カテゴリ:VISA/WorkPermit( 17 )

レンタカーでペナンへGoGo! 完結編

景気よく旅行記を毎日あげようとしたら、いきなり毎日仕事が入った。いや、いい事なんだけどね。

3日目!
チェックアウトは12時なので、朝8時過ぎても全員うだうだ。
レックさんのみ「ちょっくら散歩に行ってくる」と消えて行った。そのうちキリンさんも起きて、「SubWay行く」と言うので、私も起きたら、レックさんがちょうど帰って来たので、うちら2人はいつもの雲吞麺の店へ。オリエンタルホテルから見て道路を挟んで右と左に同じような店があるが、私は左側の店のが好きかもしれない。
d0081889_17471132.jpg

これは右側の店の福建麺。レンゲの上のチリが多すぎた。

そのあと、もう一度ネコバスに乗り、コムターのパン屋へ。
d0081889_17472088.jpg

パンがほんとにおいしそうだ。ケーキも。隣同士の国なのに、国境まで150kも離れてないのに、何故、タイはパンがどまずいんだろう。甘ーいパンか、甘ーいマヨネーズのパンか、油でぎとぎとの乾燥したマグロ(多分豚)がまぶしてあるようなのしか無いよね〜。

再び部屋に戻ると、(その前にSubwayでは男2人がコーヒー飲みながらネットやってた。)もう一度最後のシャワーを浴び、受け取りの11時半まで待つ。男どもも帰って来て荷造り。(特に何も無いが)
でもさー、思うに、私たちの為にわざわざ11時半くらいに領事館行かないよねー。多分今朝9時半くらいに今日の分申請に行ったついでにパスポートもらって来てるような気がするよ。と言う事で、時間は未だ11時だけど、レックさんが「私行ってくるわ」というので、私も一緒に行く事に。男どもにチェックアウトしておいてねー。とJIMの店へ。

その前に駐車場に止めておいた車だが、すごく他の車の出入りが多くて、うちらの車の横に大型トラックも停められてたんで、当てられたらヤダワー。と思い、車を出入り口付近に移動する事にした。で、車を移動して、駐車場の広いところに停め直したら、明らかに変な男が(耳の裏に花をさしてた。)「パーキング、パーキング、Money Money」と言うから、「we are staying this hotel,we have a parking certificat here」と、車のダッシュボードに置いてある、ホテルからもらった駐車証明書を見せても「No No Not free here,pay money」としつこかったが、「we paid already!」と言って出て行った。
そう言えば、最初の夜もこの駐車場に止めた時にそこの入り口にいた男が「金払え金払え」とうるさかったので、ホテルに行って「駐車証明書ください」と言って出してもらった。その時はこのホテルの駐車場の管理者だと思ってたんだけど、管理者の割に確か、歯を磨いてぼんやりたってたよなあ、あの人。
今回の花さした男は3日前の男とは違うが、思うにこうして駐車料金をたかりにくる男は、正規のスタッフではなくて、単なる便乗詐欺なんだろうなあ。ホテルも、まあ黙認してるみたいな。

そしてJIMの店に行ったら、やはりパスポートは出来ていた。なので11時半にはここ、ペナンをでることが出来た。マレーシア内は昼中なので、国際免許を持っている私が運転。
高速道路がちゃんと整備されているので、マレーシアは走りやすい。

そして、ボーダーが近づいたところで、ガソリン給油。メーターは約半分で60RM。

で、いよいよボーダーだ。入る前にマレーシアの警察の検問を通るが、一台一台車を見て旗で「行け」とやって通過。私たちの番になりゆっくりと通り過ぎたら、旗の動きが、前の数台とは違ったんだけど、「あれ?今止まれって行った??」と言いながらそのまま来ちゃったよ。なんか問題あるなら追いかけてくるが、来なかったんでそのままイミグレへ。相変わらず4人分のパスポート出してそのままスルー。今度はタイ側だ。

タイ側は車のままスルー出来ないので、裏手にある大駐車場に車を停めて4人並ぶ。
d0081889_17471523.jpg

そしてここから初キリンさんの運転。(本人嬉しそう)

途中はハジャイとトランの間の山越えが、水が豪雨で冠水してたり、登りの大型トラックが事故してて、渋滞にはまったりしたが、順調にトランも過ぎる。300kくらい走ったところで最後はJさんに変わる。しかし、このGoogle Mapだけど、素直にR4だけをさすのかと思ったら、途中いろいろと変な道を走らされたよ。もの凄い細い道で村おこしで結婚式やってるとこを通過したり、土嚢の上を越えたり。で、最終的には再びR4に戻るんだけど。多分、その方が早いのか??今となってはもう分からない、が、バスで通らない道だったのは確か。
そしてクラビからパンガーまでは再びR415を走るが、その時間で既に夜の8時近く。

レンタカー会社にはガソリンを満タンにして返さないと行けないけど、プーケットに着く頃にはもうガソリンスタンドやってないんじゃないか?と言う事でパンガーでガソリンを満タンにする事に。(行きもクラビを過ぎる辺りまでガソリンメーター減らなかったんで、行けるんじゃない?と。)

マレーシアはガソリン91がなくて、95と97があった。うちらは97(ガオジェット)を入れたんだけど、91(ガオヌン)とケンカしないかと心配だったが、大丈夫だった。パンガーでガソリンメーターはまた半分、しかし、半分入れて値段は900B!!300Bもマレーシアよりも高かった。

そしてそのまま車は走り、プーケットの我が家に付いたのは9時半。
d0081889_1747966.jpg

走行距離約1350km。ガソリン表示は満タンだが、次に使った人、ひょっとしてちょっと走っただけでガソリン減ってたらそりゃ申し訳ないwww

いろいろあったし、そりゃあ疲れたが、すごく楽しかったよ。
結果かかったお金は、大型バスで行くよりもかかったけど、ストレスはなかった。好きなところでトイレ休憩出来るし。

交通費
レンタカー3600B(保険込み)
マレーシア保険 1500B
ガソリントータル 2500B
高速代 約140Bx2
ペナン大橋代170B(帰りはただ)
÷4=約1人2000Bでした。

来年のビザランはどうなるのだろうか。出来れば話の出来る日本人で、運転も出来る日本人で5人くらい集まって行きたいなあ。
しかし、今回はレンタカーで国境を何の問題もなく越える事が出来たが、来年もそうだという保証は無い。しかし、本当にいい経験だったわ。もし、今年中に私と同じような事をするお友達がいたら、是非参考にしてみてくださいな。

私は今日からOWが始まった〜。シンガポールからだと聞いてたんで、えらい時間かかるワー。多分とい思ったら、在住のUKの親子でした。とても気が楽〜。
にほんブログ村 マリンスポーツブログ ダイビングへ
にほんブログ村
にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ
にほんブログ村
[PR]
by papaya_mango | 2013-05-15 18:37 | VISA/WorkPermit

レンタカーでペナンへGoGo! 2

d0081889_1314295.jpg

お部屋からの眺め。朝。奥にペナン大橋が見える。

快適な広い部屋で快適に寝ていた私たちは、しかし朝4時頃の大音響のお祈りの音で強制起床させられる。しかも、部屋はセントラル クーラーなんで温度調節が出来ず、信じられないくらい寒い。まるでタイ人運転のミニバスの中のようだ。

8時くらいまでうだうだして、朝食は向かいの雲呑麺のお店。ペナンに来ると必ずここで朝食だ。
しかし、イギリス人Jさんは「朝から麺はあり得ない」と、ホテルの裏のSUB WAYへ。せっかくの旅なのに、こういうとこに入るのはがっかりだ。ちなみにオランダ人は、おなかに入れば何でもいいので一緒に雲呑麺。

後、ホテルで冷え過ぎの他に残念だった事は、部屋が10階だったせいなのか、Wifiが非常に入りにくかった。なのでSub Wayではネットがさくさくつながったので、その後、外人2人は気がつくとSubWayでネットやってた。ちなみにパスワードはilovesubway29。

その後、Visaの申請に行くんだけど、せっかく車もってるんだから代行屋をたてずに、自分たちで申請すればいいと思ったんだが、「たかだか手数料払うくらいで自分で行く煩わしさがないのなら代行屋で構わない」と言うJさん(あなたはお金持ってるからね〜)についで、この4人の中で一番お金を持ってないキリンさんまでも「そうだそうだ楽な方がいい」←君が言うか!と言いだし、結局代行屋をたてる事に。
いつもペナンに行くとお世話になってるJIM'S HOUSEのJimさんは、ただいまパーティーに呼ばれてKoh Pha nganへ旅行に行ってしまってた。しかし、代理の中国人の男性がいろいろ手配をしてくれるという事でJim's Houseへ。

そこで新たな事実。

今まではVisaを午前中に申請すると、翌日の午後2時に受け取りだったんだけど、タイに帰るミニバスの出発時間(4時)に併せて受け取りも4時になったという。

でも3つの選択肢があって、
もし、申請日と同じ日の夕方4時に受け取りたかったら、申請料550RMの他に手数料220RMで受け取れる。
翌日のお昼なら手数料110RM。
通常通りなら手数料20RM。

