南の島で暮らしたい!!

xpapayax.exblog.jp

何が起きてもマイペンライな島プーケットから今日も海に陸に忙しく発信中 。

カテゴリ:その他 旅行記( 5 )

d0081889_13522697.jpg

今日も風は強いが、天気はいい。

というか、私のんびりこんなんやってる場合じゃないような気がするが。
今日の深夜、12時45分のコリアンエアーで(今回もコリアン。シンガポールは手が出ない...。)明日のお昼すぎには日本だ。

んで今何やってるかというと、夕食を作ってる。

洗濯も掃除もした。仕事に行ったalwinの送り迎えもした。荷造りもほぼ完了。というか、先月日本に本帰国したYukiko嬢の荷物だけなのだが、本当にそれだけなのに、スーツケースに入りきらん。そして20キロ超えてるyo!
手荷物の方へ移すも、入りきらん。

空港でなんか言われません様に。

そしてシンガポール滞在5日目。
今日は本戦の日。昨日あまりにも早く着きすぎてしまった為、今日は4時くらい着でいいよね?
と、朝もkaonoi家にてWii。(Alwinが)

で、今日のブランチに選んだのはラオパサ ホーカーズ。
d0081889_1352288.jpg

日曜日のせいなのか、それとも本番は夜からなのか、中は以外と閑散としてて、私的にはナシゴレンが食べたかったのだけど、見つからず。変わりにタンドリーチキンセット5S$頼んで食べた。インド料理はやはり好きだなあ。

その後再びクラーク キーへ行き、こんなおしゃれスポットなら、絶対おいしいケーキ屋があるはずと思って探すも見つからず。その辺のCafeに入り休憩。(まあ、それなり)
d0081889_1352453.jpg

私はとにかく生クリームに飢えているので、とにかく生クリームが食べたい。
でも、イチゴがね、南の島はおいしくない。
奥のAlwinが選んだマンゴーの奴(名前忘れた)これが思いのほかおいしかった。生クリームにこだわらなきゃ良かったなあ。

その後クラークキーをのんびり歩いて時間は4時。そろそろ会場へ向かうとするか。
もう昨日の今日なので、すんなりと開場入り。

席も昨日の場所とほぼ同じ。

ひょっとしたらピット裏が覗けるのかも。と素人判断で、そっちに向かうけど、やはりそこに入れる客はVIPチケット持参じゃないとだめだった。(そりゃそうだろうなあ。)
しかし、今からのイベントにスタンバイしているキレイどころを発見。
d0081889_1352566.jpg

私のイメージのサーキットレディーは岡本夏生とかの時代で、みんなワンレンでハイレグと言う印象がずっとあったけど、今は健全なのね。
彼女らが移動始めたので「それでは私もいかなければ」でとられた写真。
d0081889_1352109.jpg

どこまでもバカだ。

忙しくなる前に、先にご飯を食べようと、昨日と同じ12S$のどんぶり屋でご飯。チキンカレー。味はまあまあだけど、どう考えても2S$の質と量だ。でも仕方がない。

昨日と同じ様に川沿いでのんびりして、
d0081889_13521496.jpg

Alwinがすごくいい感じに撮ってくれたんだけど、妖怪アンテナがたってるよ。

で、再び席に戻り、ドライバーパレードを見学。
Vettel♥
d0081889_13521545.jpg

にわか時込みだが、私はVettelのFunになりました。というか、Red Bull以外選べない。笑
d0081889_135218100.jpg


そして始まる本戦。とにかく61周なのね??と観戦だけど、すごいよVette、素人から見てもしょっぱなから独壇場だった。途中でシューマッハのクラッシュでSafty Carが出るけど、もう見てて全然安心だった。

ラスト辺りでは周遅れの車が列を作ってしまって、その後ろについたせいで、後ろから来るバトンとの差が縮まって抜かされるんじゃないかと思ったけど、全然余裕だった。
すごいなあ。


