック)
この時点でただいま夜の8時。口の中が甘い・・・。まだまだ外は日差しがまぶしいぜ。

辛いものって今日一日で朝のパンと夕食のみだ。ジーンズが本気できつい。
いやなら断ればいいものを全部食う私が悪い。
しかし、食事は別としておやつはたまにはせんべいとか(あ、ないわ)辛いものが食べたい。

多分もうすぐFOOTBALLが始まるからこれにBEERがプラスされるでしょう。
以上。
[PR]
by papaya_mango | 2008-06-20 03:06 | オランダ旅行記

オランダ人の好きなもの 壱

今日は一日天気が悪い。すごい強風と雨だ。
そうかと思うと突然日がさしたりする。

昨日の1日ドライブで疲れたALWINは「今日は絶対起こさないで」と私に約束をさせ、惰眠をむさぼる。そういう私も今日は9時半おきだ。
しかし11時ごろに私ではなくMAMAに「いつまで寝てるの!!」と、たたき起こされていた。
私のせいではない。

そして今彼はダイビングのレポートを作成しに3階のコンピュータールームでPCに向かっている。なんでもPAPAの知り合いのDIVING SHOPが、「ぜひPHUKETでもダイビングのことを聞きたい」というわけで、来週その店に行ってなんか講演みたいなことをするらしい。

で、私はというと、約200€換金したお金は(そのうち120€はVISA)もうないので、銀行に行って引き出しした。+100€。あと100で来週いっぱい乗り切れるのか?日本円で約18000円だ。(無理そう)

ところで、オランダに来て、「これは、本当においしい。」と私の琴線に触れたものはソフトクリームかなあ。(さすがヨーロッパ一の田舎!!乳製品は絶品だ。どこの店で食べてもソフトクリームは濃厚な上おいしい)何度も言うが、全ての物価が高いから食事はほとんど家でMAMAの家庭料理で済んでいるので余りいろんなものを食べてないけど。

後はこれこれ。本当にオランダ人はみんな好きというフラ
d0081889_023390.jpg
これはバニラとイチゴのフレーバー。
d0081889_025785.jpg

なんていうのか、すごい柔らかいカスタードクリームとでも言うのかなあ。必ずここの家は夕食後のデザートで出る。

あと、これが朝食??になるチョコレートふりかけ
d0081889_032161.jpg

これをたっぷりとマーガリンを塗ったパンに
d0081889_035845.jpg

ふりかける。
d0081889_042613.jpg

で、食べる。
d0081889_012489.jpg

私的にはケーキかアイスのトッピングになら使いたいけど、朝からこれはきついなあ。でもチョコだからおいしいし、日本でも子供が喜んで食べそうだ。

そして、Alwinが大好物のハーレーンこれはハーレーンの売ってたお店の看板。
d0081889_01236100.jpg

要は塩漬けの生魚?(ハーレーンって何の魚だろう。にしんかなあ。)
d0081889_014294.jpg
これをしっぽ持ってこうやってぱくりと。
d0081889_0143625.jpg

d0081889_0145991.jpg

日本人は刺身を食べるから、これはおいしいでしょう?といわれたけど、ちょっとでも生臭いのが駄目という人は駄目かも。すごい塩味が聞いていて、刻んだたまねぎと食べるからこの後いつまででも口の中に匂いが残る。
でもおいしかったよ。ビールと一緒に飲みたい感じ。

明日はいよいよアムステルダムに行くので、今日も早めに寝なくては。
[PR]
by papaya_mango | 2008-06-20 00:19 | オランダ旅行記

何が起きてもマイペンライな島プーケットから今日も海に陸に忙しく発信中 。


by papaya_mango
プロフィールを見る
画像一覧