帰ろうと思えば今日帰れるんだけど、もう既にホテルは2日分支払ってしまってたし、そこまで急いで帰る必要も無い。それに手数料7000円近く払うのなんかばからしい。

翌日のお昼。3000円近くかかるが、車の運転の事を考えれば(110RM痛いけど)この時間に受け取れるのが一番いいような気がしたら、皆も同じ意見だった。明日の4時に受け取り、真夜中に運転慣れてない状態でタイの国道を走る事を考えたら、安全だとおもった。

で、合計6600B(くらい)出して、翌日お昼に受け取れるのを頼んだ。いやあ、この段階で既に何か負けているような気がするんだが、やはり自分も運転するから真夜中よりは宵のうちに家につく方が安心だ。

さて、今から何をしようかという事になり、せっかく車があるんだからイオンへ行こうとレックさん。何でもここのイオンはすごくでかくて、ビアードパパのシュークリームが売ってるらしい。シュークリーム!!食べたい!!行こう行こう!と女2人で盛り上がり、男2人にうちらはショッピング!!と言ったら、男2人も付いてくるという。買い物嫌いなキリンさんが付いてくる...。うちらの中では下手すりゃ、ここに一日中いてもいいくらいの勢いなのに、この人達が付いて来たら絶対にノンびりできない!「うちら時間かかるかもよ?それでもいいの?」と聞くが、多分男2人も何もやる事がなくて暇なんだろう「いくいく」と言うので結局全員でイオンへ。
d0081889_13134282.jpg

ペナンのイオンはでかかった!それも立地場所がすごく見晴らしがいいというか、アジアの臭いが全くしないオサレな場所にあった。

イオンのなかのMayBankのATMでリンギットをGetして(私は浮かれて300RMもおろしてしまった)いざ、買い物!!時間は10時半だったんで、ここで男どもと別行動を取る。一応12時に下のCafeで落ち合おうという事になり、私たちはダイソーへ。
ここのダイソー、日本と全く一緒だよ!!超わくわく。しかし実はレックさん13日には日本帰国だ。そこまで萌えるものが無いらしい。そりゃそうだねー。

そしてメインのビアードパパへ...。あれ??ない。どこを探しても無い。インフォメーションで検索してもそんな名前の店が無い。

どうやら潰れてしまったらしい...。がーーーん。本日の目的、もろくも終了...。

んじゃ、次はオープンしたばっかのユニクロだ!とユニクロへ。日本と全く一緒...の前に私の今日の格好がリラコにブラトップタンク...。入った瞬間店員に笑われる。当然私が今はいてるリラコも売っていた。私が買った時は日本で980円。土日限定で780円で買えるのに39RM(1200円)か...。やはり買えない...。

んじゃあ、せめてオサレなサンダルでも買うベー。と思い靴屋を覗くが靴のお値段が引き出した300RMよりもお高いものばかりだ。うーーーん。これは、ここは私向きではない。で、時間はちょっと早かったけど、試しに下のCafeを覗いたら、男2人は既にそこでネットやってた...。ほらね。結局ここに来たところでやることないんだよ、あなた達は。「せっかくならここでお昼ご飯食べて行かない?」と聞いてもJさんは「俺、まだおなかすいてない」で、ハイ終了。あんたは朝からがっつりSubWayだったからね。

結局再びホテルへ帰る事に。やはりうちらはコムタだわ。と、ホテルに帰り、今度はネコバスでコムタへ向かう。(ここでも男2人付いてくる。いらないっちゅうの!)コムタに入り、しばらくしたらお昼ご飯食べたい。と言う事になったんだけど、大体ショッピングモールの中のレストランは高いもんだし、どこに何があるのか分からない。探したら、値段もまあまあリーズナブルなお店があって、うちらが注文しようとしたら、男2人が「ここはやめよう」と言いだす。「なんで?」と聞いたら「この店はフカヒレ(SharkFIN)スープが置いてあるから」だそうです。ああ....そう。
で、何とか見つけたOasisというカフェで、外の屋台で食べるよりも倍の値段のするランチを食べて、ここから完全に別行動!ようやくレックさんと2人、後ろから「早く買いもの終われ」オーラを感じずに好きなだけふらふら出来るよ。ほんとに。

レックさんとだらだら各階を見て回り、そこでレックさんはDVDを購入。
私はやはりサンダルが欲しくてまわるんだけど、心引かれるものが無い。オサレサンダルなんだけど、あまりヒールが高くなく、ピンヒールでなくシンプルな感じで足首停めるの付いてなくて20RM。無いわ。2年前は2足も替えたのに。ちょっといいなー。と思うのは69RM。

でも、何かもう感覚が麻痺してるし、300RMもおろした強みもあって、結局69RMのサンダルを購入。前回もそうだったんだが、VKIというブランドのサンダルが、一番私の趣味に合ってる。2年前のサンダルもこのブランドだった。ただがっかりが足首ストラップ付き。すぐに履けるのが欲しいから正直いらないんだけどねー。まあいいや。

その後は歩いてホテルへ帰る。そしてホテルの横のジェラード屋でアイス喰って時間にしたら3時ちょい?レセプションで鍵聞いたら、案の定男どもは部屋に帰ってた。
そして部屋でだらだらしてたら気がついたら皆再び爆睡。7時頃にのっそり起きて(キリンさんは6時くらいに「スタバ行ってくる」とまたコムタへ消えて行った)皆で夕食。夕食は私が好きな方のインドレストラン(コムタに向かう大通りの7の近く。割と良く閉まってるが、この日は開いてた)そこでチキンタンドーリセット。うまいなー。それにやすいなー。タイに比べれば。

食べ物に対しての執着がやはり友人Jさんは理解出来ないらしく、出てくる食事に写真を撮るレックさんを笑っていたが、「所詮、塩こしょうのみの味付け味オンチのイギリス人とおなかがふくれりゃあ何でもいいオランダ人と違って日本人は食べる事を楽しむ民族なのだ!!それにキリンさんだって日本に来た時に日本のスーパーで陳列されてるすしに感動して写真撮ってたでしょ?」と反論。

そしてその後再び別行動で私たちは夜のGeorge townをふらふらする事に。

街中の至るとこにある針金アート。かわいいね。
d0081889_13135951.jpg

そしてCristal Guest Houseのそばにあるベーカリーでシュークリームを発見。それも値段は1.5RM。生クリーム入り。どんだけ食べてんだ。と言われようが買って食べましたとも。

ちょっといい感じにホテルの横のオープンカフェな店でドラフトビール。
d0081889_13143180.jpg

しかしこれがまた値段びっくりの1杯18RM!!!

やはりうちらは家のみだ。
d0081889_1314724.jpg

レックさんが密輸したシンハー。

男どもはSubWayにいて、その後どこかにのみに行ったらしく、(夜になってようやく行動的になる男ども)女2人はお風呂にお湯はってのんびり過ごし、持って来たフェイシャルマスクで美容タイムだ。
d0081889_13135492.jpg


そして2日目の夜も更けてゆく...。
にほんブログ村 マリンスポーツブログ ダイビングへ
にほんブログ村
にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ
にほんブログ村
[PR]
by papaya_mango | 2013-05-12 14:55 | VISA/WorkPermit

レンタカーでペナンへGoGo! 1

GWも無事終了して、次のお勤めは、プーケット在住ダイビングインストラクターなら今月中にしないと行けないお仕事。

VISA RUN....

KLではもうマルチが出ない事はニュースで読んだ。(始めからKLは考えてなかったけど)残る砦はペナンだ。ただ、ペナンはやはりワーパミ6か月ルールがある為に、12月末でワーパミが切れる人達は少なくとも今月中にはペナンへ行って新たにマルチVISAを取らないと行けない。

と言う事で8日からちょっくら行ってきましたペナンへ。
今回は同時に行く人間が4人集まっていたので、「車レンタルして行っちゃわない??」と言う事になり、7日に大家の友人がやってるレンタカー会社に聞いて無事ゲット。ただ、ボーダーを越える事を話したら、プーケット内なら保険代が含まれてるけど、プーケットの外に出るなら別途200BxDayタイから出るのならまた別途保険がいるよ。と言われたんで、もちろん、その保険代もこちらで払うつもりでとにかく翌日朝7時に車を借りに行きますという事になった。
d0081889_16241217.jpg

で、いろいろ車で行く為の情報を収集していた時に見つけたある質問サイト。
「レンタカーでタイ、マレーシアの国境を越えられますか?」と言うヤツ。
答えは「レンタカーで国境は越えられない」
との事!なんですとーーーー!!!!
自家用車ならOKでイミグレーションに申請するのは自分所有の車である証明書、自動車保険、タイ語、英語の証明、他にももし友人の車を借りるのなら、この車は確かにこの友人に貸してますみたいな証明書を事前にタイの自動車免許交付状にて出してもらわないと行けないとか、いろいろ見つけた。なので先ずレンタカーで国外にでることは出来ない。と言う情報を何件か見つけ、そうよねー。レンタカー持ち込んでそのまま向こうで売っちゃう輩もいるだろうし、普通はレンタカーで国境は越えられないよねー。と。
で、一緒に行くレックさんに相談したら、「もしレンタカーでハジャイまで行ってそこからミニバスだったら、結局高くつくし、私は大型バスよりもミニバスの方が狭くていやだ。」と言い、私も、それはそうよねー。と思って他の2人(キリンさんと友人Jさん)に聞いたら、「バスで行ったら足はのばせないし、ハジャイで無駄にミニバスを待たないと行けないし、ミニバス料金吹っかけられてイヤな思いするから車で行こう。車のが絶対楽だ!」と言われ、もう一度レックさんに話したら「まあ、皆にお任せします」と言う事になったんで、結局取りあえずレンタカーでボーダーまで行きましょう。ボーダーで車を止めて、そこから歩いて国境を越え、マレーシア側でタクシーを見つけてペンまで行きましょうという事になった。(タイ側よりも良心的であると思ったから)