こんなになにもF1のことを知らない私も楽しめたF1!
是非鈴鹿に続きたいとこだが、絶対無理。テレビで楽しみます。

終わった後はサーキットを歩けるのでマリーナエリアでやってるLinkin Parkのコンサートへ向かう。
d0081889_1352355.jpg

d0081889_13522742.jpg


(多分)シューマッハがクラッシュした現場。
d0081889_13522034.jpg


(実は私はLinkin Parkはしらなかったが、もちろんAlwinは知っていた。ああ、ジェネレーションギャップ。)しっかし、旬のグループ。たどり着くもはるーか遠ーく。Boy George とは会場も規模も違った。
しかし、歌聞いたら知ってたので、ああこの人達なのかと言う私のレベル 笑

ああ、でも楽しかったシンガポール。
d0081889_13522313.jpg

d0081889_13522634.jpg


帰りの飛行機で一緒になった友人の彼女のタイ人は「退屈だった。食事も高いし、全然楽しくなかったわ」なんて言ってたけど、私は十分楽しかったよ。だってあなた絶叫マシーンのってないでしょ??笑

私は何が良かったって、タクシーが安全運転だったこと、道路の交通マナーが素晴らしく良かったこと。ぼったくりがいなかったこと、ほぼ英語が通じたこと。なのよりもキレイ。

いや、また機会があったら、是非来たいですわ。

そして次のブログは飛行機落ちなければ多分インチョンから...。
飛行機....。ぶるぶる。怖いよう。

そしてチョビ。一か月Alwinとちゃんとお留守番で着るだろうか。うーん心配はつきない。
取りあえず、今から犬の散歩に行ってきます。
にほんブログ村 マリンスポーツブログ ダイビングへ
にほんブログ村
にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ
にほんブログ村
[PR]
by papaya_mango | 2011-10-02 18:55 | その他 旅行記
d0081889_100396.jpg

おととい、「んではシンガポール旅行の続きでもあげるべか。」と思い、エキサイトの投稿画面にしたとこで仕事の電話...。そこで心が折れ、そのままベッドへ行った私。

いい天気だったんだけどねーーー。渦巻く水中で透明度3だったよ。
お客さん、AllMy器の香港チャイニーズで、それもプライベートガイドだったんだけど、カメラもG-11でカシャーンとカニが威嚇するようなライトつけて(要はでかい)張り切って来てくれたんだけど、(本数100本超えてる)いかんせん中性浮力が...。というかこのコンデションで、両手をデカカメラに奪われ、コントロールがとれずに、潜行は出来ないわ。空気は抜けないわで、それで被写体見つけたらこっち見ないわで大変だった。激流の中、たった一人なのに5人ガイドしたのと同じ疲労感だった。

しかしこれでローシーズン潜り納めで来ました。最後のコドクマイ、大波と洗濯機。
ハイシーズンもこれが繰り返されるのかと思うと、本当にぞっとするけど、これしか仕事ないんだもん。

取りあえず明日の深夜、ここを出ます。
アヤコさんに空港まで送ってもらえる様におねだりしちゃいました。(いつもありがとうございます!!)

んでシンガポール滞在4日目!
前日にクラークキーで、パンを買っておいた私たちは朝はのんびりとして、(というか、KaonoiさんがAlwinにおもちゃを与えてしまったので、外から帰って来たらWii、寝る前にwii、朝起きたらwii。と言う状態だった。んで、ソフト日本語なんで「これなんて書いてあるの?」を5分おきに繰り返す...。こっちはのんびり本も読めやしない。)昼前に出かける。

予選の開始はたしか夜7時くらいだったんで、早くても4時か5時くらいに行けばいいんじゃないかと思ったけど、「いや、2時にはつかないと。」と言うので、それに合わせて行動することに。
先ずは、初日、kaonoi両替所にて換金500S$が昨日の夕食で100S$飛んでったことにより、のこり今日を入れて3日過ごすのが危うくなって来た為、(ユニバーサルでのお土産は全て私がクレジットカードで払った。だってこの人カード持ってないもん。タイガーエアーも私のクレジットカードで。)取りあえず両替しにオーチャードへ向かう。
オーチャードLucky Plazaにて両替するも、どこも1ドル21Bだ。(ひどいとこは20B)Kaonoi銀行の両替率が大変よろしかったため、(本当にありがとうございます!)本当にぐるぐる回って、最後のとこでAlwinが「向こうの両替所で22Bで両替してくれるけど、ここはいくらだ?」と聞いたら、「22Bでいい」と言ってくれたので、そこで両替。こういうときにつくづく「この人オランダ人だなあ」と思う。

その後の予定は「リトル インディアに行こう」オーチャードから徒歩で行けないこともなさそうだけど、今日も絶好のいい天気。こんな中歩いたら溶けるかもしれないのでリトルインディアに乗り継ぎの出来る駅まで歩くことにした。Dhoby Ghaut駅。しかし、Luck Plazaからやはり結構な距離が...。途中でどうにも喉が乾いたので、その辺のショッピングモールへ。そうしたらMosバーガー発見。私はまあ、来月から行きたいときにモスへ行けるのでそん何だったっけど、Alwin大喜びで「お昼はここでいい!!」とお昼は照り焼きバーガー。
d0081889_9592389.jpg

ちなみに最終日、Kaonoi宅から歩いてすぐのショッピングモールでもモス食べた。

で、到着リトルインディア。
駅構内からすでに立ちこめるカレーの匂い。
すごく大昔、リトルインディアの中にも「歩きかた」にものってた大きなホーカーズがあったはずなんだけど、(そこで知り合ったチャイ屋のおいちゃんと、その後数年間交流があった。)もう名前も分からずで後、リトルインディアにしてもただ「リトルインディア」と言う地名だけで来たので、どこに何があるのか分からない。
d0081889_9593153.jpg

取りあえずだらだらあるいてつかれて(それでもお寺は一つ見つけた。)「もう帰りたい」になった私。
やはり観光なら、ちゃんと下調べしないと行けないね。リトルインディアもきっと面白い場所があったはずだ。ここでも地図を読まない男が闇雲に歩いてよけい遠回りになったと言う経緯があったことだけ記録しておく。
憧れるなあ。「俺に任せておけ」なーんて、彼女は安心して彼氏の後ろをついてくの。

で、もうやることなくなったので、「それじゃあもう会場に行くか」と、Gate1の最寄り駅、ニコールキッドマン、じゃないニコールハイウエィに向かう。時間にして1時半...。
会場は...
d0081889_9593224.jpg

早すぎてしまってた。いたのは一組の日本人カップルと、イギリス人の男の人1人だけ。
あくのは3時からと言われ途方に暮れる。駅の周辺はナーーーンもないし、またMRT乗って、どこかさまようのも面倒くさいし、時間が中途半端。やること何もなく、ただゲートの前に直座りしてひたすら待つことに。

んで待つこと1時間半。人も大分集まって来たけど、ゲートオープンと供に会場入り。

今回チケットをくれたのが、Red Bullの人なので、まあせっかく日本に帰るんだから、甥っ子達のお土産はF1Goodsにしようなんて決めていた私。入ったとこに各マシンのブースがあって、(メジャーで人気があるのはやはりフェラーリ)Red Bull見にいったけど、T シャツ1枚70S$、キャップ60S$...。ごめん、買ってあげられない 泣

でも初めてのF1会場ににわかに盛り上がる私たち。
d0081889_9593314.jpg

d0081889_9593849.jpg


食べ物、飲み物持ち込み禁止なので、当然会場内で買うことになるけど、当然会場内は高かった。
ボトルの(砂糖入り)緑茶1本4S$。しかし欲しいので買って飲んだ。

時間はまだたくさんあるので、レース開催期間、チケット持参者にはただになるシンガポールフライヤーに乗ることに。
d0081889_9593975.jpg

川沿い?を歩いて行けるので、近かった。
そして全然並ばずにIn。
d0081889_9594215.jpg

景色はとてもいい...が、この人。
d0081889_9594228.jpg

この場所から一歩も動けない。そうなのよ。高閉所恐怖症のあなた。
私がいくら「すごいいい眺めだよ!!」と誘うも、決して動かない。
d0081889_9594078.jpg