借りた車はTOYOTA VIOS。日本だと、セダンのカローラ。オートマ←重要。

朝7時にレンタカーを取りに行った時に対応してくれた白人に念のため「ここのオーナーは別途保険を払えばマレーシアに行けると聞いたが本当か?」と訪ねたら「レンタカーでは越えられないよ!」とやはり言われた。そして「ボーダーまで行くのか?!」と驚かれた。(普通のレンタカー会社でもまさかプーケットからSADAO←国境 まで行くとは思わないだろう。ラノーン←ミャンマー ならともかく。)

レンタカー代は1000B(一日X3日分 保険200BX3日分)

そしてチョビ子をDogParkに預けて朝8時に自宅を出発。

今回のメンバー、キリンさん 国際免許無し 運転は日本でちょっとだけ...。時効です!! Jさんタイの(モーターバイクだけど)免許持ち 国際免許無し 運転は6年ぶり。レックさん 国際免許持ち しかし完全ペーパードライバーなのでハンドルは持たせられない。私 国際免許持ち、運転歴26年。車社会の愛知県出身...。

と言う事で問答無用で私が運転する事に。(途中でJさん、もしくはキリンさんと代わるけど、チェックポイントとか大事なとこは私の運転で)

I PhoneのMapでは国道4号線をひたすら行けばボーダーに出るとあったので、I PhoneのMapでナビをする事にした。

キリンさんにマップ見ててね、といい私は運転するが、この助手席アシストが役に立たない。(彼はI phoneのマップ機能を見てないので使い方を知らないままだ。)景気よくプーケットを出て、コークロイから4号線に入りパンガーに入る。そして道路標識の指すKrabiの方向へ右折してしばらく走ったらこの道が4号線でない事に気がつく。「R415になってるよ。これで正しいの?」と聞いても誰も分からない。私は運転しながらマップも操作出来ない。いったん途中のガソリンスタンドで止まり、Mapを見るんだけど、3Gが弱く、GPS機能が使えない。あの右折が行けなかったんだ。元の道に戻ろう。と言い、元に戻って、R4号線をそのまままっすぐすすんだらパンガーの街中に入ってしまった。

過去、私のビザランで覚えてるのはパンガーのバスターミナルの寄ったバスは、来た道を戻りどこかを曲がった記憶がある。この道はパンガーのバスターミナルへの道だ。

街中を抜け(ここで30分くらいロス)キリンさんとJさんは「このまままっすぐだ。」というけど、私は「絶対違う!バスもバスターミナルに寄ったら、しばらく来た道を戻って途中で曲がった!」と言い、Uターンしてまた街中に入って来た道を戻る。そしたらキリンさんはイライラしてこの「ままだとプーケットに戻るだけだ!もういちどUターンだ!!絶対だ!!」というので、またuターンしたけど、言わせてもらえば私は地図が読める女だ。記憶力も自慢じゃないがかなりいい方だ。なので、Uターンしたとこにバス停があったんで、そこで止まったらキリンさんは「はああーっ」と大げさにため息をつき「なんで止まるんだ!」と怒るけど、私は窓を開けてレックさんに「タイ語でハジャイに行きたい」と聞いてくれ。と頼み、レックさんがそこにいた人に聞いたら、やはり来た道を戻り、途中で曲がるらしい事を言った。で、ここで自分の目でマップを見たら、さっき曲がったR415で行けば途中でR4に合流する事が分かった。始めからちゃんと見てくれよ!!!
さっきまで横柄な態度だったキリンさんは「あれ?」と、大人しく。
過去の旅行、地図を見て道を探すのはいつも私だった。
昔本のタイトルでこんなのなかったか?
「地図も読めないが、話も聞かない男」

で、再びUターンして、R415をひたすらすすんだ。そしたらちゃんとR4に合流〜。やったー。
で、KRABIの街中に入り、皆疲れて来たのでKrabiのBig C の前にあったEssoで再び休憩。
そこのCafeでは英語の話せる女の子がいて、「コーヒーはストロングがいいのかマイルドがいいのか?」と親切な口調で聞いてくれたので、私とレックさんはストロング、砂糖抜きのアイス、外人2人はマイルドのミルクシュガー入りを頼んだ、ら出て来たのはストロングシュガーのアイスコーヒーだった...。そうかストロングという意味は砂糖の濃さか。なわけないと思うがゲロ甘コーヒーを飲む。お昼ご飯はレックさんからのさし仕入れの肉まんとちまき。

そこでようやく3Gが入り、運転もJさんに交代して出発。キリンさんは助手席のまま私が後ろからマップを読む。
そして、そこで私も初めてこの機能の素晴らしさを知る。
本当にカーナビみたいにどこで曲がるとかアナウンスしてくれるのね。これ。すごーい。
で、Trangの辺りで再び運転を交代。このまま私の運転でボーダーまで。今度はキリンさんももう使い方が分かるので、ちゃんとどこで曲がるか見てくれていた。

朝8時に出て、国境の街SADAOに着いたのはもう5時近くになってた。

で、当然私たちはレンタカーで国境を越えられないと分かっているので、どこかで車を駐車しないと行けない。なるべく安全なとこ。
ケロさんは「絶対分からないファランとかがレンタカーで国境まで来ちゃうから駐車場はありますよ!」とか言ってたけど、タイからマレーシア側には駐車場がなかった。マレーシアからタイ側のイミグレの裏には大駐車場がある。そこに停めるにはいったんイミグレをスルーしてボーダーを超えないとその駐車場には停められない。タイ側の道路にはセンターラインがあって車が入れないようになってるので。なので私たちはもう戻れないとこまで来るまで入って、最後の最後の売店の横に車を止め、スタッフにレンタカーで来たんだけど、どこに車を停めればいいのか聞きに言った。

すると返事は
「そのまま行けるよ」
えええっ?!うそでしょ?行けないでしょ??
試しに3人の係員に聞くが、皆そのまま行けるという。ただ、マレーシアの保険を持ってないと行ったら、マレーシア側のJJK??JJBと言うとこでマレーシアの保険に加入して行って。と言われた。それも怖いくらい皆親切なのだ。見習えラノーンのイミグレスタッフ。

信じられないが、行けるというので、車でそのまま抜け(トランクもあけずに何もチェック無し)タイとマレーシアの間のとこで車を止めて、歩いてタイ側に戻り出国。

「でもまだわからないよねーマレーシア側がダメだというかもしれないし。」
と言いながらマレーシア側に車で入る。窓を全部開けて顔見せて4人分のパスポート見せたら、はいOKポンとスタンプ。やはりトランクも開けない。すごく素敵な笑顔で「バイバイ」

えええっ!!!!
d0081889_16231741.jpg

マレーシア側のイミグレ。

次にタイ人の係員が教えてくれたJJKと言うとこに(そんな名前)言って、インシュアランスを申請。場所は私たちの方面帰ら道路渡った反対側にあった。
ダッシュボードに入ってたタイの保険とかいろいろ持って外人2人が言ってる間に私とレックさんは再び休憩。Jさんが戻って来て「簡単に取れたよ。今ナンバー取得してるからもう少し待つ。」と言って来た。

本当に信じられないが、どうやら本当にこのまま行けるらしい。

待ってる間になぜか、カメを発見。
d0081889_16231762.jpg

この子が頑張ってこの階段を上がろうとしてたんで(絶対無理だろー。)助けてあげたりしてたら、キリンさんが笑顔で帰ってくる。
d0081889_1624399.jpg

じゃーん!ナンバープレート取得!!
d0081889_16232434.jpg

d0081889_16234999.jpg

これを車のフロントとバックに貼ったら、もう何の問題も無い。やったーーー!

料金は150RMで(1500B)1か月有効だそうだ。(3日間しかいらないけどね)

そして無事にマレーシア側に入る。でももうI Phoneの3Gは使えない。海外ローミングになってしまうから。しかしさすが私!!!昨日まだレンタカーでマレーシアに行けると思ってた時にボーダーからペナンまでの道路地図をプリントアウトしておいたのだ。(と言ってもボーダーからペナンまではひたすらR4から続いているE1を走ればいいのだけど。)さすが気の付くA型。(自画自賛)

途中でガソリンが無くなって来たので入れるんだけど、マレーシアはガソリン代がかなり安いと聞いてた。ガソリンメーターの表示が下2つになってるとこで満タン入れたら100RM。約1000THBだった。いやあ、どうせトランク開けないのなら帰りのトランクにポリタンクかくして運びたい!!
そしてこのガソリンスタンドから再び運転Jさんに代わり、私がナビして(助手席のきりんさんは?)一路、GorgeTownへ!