そして観覧車はおおよそTOPへ。
d0081889_9594641.jpg

「明日も乗る?」と聞いたら「絶対乗らない」と言われた。
時間にして4時半近く。ちょうど、違うレースが始まる前だった。
d0081889_9595234.jpg

↑この車をF1だと思っちゃった私は、一体どこまで知識がないんだと言う話。

で、5時くらいに開場に到着したAlwinのお客さんと合流して、その人のおごりで12S$のご飯食べて、レース観戦。でもまだ最初は上の写真の車のレース。
んで7時くらいからF1の練習が始まり、初めての轟音にこりまたびっくり。(あらかじめ耳栓買っておいた。)練習が終わって、予選は10時から。今日の会場の予定は8時30分になーんとBoy Georgeのコンサートと、11時からShakiraのコンサートがある。けれど予定変更でShakiraも8時半。知名度Boy georgeは高いけれど、今はShakiraの方が見たい人もおおいだろう。
Boy Georgeの会場はGate1よりで近いのだが、Shrakiraはマリーナベイ方面と歩いて行くには果てしなく遠い。なので、うちらはBoy Georgeへ。

Boy george...カルチャークラブ。80年代に青春時代だった人は絶対しってるだろう。
カーマカメレオンがはやった時、私は中学3年生だった。いつも友人達と「カーマカマカマ...」と歌っていたよ。しかし80年代に生まれたキリンさん。あんまし知らない。
ああ、ジェネレーションギャップ。
そして出て来たBoy george くん...。(当時私たちは彼をそう読んでいた。ちなみにヨーロッパのヴォーカルはJoyくん、デッドオアアライブはピート君...ああ懐かしい。)時の流れは時にとっても残酷です。
d0081889_9595347.jpg

美輪明宏????
それでも久しぶりに聞いた、そして初めて聞いた生「カーマはご機嫌斜め」←どんな邦題だ?!
雑音だらけですが、見たい人だけ見てください。そして声も違うんだよなあ。ひょっとしてこれなんかののど自慢大会だったのかも。

これ、You Tubeで普通に一般公開にしちゃったんで、あげた後、えらい勢いで非難(?)のコメントが殺到した。しかし全部英語なので読んでません。爆

でも普通に懐かしい曲を数曲聞けて、私は良かった。
そして今現在再びカーマカメレオンがとぐろを巻く。Alwinも影響受けちゃって、ふと口ずさむ「カーマカマカマ...」もう狂いそうだ 笑

ちなみに、その場の雰囲気に弱い私はなやんでなやんで買ってしまった。
d0081889_9593178.jpg

Red Bullのキャップ。せこいが、この使った帽子を父へのお土産にすることに。
これで私はにわかred Bullサポーター!
d0081889_9592792.jpg

予選もすごい爆音で、そしてなんとk Kobayashi(小林カムイだけは知ってた。日本人だもの。)のクラッシュもリアルにしって、ここでVettelってステキ...。
と乙女心がときめいた。

楽しかったーーー。そしてもっと勉強しとけば良かったF1!
明日の決勝も楽しむぞ!
にほんブログ村 マリンスポーツブログ ダイビングへ
にほんブログ村
にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ
にほんブログ村
[PR]
by papaya_mango | 2011-10-01 11:52 | その他 旅行記
旅行記の続きの前に、今日私にとっても大切な友人であるAndrew Fortuneの訃報を知りました。つい数ヶ月前にPierで「ひさしぶり!いつPhuketに戻って来たの?」「数日でまたPHIPHIに戻るんだよ」と話したのが、彼との最後の会話になるとは、そのときは夢にも思わなかった。Andy、どうぞ安らかにお眠りください。ちょっと最近海が荒れてるから、眠るのもうるさいかもしれないけど。

で、ここからシンガポール滞在3日目。
今日は一日かけてユニバーサルスタジオSingaporeに!