ペナン大橋からジョージタウンは以前無駄にネコバス(Free CAT BUS)でぐるぐるしてたので、道を覚えてて、取りあえず、George Townの中心街?の映画館のあるそばの駐車場に車を停めて、ホテル探し。まあ、安いゲストハウスでいいやー。と思って歩いたらすぐにOrient Hotelの駐車場があって、やはり駐車場付きのホテルの方がいいか。と思い聞いたらちょうど4人部屋が空いてて、値段は158RM。4人で割っても400Bちょいだ。それも駐車料金払わなくていい。3日間。

と言う事でそこに即決。

部屋は10階の角部屋で、ダブルベッド1つ、シングル2つで、片方の窓はペナン大橋の見えるOcean view、もう1つの窓はMountain View。しかもバスタブ付き。かなり快適なお部屋でした。
d0081889_16233293.jpg


後は明日、VISAを申請するのみだ。

時間は結局パンガーとトランの辺りで道に迷い、ボーダーでも時間を潰し、途中何度かトイレ休憩を取ったので付いたのはタイ時間で9時。マレー時間で10時だった。ミニバスで来たのとほぼ変わんない時間だったなあ。しかしストレスはなかったよん。

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ダイビングへ
にほんブログ村
にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ
にほんブログ村
[PR]
by papaya_mango | 2013-05-11 19:32 | VISA/WorkPermit

ひさびさひとり旅 ペナン

やって来ました。一年一度のオツトメ旅行。ペナンでやんす。こんなGW目前にバタバタしないといけなくなった訳は、ワーパミルールが変わったせいだ。

私のvisaの期限は5月31日。しかしパスポートの期限が4月30日で、初めは今回一日ラノーンへ行って、6月くらいにペナンへビザラン行こうと思ってたのに、たまたま友人Ianさんが「俺は明日行く。なんか今年からワーパミの期限が7ヶ月以上残ってないと1年くれないらしい。」というのを聞き、(ワーパミ期限はダイビング関係は多分一律年末だと思われる。)なので6月にノンビリ行ってたら、7ヶ月切っちゃうので、ヘタしたら出ない(マルチが)可能性があるのだ。んで、今2000Bも出して日帰りでラノーンへ行き、そんで来月ペナンへ行くくらいなら、今行った方のがいいので、急遽、ペナン行きが決まった。

そんなんだから、今回は5年ぶりにお一人様旅行だ。

朝 キリンさんにタウンのバスターミナルまで送ってもらう。(キリンさんはこの日8:15までにパトンへ行かないといけないので、早めに私を送って、家に帰り機材を持ってパトンという忙しさ)しかしここでハプニングが!!!7:00にタウンのバスターミナルに到着。7:30発のハジャイ行きは余裕だと思われたが、何かがおかしい。何でこんなに閑散としてるのか。チケット売り場も誰もいない。そしたら、バイタクのおいちゃんが「バスターミナルは移動したよ。」と。えっ!!!!誰に断ってそんな勝手なことを!!!

もうそこから軽く焦る。ここで諦め水曜日発のツアーのvisa runにする。とか考えたけど、タウンに関しては、6年いても、未だ方向おんちの私たち。ここからどうやってスーパーチープまで行っていいのかがわからない。(あたらしいバスターミナルはスーパーチープのそば)キリンさんに「ミッションホスピタルの方」と言っても、ここからどうやって行っていいかがわからない。(スーパーチープやミッションに行く時は、その道順でいかないとわからないwww)イレギュラーな道順はわからないのだ。

しかしグズグズできない、バスの時刻は変わってなければ7:30だ。とりあえずバイクを走らせるけど、キリンさんが仕事に遅刻しちゃう。
もう選択肢が無いから、 途中でバイタクゲット、(しかし100Bと言われたが、ごねてる時間もない) バイタクに乗り、7:20にターミナル着。エラく綺麗になってたバスターミナル。儲かってるのね。しかしここ、帰りキリンさんに迎えに来てもらえないわ。説明できないもん。バスが大通りから見える訳でもないし。
でチケット売り場で「ハジャイまで」と言ったら、「その後は、マレーシアに行くの?KL?ペナン?」と聞いてきたので、「ペナン」と答えたら、「すべてコミで789B。」と言われた。もし時間があったら、吟味も出来るけど、もう5分しかない。確か去年はバスが350Bくらいで、ハジャイからのミニバスが350Bだったから、どう考えても、こちらの方が割高なんだけど、数日前に、ハジャイ、ペナン間のミニバス料金が値上げになってたことを聞いているから、まあ、妥当ではないかと。それもバスターミナルのチケット売り場で買ってるので、一番ボッタクリが少ないかな。と思い購入。

そして、バス内。めちゃくちゃ閑散。余裕で2シート使えてご機嫌。(しかし腰はいたい)ハジャイでミニバスへ。4人しか乗ってないよ。それも自分以外みなタイ人。サダオについたときに、マレーシアのEDカードをくれなくて、マレーシアについてからもらって書いたので、私だけ時間がかかる。しかし他の人だても出してないんだけど、何で????タイ人はEDカードいらないのか??

しかし何とか現地時間9:00に今年もお世話になりますJIMさんとこに泊まって、今日無事に申請してきました。

しかし一人なので、とても退屈です。とりあえず相変わらずネコバスを(FreeBus)を駆使してコムタでお買いものしてきた。パンツ2枚(それも一枚は絶対キリンさんに丈が短すぎるといわれそうだ。)買って約100Rmだが、普段プーケットで、一切服買ってないので、これもお得なのかわからんけど、今帰ってきてからはいてます。
d0081889_1654581.jpg

さっき見かけた絶対乗ったら恥かしいトライショー。新婚さんにはいいのか???
d0081889_1655015.jpg

雲呑麺。4Rm。ンマンマ。
d0081889_1655124.jpg

自分的にヒット。犬のエサ。Inu。日本人向けなのか??

まあ、やることないので、FB多分ずっとやってます。後でインド料理食べに行こう〜。
にほんブログ村 マリンスポーツブログ ダイビングへ
にほんブログ村
にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ
にほんブログ
[PR]
by papaya_mango | 2012-04-25 15:35 | VISA/WorkPermit

1年1度の恒例行事。

Phuketに帰って来たとたん、雨に見合われてるわ。
何かモンスーンが来てるそうで、今週ずっと来んな天気らしい。

つー事はたまりにたまった洗濯物が、全く乾かない。

3日間留守にしてて、キリンさんがよもや洗濯しててくれるとも期待してなかったけど、やはり3日分たまってて、それプラス私のペナンの洗濯物。
4日前の晩ご飯の食べた皿もそのままで、昨日ぶーぶー言われながら渋々洗ってたわ。

今日はキリンさんはピピへ。なので、朝から3時間かけて、洗濯、掃除、水回りの掃除と全て終わらせ、やれやれーと思った直後にバカ犬が大雨のなか外に逃走、ドロドロになり捕獲、そのまま犬の洗濯と、心身ともに疲れきってようやくブログだ。

さてさて、先日FUMI レックさんとペナンへ海外旅行へ行って参りました。
本当にこのタイのビザのシステムと言うものが私はよくわかってはないのだが、1年のVISAをとってもパスポートは3ヶ月しかくれないので3ヶ月ごとに海外へでないと行けないとか、ダイビング関係のビザは先ず3年ビザは出ないとか、職種によってめんどくさかったリ、イミグレオフィスに行ってハイ終わりの人もいたり、いろいろだが、まあとにかく私の申請しているダイビング関係のVISAに関しては会社から言われるままに出て、申請してこないと行けないので、面倒くさくても1年に1回は出ないと行けない。

しかしまあ、不法滞在してる訳でも不正就労してる訳でもないし、税金もちゃんと納めてるから、ちゃんと1年ごとにビザは出る。
これはヨーロピアンだったら本ともっと楽なのになあ。(3年前参照@デンハーグ)

前回Alwinがそうした様に、今回もJIMのお世話になり、領事館へ向かう。

去年はコタバルでレックさん書類不備のため、往生こいたが、今回はそれもなくスムーズに申請完了。ここで、前から謎に思ってたワーパミ半年ルール。
私のワークパーミットもビザと同じく1年更新。(それはPADIのイントラ更新が1年ごとなので、2年のワーパミは申請出来ないらしい。)そのワークパーミットの有効期間が半年切れると、ビザも1年とれないと言う噂。これって本当なのかなあ。で、申請してたときに係の人レックさんのワーパミを見て、有効期間を見て「12月までか。OK.」と言ったんだよね。て言う事はやはり半年ルールって本当なのかなー。私も12月期日なので問題はなかった。

無事、申請料550R払って、あとは暇だー。
ぎっくり腰の痛みを引きずりながら前回と同じく観光に出かける。

先ずはネコバスに乗り(CAT Central Area Transfer BUS)タダで無駄にぐるぐる回る。
その後、前回もキリンさんと行ったんだけど、レックさん行ったことないと言うので極楽寺へ。

ここでは相変わらず、極楽のはずなのに地獄のような思いをしているカメ達に思いを馳せ、
d0081889_13253712.jpg

上へ。

前回は2R払って塔の方へ行った。

今回は観世音菩薩のある左側へ行こうと、ケーブルカーの方へ。(まあ腰痛だったので痛い思いして上がるよりもケーブルカーの方が楽かしらと思って)ここでなぞだったんだけど、どこにもこの菩薩像へ向かう遊歩道なんてないのに、ケーブルカーは往復と片道がある。片道2R、往復4R。
なんだろう片道買って帰りはケーブルに捕まって降りてもいいんだろうか。

観音様サイド。

正直、まだ工事中なので、金沢の巨大観音の様に上に行ける事も出来ず、お土産物やと何かお土産物やの上に入道みたいなハリボテの観音様がいただけで、まあ、こんなものかと。
d0081889_13253274.jpg

ハリボテ観音。すごい怖い。

あとは干支の石像が並んでいたり、(多分)格式あるお寺のはずなのに、何故にどっかのテーマパークみたいな事にしちゃってるの??と言うようながっかりした石像があったり、(↓以下 がっかりした石像)
d0081889_13254457.jpg

d0081889_13254186.jpg

かろうじて世界的に有名なテーマパークのメスネズミとアヒルの様にも見えるんだが、そうでないかもしれない。

チョビ。
d0081889_13253097.jpg

おちゃ
d0081889_1325288.jpg

耳が立ってたらなあ。惜しかった。

んで結局2R払って、反対側の塔にも行った。
多分レックさんもこっちの方がよかったと思う。

で、その後、コムタに戻り、私の買い物熱に火が入った。つってもお出かけ用サンダル2足(1足20R)とお出かけ用バック29Rのみなんだけど。私タイにいて5年、1足もオサレサンダル持ってなくてさ。ワンピースとかは割とかわいいやつ日本から持って来てて(殆ど全て大昔にClub Medでそろえた日本じゃ先ず着れない、つーか、わしの年齢で着たら犯罪になるような服ばかり)そういう服着ても下が真っ黒く汚れたクロックスにバックもこれもまた大昔から重宝してるMedのウエストポーチ(ぜんぜんオサレじゃない)しかもってないんだもん。

生活のほぼすべて、全くセレブなパーチーとかとは無縁なんだけど、それでも年に1,2回くらいは、気張ってオサレレストランで食事位はするかも。(しかし私たちの基準はWine Connectionだったりするんだけど。精一杯のセレブな食事だ。)そんな時用に1つくらいはあってもいいかなーと。
レックさんはとても実用的なバックを購入。これもすごいよかったが、今回はやめた。

その日の晩ご飯、これまたすごいうまかった点心のお店。
点心ってプーケットじゃあ朝のイメージなんだが、ここは夜からで、それもすごい人でにぎわってた。めちゃうまかった皿うどんと麻婆豆腐。小龍包も海老シュウマイもうまうま。
d0081889_13254490.jpg

デザートにエッグタルト食べたかったんだけど、お腹いっぱいで食べれんかった。

ペナンはいいねー。食い物うまいし、ジョージタウンって行ったらプーケットじゃあパトンみたいなもんでしょ?しかし、その割に安いし。
しかし酒類高いだけで私はマレーシアすめないわ...。

翌日も時間あるのでネコバス乗って観光。
お花のせてラブリーな狛犬。
d0081889_13254944.jpg


今回の旅ではその他に、サムイ島のコブラレスキューの仕事してるイギリス人にあったり、(噛まれたらいつでも来てやると言われたが、サムイからプーケットでは間に合わんだろう。)チュンポンの英語学校で先生やってるアメリカ人にあったり、(初タイらしく初ビザで、しかし衝撃的な事に、ちょうど領事館へ行く日にメールでアメリカにおいて来た彼の彼女が自殺してしまった事を知って、かといって今ペナンで、パスポートも領事館なのでどうする事も出来ず呆然と泣いてた。辛過ぎるー。)
帰りのミニバスでは隣に座ってたスコテッシュの女の子もタオ島のイントラで、旦那がオランダ人と言う事で話があって盛り上がった。
プーケットはオランダ人イントラはAlwin入れて3人くらいしかいないんだけど、タオはプーケットよりも小さい島なのにオランダ人イントラ10人以上いるんだってー。
8ヶ月の子供をおいての初ビザトリで、すごい子供を心配してた。私がAlwinとチョビを2人きりにして心配してるのと同じか?違うか。

今回無事に7時半のVIPにも乗れて、全部がほぼたいしたトラブルもなく無事に終わって、ペナンもね、ビザトリと考えると憂鬱だけど、海外旅行だー♪と思うとそれなりに楽しい。ハイシーズン終わったばかりなので、何を買っても何を喰っても「ハイシーズンあんだけバカみたいに働いたんで、自分へのごほうびごほうび」が合い言葉だった。

最後に、前回のビザランで、キリンさんがお土産に♥のチョコと翌日にチョビを買ってくれた(?)ので、私もお土産にDuty Freeでワインを買ってあげようと50R残してたんだけど、今回のミニバス、素通りだった!初めてだわ!!!それはそれでいい事なんだけど、なんだよ。人がついに買う気になってたのにさ。なので、何故か昨日VILLAでオーストラリアワインを「お土産」と買わされた。何かよく解んないけど、喜んでたんでよしとする。

最後おまけでボーダーのタイ側イミグレが終わって、ミニバスに乗り込んで残りの人を待ってたときにすごい期待した目でしっぽふって愛想を振りまいて来てた犬。めちゃくちゃかわいかった。が、本当にあげるものは何もなかった。
d0081889_13255462.jpg


レックさん、今回もありがとう。次は来年かなー???
今回もしゃべり続けの私たちだった。
にほんブログ村 マリンスポーツブログ ダイビングへ
にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ
[PR]
by papaya_mango | 2011-06-03 14:44 | VISA/WorkPermit

ペナンの旅〜最終日〜

さて、ペナン滞在3日目の朝。
昨日の天気とうって変わって雨模様。
領事館には午後2時半に行くので、それまで残りの観光を。

私はこの世界遺産のジョージタウン。実は全く地理的なものもよくわかっていない。
よく皆が言う、モスクや、リトルインディア、City Hall Town Hall。一度くらい行くのもいいものかなあと地図を片手にツーリスト丸出しで小雨の中歩き出す。

しかし途中で、とても便利な「無料バス」の存在を知って、その後は断然便利になった。
Central area Transfer 略してC A Tと表示されたバスに乗ればジョージタウン内の主な観光名所は全部ただで見て回れる。知らなかったー。Alwinも知らなくて、昔は歩いて見て回ったらしい。私と違い、多少観光はしてたみたいだ。

歴史博物館はあいにく金曜日で休刊日だったけど、ジョージタウンの主な名所は回ったよ。
d0081889_1938462.jpg

d0081889_19384438.jpg

d0081889_19384527.jpg

d0081889_1938497.jpg

d0081889_19385239.jpg

d0081889_19385290.jpg


お昼は、昨日の夕食もこのインデアンレストランに入って、気に入ったタンドリーチキンとナンをオーダー。
オランダ人って「タンドリーチキン」ってなじみがないのかしら?何べん言っても「タマリンド...」と言うのだ。ちなみにキリンさん、ティラミスも未だに言えない。「テラヤミヤミ」と言う。オランダ人が、と言うよりもこの人に問題があるのかもしれない。
d0081889_19405360.jpg

で、あっという間に2時になり、無事に領事館に言って、(3ヶ月だけど)Non-Bを取り、JIMさんに頼んだミニバスでハジャイに帰る。
ミニバスの料金は30RMで3時半出発。昔は25RMで、2時半出発だったような気がするが、まあ、いい。JIMおじさんとこからはAlwinと私、一緒に領事館に行ったデーニッシュのお姉ちゃんとその彼氏(タイ人)の4人。ハジャイまで4人だったら嬉しいなあ。と思ったけど、このペナン旅行はここからが最悪の結末に向かって突き進む。

3時半少し過ぎに迎えがきて、JIMおじさんが「これもってけ」とミネラルウォーターを1本ずつくれて「またねー。」と別れるが、ミニバス、久々にぼろぼろで椅子が堅くておまけに狭い。
で、出発するけど、この狭いバスに10人乗ると言う。それもジョージタウンで人が集まって行くのではなくて、それぞれが遠隔地!そのうちの1人は何度場所を電話してもわからず、結局出発してから2時間近くもペナン島内をぐるぐる回るはめに。そしておまけにそのドライバーは道中ねずみ取りに捕まり(シートベルト)罰金も払う。(何かハズレなミニバスだなあ)とは思ったけど、我慢して乗る。プーケット行きのVIPバスは確か7時半のはずだ。その後は9時半の1等車が最終だったはず。

運転手が道に迷いながらも「ごめんねごめんね」と私たちに謝るんだけど、「私たちは7時半のバスでプーケットに帰りたい。2時間もまだペナンに居て、7時半までにハジャイにつけるの?」と聞いたら「努力する」と言って来た。

で、結局5時過ぎに最後の人を拾い、高速でペナンへ。

しかし、そのドライバーが途中で「今友人の旅行会社に聞いたら、プーケット行きのBIG BUS が8時半に出るよ。それならきっと間に合うから僕がとっておいてあげる」と言うので、「それはVIPバスなの?」と聞いたら、「そうだ。」という。
そんな時間帯のバスは知らないので「ミニバスじゃないの?本当にVIPバス?」と聞いたら「大丈夫。大きいバスで、ちゃんとトイレもあるよ。1人450Bでとっておく」と言われた。

普通のVIPって確か500Bはしたような気もするので、なんでこんなに安いのかしら。バス会社が違うのかしらと思いながらもそれをお願いする。ここが私たちの失敗だった。こいつらはタイ人だ。

ミニバスはそれでもなんとか7時半にハジャイにつき、見たら、VIPバスがまさに出ようとしてたので、ドライバーがチケットを持って来ても「このバスに乗れるのならこのバスに乗る!」と走ったけど、席は満席で結局だめだった。で、ドライバーに450Bx2で、900B払うんだけど、大きいお金しか持ってなくて1000B渡したら10RMで返される。RMもらっても困る!と言ったら、タイバーツがないから仕方ない!とキレられて、もう1RM突っ返され、8時半にここに来い。と言いながら走り去ってしまった。なんだかすごく騙された感があるんだけど、「ここに来い」と言われた場所には確かこの色はトイレのない2等車のオレンジのバスが停まってた。

そこまできてまだタイ人を信じていた私。
んじゃ、まだ1時間あるからとコンビニでビールを買い、Alwinと2本くらい飲んで、もう2本ずつかって8時半に戻ると。やはりさっきのオレンジのバスがスタンバッている。
乗り込み、「トイレはどこだ?」と聞くと「このバスはトイレはない」とあっさりモギリに言われ、愕然とする。ここまで来て、初めて私たちがドライバーから買ったチケットが275Bのトイレ無しの2等車だったと言う事実を知る。

275Bのチケットを450Bも出して買ってしまった(あげくに1000B払っておつりがRMなので、実際は1000Bで買ったことになる。)自分の愚かさもさることながら、ここに4年以上もすんで、まだこんな風にタイ人に騙される自分がもう悔しくて悔しくて、バスの中で本気でおいおい泣いた私だ。涙は出てもトイレは行きたい。ビールを景気よく飲んだ私とAlwin。トイレ休憩までどんなにもがき苦しんだか想像出来ますでしょうか?

教訓、どんなことがあろうと、自分でバスターミナルでチケットは買う。
その日に帰れないのなら、泊まる。泊まることによってかかるお金は同じか高くつくかもしれないけど、騙された感がないだけましだ。

明日はノイヤイだー。風止まってくれないかなー。
にほんブログ村 マリンスポーツブログ ダイビングへ
にほんブログ村にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
問い合わせ、連絡先 fumifundiving@hotmail.co.jp
[PR]
by papaya_mango | 2010-12-03 20:14 | VISA/WorkPermit

ペナンの旅〜2日目〜

昨日は結局仕事じゃなかったんだけど、風の強い中がんばってパトンに行って支払い請求して来て、帰りにレックさん家によって、当たり付きの10円風船ガムを大量に頂き、ばたばたしてたら一日が終わってた。
(レックさんへ:うちのキリンさん、どんなにがんばっても風船が出来ません。ぷぷぷー。)

今日もすっきりしない天気だ。ンで今日も専業主婦の日だ。
しかし、今日は会計事務所に支払いに行かないと行けない。めんどう臭い。
8月にリニューアルを出しながら、何かいろいろな問題勃発で、そのあげくに1年のNon-Bがとれなかった運の悪い男、キリンさんのワーパミが昨日ようやくリニューアルしたよ。と電話がきたので、それも取りに行かないと行けない。

私は今までにこのビザ、ワーパミ関係でトラブったことないんだけど、同じ会計事務所使っててもキリンさんは実に5ヶ月もトラブってた。もう1年の約半分はワーパミが更新出来ないままだったんだけど、それでも1年分支払わないと行けないのが、どうにも腹ただしいらしい。気持ちはわかる。

しかし、来年閉まってしまうらしいコタバル領事館。前は一番簡単にVISAが取れると言われてたのに、何かこの9月当たりから、NONーB自体をなかなかくれなくなって来たと聞いた。

私は来年の6月なんだけど、もうコタバルはないんだろうなあ。

で、話は古くなってしまったけど、楽しかったペナン滞在。
滞在2日目の朝、前日の夜に世話になったJIMさんのゲストハウスに移ることにする。ファンのみ、トイレ、シャワー共同で20R。正直、暑かった。ちょっとしまったと思った。しかし、JIMさんの人柄なんだよね。すごいバックパッカー達には支持を受けてるこの店。Wifiフリー。KOPIも自分で入れて勝手に飲んでね〜。って感じ。
ここは、代行屋に頼んでVISAを申請するんじゃなくて、(ちなみに前日の夜に相談したBANANA GUEST HOUSEのとこは代行手数料40R。で、Alwinの不足分の書類作成手数料が300R!!(これはすごい額だよ。全く)朝、9時半くらいにJIMおじさんの店に領事館に行く人たちが集まり、車で連れて行ってくれて、自分で申請する。受け取りも自分で受け取りに行く。と言う感じ。んで、その車代として10か20RAlwinは払ってた。

で、書類が足りないのを知らない振りをしろと行ったアドバイス通り、Alwin出したら、やはり、「この書類が足りない」と言われたので、(Bananaのゲストハウスではコピーはだめだ。と言われた)申請書のコピーをAlwinが出したら、普通に受け取ってくれた。心の中でガッツポーズをするキリン。
d0081889_11293666.jpg

(JIMさんのお店に貼ってあったいろんな名言。笑ってしまった。)
で、ご機嫌で帰って来て、ちょっくら観光行く?と言うことに。
私の過去のペナン。
初めてのペナンは怪しいマッサージ師に捕まり、かなり危険な目にあって以来、もっぱらゲストハウスにこもり、本を読んでいるか、コムタに行って、DVDを買うかくらいのことしかしてない。

で、ツーリストガイドを読み、「極楽寺」と言うとこが面白そうなので、そこに行こうと言うことになった。201、202、203、205のバスに乗れば行けるよと言われたのでバスを待ってたんだけど、何故か違うナンバーのバスに乗り、連れて行かれた先がタイ寺。寝釈迦のとこだった。
d0081889_1129416.jpg

まあ、ここはここで楽しんで、このお寺の前にも別のお寺があってそこも見て楽しんだ。
私がハマったのはこれ。
d0081889_11294411.jpg

池の真ん中で、金運 結婚運とかいろいろ書いてある柄杓が「電動」でぐるぐる回ってる。ここにお金を投げて、うまく入れば運がいいと言うことだろう。で、バッタもん臭い動物の置物がいっぱいあった。勿論お金は入れなかった。しかし合理的だわー。

その後、仕切り直しで「極楽寺」に行こうとするけど、何か、このタイのお寺と極楽寺とではバスのルートが違うらしい。なのでとりあえず「コムタ」に戻ってそこから極楽寺へ行こう!と歩いて戻ったら何と1時間もかかってしまった。久しぶりに「旅の基本は足!」と言う気分を味わう。
コムタから無事に「極楽寺」行きのバスに乗り、Kek Lok Si Templeに行くか?と確認して乗った。
ここは終点なので、よっぽど大丈夫だ。
d0081889_11294662.jpg

バスを降りたら見えるそびえ立つ白と金色の塔。
しかし、こんな絶景の場所のこのお寺、道中はぎっしりテントが張られた土産物屋に占領され、せっかくの道中の景観は全く味わえず。道が土産物屋の中を通ってるんだもん。清水さんでも景観は大事にされてるよねえ。
すべての土産物屋をスルーし、先ず最初に出迎えてくれたのが、ちょっと数が多すぎて気持ちが悪い(と言っては行けないのかしら)カメの群れ。それも水が相当に汚い。飲んだら下痢200%間違いない感じだ。
d0081889_11294991.jpg


しかし、お寺自体は本当に規模が素晴らしい。お寺から見た景観もすごい。
そして、まだ建築中みたいなんだけど、遠くに巨大な観音様の象が見えたんだけど、そこに行くには2RM払って、ケーブルカーみたいなので連れてってくれるみたいなんだけど、そこには行かず、白と金色のこのお寺のシンボルみたいな塔の方へ行くことにした。そこも2RM。

途中、日本のお寺とシンクロするような本堂も通り、
d0081889_11295487.jpg

(ここではずーっと「南無阿弥陀仏」という(多分こういってたはず)お経が歌のように流れてる。)日本と同じ袈裟をきたお坊さんがお経となえてたりした。

で、見晴らしの良い塔は。
d0081889_11295966.jpg

d0081889_1130383.jpg

マジに高い!ちょっと一番上から下覗いたら下腹部がぞわぞわくすぐったくなるくらい高かった。
d0081889_11295488.jpg

d0081889_1130317.jpg

↑高閉所恐怖症のこの人。外に出ません。塔も4階まででギブアップ。逃げるように階段降りて行きます。思えばオランダ滞在もマルティーニタワー、昇れなかった人だった。

遠くに見える観音様。
d0081889_1129584.jpg

d0081889_11295524.jpg

d0081889_1130835.jpg


しかし、このお寺だけで十分楽しめたよ。ここ夜すごくきれいにライトアップもされるみたいなんで、次回は夜きてみたいなあと思う。

これで滞在2日目終了。

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ダイビングへ
にほんブログ村にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
問い合わせ、連絡先 fumifundiving@hotmail.co.jp
[PR]
by papaya_mango | 2010-12-02 10:36 | VISA/WorkPermit

ペナン なう。

7日未明にプーケット到着後、7日は友達やショップ周りをして、ボートインスペクションのお誘いでただ飲みに行き、8日はカビの生えてた食器類(しくしく)などを洗い、すごいことになってたキッチン、リビングルームを片付け、キリンさんの為にアカウンタントに行き、(前回Non-Bが取れてなかったので)で、Alwinが、ハイシーズンに入ると友人Dさん(イギリス人)に会えなくなるので、その前にパーティしたいというので、カレーを作り、そして翌日はラチャノイ ヤイへ行き、昨日からキリンさんのVISA-RUNについてペナンに来てますー。

私ってツーリストか??と言うくらい日本から帰って来てから落ち着いてないですわ。

話を9日のラチャノイヤイに戻すけど、この日は私にとってのリフレッシュだったんで:)初のウエットスーツというのもあってカメラは持たずに入ったわ。
ラチャノイ、キレイなんだけどなー。本と何もいないなあ。
1本目バナナ、2本目はラチャノイベイ。カマスの群れとリュウグウウミウシとモンハナシャコくらいか。お客さんは2つのグループでかたやレスキューダイバー(すごく一生懸命話してくれるんだけど、70%理解出来なかったスパニッシュ)と、でかいアメリカンアドバンスだったんでダイビング自体は難しくなくて良かったんだが、シンプルだったかなあ。

んで、ラチャヤイに戻るが、BAY#1のニモ、いつ消えちゃったんですか????あらびっくりー。
代わりにゴマモンがニモがいた場所近くで体をガレにこすりつけてたよ。がっくり。
でも、近くでスピアーマンティスの小さいの見つけた。

で、今回のビザラン。
前回、Work permitのリニューアルが間に合わずに、とりあえず3ヶ月しかもらえないとわかりながらもコタバルに行ったAlwin。
しかし、コタバルの領事館は「work permitがないとnon-Bは出せない」と彼に1ヶ月のTransit visaを出した。で、それを持ってアカウンタントに行ったら、今度はスタンプがNON-Bじゃないんで、Work permitをリニューアル出来ないと言う。で、今度はまだ申請してないWork permitと申請用のレシートのコピーをもらい、昨日はるばるペナンにやって来た。で、友人のアドバイスでバナナゲストハウスのArgentでVISAの申請をしようとしたら、そのWork permitの申請のレシートのオリジナルがいると言う。コピーじゃだめだと。一つのアイディアとして、何か、そこのエージェントがなんとか作ってくれると言うが、その費用が300R!!!!220Rの3ヶ月のVISA取る為に300Rってぼったくりじゃないか???で、あきらめ友人に教えてもらったスターダストゲストハウスも夜の10半じゃあもうFullだった。

で、3年ぶりに思い出したのがJIM's Guest House。レゲエマンのJIMがやってる、きっとペナンにきたことのあるイントラは知ってるんじゃないかなー。Alwinもお客さんがこのゲストハウスが良かったと言ってたので、そこで聞いてみるけど、そこもFULL。でも彼がAlwinの書類を見て、いろいろアドバイスしてくれて、(「知らない振りをしろ!」というもの 笑。泣き落としは何とかなると言うもので。)で、さっき行ってきた彼は無事に何と3ヶ月が取れて来たー。ああ、これでようやくWork permitがリニューアルできる。やれやれ。

昨日は45Rのトイレ別の無駄に広いホテルに一泊して、今日はJIM's Guest Houseに泊まる。
観光に行くぞー。

コタバルに比べるとやはりペナンは楽しいわ。

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ダイビングへ
にほんブログ村にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
問い合わせ、連絡先 fumifundiving@hotmail.co.jp
[PR]
by papaya_mango | 2010-11-11 11:36 | VISA/WorkPermit

日帰り海外旅行

恒例、ミャンマーの豪華ホテル(????)でランチを食べようツアーに行ってきました...。
期限は31日なので、今日の仕事が入った時に、今日のVISA RUNを31日に延ばして仕事しちゃおうかなー。と考えがかすめましたが、電話して断るのも面倒くさく、今日行ってきました。

しかし今日はちょっとラッキー??お客さん7人しかいなかったんで、9人乗りのバスだけど、ゆったり出来た。しかし、振りたくられて往復8時間はやはり疲れるー。

しかし、忘れもしない4月のクラブアンダマンのイミグレ。超チンタラで船に乗り遅れた。私顔覚えてるわこの人。丸顔で、いつもTシャツで(制服なんかは着ていない。確か4月ん時はセブンイレブンのTシャツ来てて、今日はお父さんの着るような首ののびた白いTシャツを着てた。)しかし決して愛想が良くない。ここに来る人たちをすべて見下したような、傲慢で不遜な態度は相変わらずだった。そしてすごく面倒くさそうな態度を隠そうともしない。決して私たちには微笑まない。まさにイミグレ様な親父だ。しかし格好は、その辺でランブータン売ってる親父みたいなのだ。

でね、私、ここで初めて「名前を言え」と聞かれ、「ここで何してる?」と職務質問。今日は人も少なく1人にかける時間があったのかもだが、で、職業を告げると「Workpermit持ってるか?」と聞かれる。クラブアンダマンで!!初めてだわ。過去Phuketの空港では3度程しつこい職務質問は受けたが、ここでワーパミ持ってる事聞かれるとは思わんかった。

まあ、持って来てたんで見せたらじーっと見て、よし。

ダイビング関係で不法就労してる人が多いからなのか、なんか職業ダイビングと伝えると、面倒くさい事がよくあるような気がする。私の出入国カードにもわざわざ「Visa Kota Bharu 1Year」なんて記入してるし、コタバルでどのくらい1年出してるか統計でもとって、制限でもしようとしてるのか??とも思いたくなってしまうよ。

で、ミャンマー側での豪華ランチなんですが(笑)
私いつもチキンサンドイッチなんだけど、パッタイ頼んでる人の以外とおいしそうだったので、次回はパッタイにしようかなー。で、前回行けなかったし、一度も行った事のない免税店も覗いてみる。
ワインが安いときいたんだけど、South Africaの。一番安いBin50はなかった。次に安い550BのBin2はあったんだけど、悩んでやめちゃったー。結局そうなのよね。後は、すごい数のドライフルーツが売ってるのね。そこしか見てなかった。

次回ここに来るのは予定では2月なんだけど、(だって10月日本に帰る予定なので)次来た時は45Bのグリーンレーズンのドライフルーツでも買ってみようかしら。ブルーベリーは210Bもした...。

AlwinはなんとナイヤンビーチのShopの仕事でSDで、今日は黄色い蜂の船で、ラチャノイ、ヤイ。
私の方がはよ帰って来たよ。
で、夜はイタリア人Mさんの祝Holday記念???(もうすぐ里帰り)でKATAの私の大好きなJAPANESE ITALIANで晩ご飯だ。閉まってないといいなー♪
にほんブログ村 マリンスポーツブログ ダイビングへ
にほんブログ村にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
問い合わせ、連絡先 fumifundiving@hotmail.co.jp
[PR]
by papaya_mango | 2010-08-30 20:08 | VISA/WorkPermit

VISA RUNの旅コタバル編。(2回目)

d0081889_197477.jpg

で、改めて今回のVISA TRIPの話。

決行日は6月1日PHUKET夜8時発のスンガイコーロク行き。
11時間の旅だ。

今回の旅仲間は通称小さいFUMI(本人曰く決して小さくないそうだが私との身長差は8センチ。まあ、小さくは、ないわね。)と、お隣さんのKAZ Family。←おちゃを除く。そう、今回キリンさんとおちゃが仲良くお留守番。

バスはトイレもあるし、まあ、特に問題はないんだけど、なんか座席同士が狭い感じがする。しかし走って11時間、道中、バリケードで囲まれた場所をバスは慣れた様子ですいすい抜けて行く。無事撃たれることもなくスンガイコーロクへ到着。FUMIFUMIコンビ、アホみたいにしゃべり続け、ほとんど睡眠無し。
今回はちゃんとボーダー前でおろしてもらえたので、あまり歩かずに(去年は15分くらい歩いたのだ。)イミグレ到着。...したら既にひとやまのくろだかり。「えっ、ありえん。」と思ったが、運悪くVISAトリのパッケージツアー(多分申請料除いて7000Bくらいする奴)の団体が一足先に並んでた。仕方ないのでその最後尾に並ぶが、なかなか動かない。
このVISAツアー(だと思う)はなんかガイドもついてて(タイ人ではない)一人一人に「じゃあこのままマレーシア側に進んで向こうで会いましょう」などと、指示している。
そのうちに、なぜか、入国側で何か手続きをしていたっぽい二人の外人が「支払いが出来た」とそのガイドんとこに戻って来たらそのガイドは「じゃあ、我々のグループの一番後ろに並んで。」と、堂々とその二人を私の前に入れる。それも、私たちの顔は見てるが、(どうせ何言ってるのか分かんないだろう)と言う顔をして。その瞬間、家政婦は、いえ、私は見た。(普段は)お釈迦様のような柔和な顔をしているKAZさんの顔が瞬間にヤクザのような顔に変わったのを。
「テロには屈しない。」を座右の銘に(?)している彼。日本人だから黙ってる訳ではない。
「ちゃんと後ろにならんで!私たちはちゃんとずっと並んでる」と私も言ってやった。そしたら、割り込んだ方は(女の方)気にして、私たちに言い訳を。「ごめんなさい、でも私も半時間並んでたの。でもプロブレムがあったからちょっと列を離れたのよ。なので、元々ちゃんと並んでいたの。」しかしそれは「Not our bisiness.」要はオーバーステイの罰金を払っていたのだ。女の人は3000B、そして男は10000B。バカじゃないのか。そんなに気がつかんもんなのか??「そんなのはそっちのミスだろう。ちゃんと順番守れ」と、KAZさん怒る。女の人はなんか、すごい気にしてたんだけど、ガイドの男はとことん無視しやがった。

しかし無駄に怒ってもあついので、ここは引き下がった。(多分KAZさん一人だったら、とことん戦っただろう。しかし今回は女が3人いたんであきらめた。

今回は4人もいたので初めからTAXIで。聞くとやはり40R。「32Rにならない?」と聞いても、ここは動かず。両替所が町でいまいち分からないので、イミグレでて直ぐの雑貨屋さん(駄菓子屋さん??)で両替。100B=10.1R。(その後、TeamKAZが町で両替したみたいだけど、駄菓子屋の方がレートよかったらしい。)

で、領事館へ。いやあ、いつもドキドキですわ。
しかも今回!!小さいFさんの書類不備が発覚!「コタバルだから、大丈夫じゃない?」などと根拠のない励ましもむなしく、やはりだめなものはだめだ。しかし、ここがKLとかペナンなら「ハイだめ。」で一蹴なはずだが、優しいコタバル、FAXで書類そろえても大丈夫だと言う。(だって、会社印や社長のサインとかもコピーになるけどいいのか?と思ったんだけど。)とりあえず、無事に提出できた私とTEAM KAZ。ワークパーミットのオリジナルを提出するので、書類にこれのコピーは必要なのか?と、前日に悩んで、とりあえず用意しておいたらやはり必要だった。よかった。パスポートのコピーは言われんかった。

とにかく今日はのんびり一泊なので、領事館出てからTEAM FUMIとTEAM KAZは「きっとどこかで会えると思うが、もし会えなかったら明日9時に領事館で」と約束して分かれる。領事館のオネイちゃんが1Kくらい言ったとこにPhoto ShopがあるからそこでFAXしておいでと言ってくれたんだけど、どこまで進んでいいか分かんなかったので、領事館出て500Mくらいいったとこにあったでかいホテルに入る。「こんだけ大きいホテルだからFAX受け取れるでしょ」とここでレセプションに交渉。しかし、それだけの用事では気が引けるのでCafeでコーヒー飲む。10R。しかも、私のにアリが入ってた。特にタンパク質は必要としていないので、そのサービスを丁重に取り出す。

ここで待って時刻は11時。なんとかタイに国際電話できて(よくわからんのだけど、私のケータイマレーシアでも使える。ので、最初このケータイでタイに電話したらもののすぐにクレジットが無くなった。後で聞いたら1分95Bだったらしい。しかしなんで私のだけ使えるんだろ?Fumiさんも同じ12call使ってるのに。私のケータイの方にFUMIさんのシムを替えてもやはり使えんかった。)
いろいろトラブルが続いたが、ようやくFAXが届いた!!...が、何か変だ。なんでそんなに何枚も.....。と見たら、書類全部送って来てた。そりゃ時間かかるよ。必要なのは2枚だけなのに。それもアカウンタント、名前をフミコへ。で送って来てた。(笑)そしてまたもやビックリー!受け取りにも金がかかってトータルで80Rくらい?血の気が引くFUMIレック。泣くに泣けない大出費だが、とりあえず書類は揃った。ダッシュで戻るが、ぎりぎりアウト。

良かったね、コタバル。昼からも申請出来て。

その後、Team KAzが向かったと思われる「セブンイレブン横のゲストハウス」に行くが潰れてた。これで、彼らがどこに行ったか分からんくなったので、そのそばのもう一つのゲストハウスへ行く。扇風機のみの部屋でトイレ、シャワー共同25R。普通なら「やはりエアコンくらいは...。」と思うんだけど、扇風機だけでも涼しかったし、何よりももう座りたかったし、汗をぐっしょりと濡れた服も着替えたかった。まあ、要は頭に酸素がまわってなくて、二人とももうどうでも良くてそこにした。

荷物おいて、顔を洗って昼飯喰ったらもう2時だ。再び領事館へ向かう。そしてやったねフミ!!無事申請。で、またホテルに戻って日が沈むまでゆっくり休む。しかしこの部屋、壁紙がピンクや赤のバラ模様で見た感じすんごい安っぽいラブホ風。「ブログ用に写真でもとる?」と聞いたが、彼女の方はうちと違って親もブログを見てるので心配されるからいいと写真は無しだ。

日が傾き、外に出ても辛くなくなったので、コタバルの町を散策する。AKIOさんから地図もらってたんだけど、全然分からない。(私はちゃんと地図が読める女だ!)去年ふらふらしたのをたよりに、ふらふら。でも1年経って少し変わってた。高級(っぽい)デパートで来てたし。(去年はここまだ工事中だったと思う。)バスターミナルも確認。
d0081889_1826377.jpg

マレーシアのいいとこはほんとどこでも気軽にブラックのアイスコーヒーが1Rくらいの値段で飲める。タイじゃあフランチャイズのスタバとかに行かんと飲めないのに。大好きよ。しかしそれ以外にマレーシアの好きなところ...。思い浮かばん。あ、パンがタイより絶対おいしい。そこら中にベーカリーがある。

晩ご飯も適当に食べたところから10Mも行ったとこに屋台街が広がってて、「しまった!」思いをしたし。(その目に昼飯もなにやら分からんままオーダーしたらしまった!!感じのものを出された。)コタバルの町をふらふら徘徊してホテルに帰り一泊。

翌日TEAM KAZと再び合流。何でも彼らはいいホテルを選んだらしい。

無事VISAを受け取るが、またもやFUMIさんにトラブル。もう一泊するか、と言うところでなんとか訂正きいて、全員無事に受け取り。今回4人もいるんでTAXIでボーダー行ってもいいんだが、一度バスを使ってみよう(KAZさんは経験済み)でバスで帰ることに。一応、30分ごとに出てて料金は5R。予定時刻より遅れて20分くらい?でバス到着。(いやこれ遅れてたのが来たのか、それとも早かったのか、遅れてんのなら何本目のが来たのかも分からないけど、これに乗る。)バスは残念なことに(多分)古い奴できれいじゃあなかった。チケットは乗ってからバスの中で買う。運転手さんに「ボーダー来たら教えてね。」と頼んでおく。
1時間20分くらいかな。で、ボーダー到着。
無事イミグレでて、タイ側へ。
ここで見た光景。バイクが荷物抱えて、タイ側へ渡る。タイ側のバリケードの下に何やらタイ人が待ってて、そこからその荷物を投げ入れている。見たところ軍手とかそんな感じのもの。そうか、ここで受け取れば税関通らなくていいので関税がかからず安く売れるのか。しかしこんなに堂々とやってていいもんなのか??とびっくりした。
タイ側のイミグレ抜けて、ハジャイ行きのミニバス乗り場へ。去年バイタク利用して「歩ける距離じゃん!!」と分かっていたので、今回は歩く。が、日差し強すぎ。
しかしすぐに到着して、チケットかったらすぐにバスが出た。うちら4人でちょうどバスが埋まったのだ。

ミニバスでハジャイへ。途中で銃を持った軍人がミニバスを止め、全員の身元を確認。パスポートもじっくりと見られた。去年はここまで見られんかったような気がするけど。
そして天気はゆっくりと下り坂へ...。久しぶりにバケツひっくり返したような雨に見舞われ、道中2カ所もたった今ひっくらかった事故車を見る。安全運転してください。

約3時間半でハジャイにつくが、相変わらずPhuketのバスのチケットをどこで買っていいのか分からない。550BのVIPバスのチケットはどこで????結局トイレのついてない2等バス4時40分発のバスに乗る。激冷え。しかし座席はひろかった。念のために用意した靴下はいたらすごく快適になった。やはり足が冷えるとすべてが冷えるんだね。

で、PHUKETには夜11時半に到着しました。

帰って来たら、おちゃはAlwinにべったりなついておりました。(Alwin大満足。)

今回の覚え書き。
バス プーケット(20:00)→スンガイコーロク(翌7:00) 556B
TAXI →コタバル、タイ領事館(約1時間、車エアコン無し。)40R÷4人。
ホテル (扇風機、トイレシャワー共同)25R÷2人。
バス コタバル→ボーダー(約1時間20分、エアコン車)29番乗り場 5R。
ミニバス スンガイコーロク→ハジャイ(約3時間半)180B。
2等バス ハジャイ(16:40)→プーケット(23:30) 267B 
これって、ひょっとしてラノーンの1800Bより安いじゃん。でもやはり来るのは1年に1回でいいです。

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ダイビングへ
にほんブログ村にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
問い合わせ、連絡先 fumifundiving@hotmail.co.jp
[PR]
by papaya_mango | 2010-06-05 19:08 | VISA/WorkPermit

何が起きてもマイペンライな島プーケットから今日も海に陸に忙しく発信中 。


by papaya_mango
プロフィールを見る
画像一覧