ただ、私の足が昨日一日サンダルで歩いたので、すねがめちゃくちゃ痛い。歩くのが本当にツライくらい痛いので今日はスニーカーで。

MRTでハーバーフロントまで行き、そこから(私が)ネットで調べたら、モノレールが出てるので、(メモってないので案内版なんかで駅からすぐ行けると思ってた)探すも、案内板はケーブルカー乗り場はこちらみたいなのばかりだった。
Alwinは「モノレールだよ。こっちこっち」と言うけど、いや、絶対モノレールじゃないよ。これ、ケーブル乗り場だよ。で、無駄に歩いたところで「いや、誰かに聞いてみて。」と、彼にいい、売店のお姉ちゃんに「どうやってユニバーサルに行けばいい?」と聞いたら、セントーサエクスプレスというモノレールがあるのでそれで行くのが一番近い。と教えてもらった。場所は真逆方向だった。

無事にモノレールに乗り、一つ目の駅で降りる。
うわーい。ユニバーサルだ!このモニュメントを見ただけで、すごーくわくわくするよ。
d0081889_1573060.jpg

私実はU.S.Jは一度も行ったことがない。
もう10年以上も前に、くんべと友人YUMIちゃんとJAMAICA 旅行の際のトランジットでロスに数日滞在して、そんときにカリフォルニアのユニバーサルに行ったきりだ。(こりは自慢か??)4月下旬の寒い日じゃった...。JAMAICA帰りだったんで、夏服しかなくてブルブル震えてアトラクションをまわり、寒さに負けたYUMIちゃんはたっかいユニバーサルジャケットだったか、パーカーを買ってしまったという記憶がある。

しかしここはシンガポーレ!逆に暑さにやられない様にしないと行けない。
土日、祝日、祝日前日は72S$だけど、今日は金曜日なので66S$。チケット買うのに少し並んだけど、こんなのT.D.LやU.S.Jの比ではない。

入ってすぐにカンフーパンダがいて、一緒に写真撮りたかったけど、ちょうど休憩時間前で 笑 また後でと言われて、結局それきりになった。

どうまわるか?で、基本的に時計回りにまわることに。
最初はマダガスカル。
d0081889_1573357.jpg

私はマダガスカルのCool ペンギンのめちゃくちゃFUNなのよ。
2の「welcome, penguin air」と言うとこが大好き。それも全然並ばずに最初のアトラクション「クレーとアドベンチャー」に乗る。いやあ、楽しい。つーかかわいい。2時間も並んでこのアトラクションだと、正直、がっかりするかもだけど、並ばずに観るアトラクションでは十分だ。

その後はシュレック エリアに。
d0081889_1573869.jpg

さて、どちらがシュレックでしょうか?
先ずはジェットコースター。これも並ばずにすぐ乗れる。イメージというか、規模は浅草花屋敷の日本最古のジェットコースーターの様 笑

その後はシュレック4Dシアターへ。うーん、これも待ち時間なし。
物語が移動して、座席に座るんだけど、前の椅子に小さな穴があいてて、お決まりだが、そこから水が飛んでくる 笑
これも十分楽しめた。ジンジャークッキー。かわいいなあ。
d0081889_1573426.jpg


その後はLost Worldへ。
ちょうどWater Worldのアトラクションが始まるとこだったので(アメリカでも観た)観る。
記憶少ないけど、10年前のは水が飛んで来て、それなりに迫力があって楽しかった記憶があるけど、
10年以上たった今、この水掛けが、すごくエスカレートしていて、なんだろう、ソンクランに匹敵する容赦のない水攻め状態で、なんだろう、私的には「やりすぎ」感が拭えなかったよ。

その後はジュラシックパークへ。ローラーコースター的なアトラクションに並ぶけど、ここに来て初めて並んだ。それも20分。並ぶとこにはV.I.P用のレーンもあって、並ぶのがいやな人達はそのチケットでスルーするんだけど、なんか、余分な金払うまでもないような混雑状況だった。私が行ったときは。特にV.I.Pチケットは300S$近くもするのよ。ここにこれまで払うか???と言う値段にびっくりだ。
アメリカのジュラシックパークのコースターは楽しかった。最後に濡れた記憶があるけど、あのアトラクションはいい思い出だったけど、ここのは20分並んでシュレックのと匹敵する(と言うことは花屋敷的な)ナルイ感じのアトラクションで、終わった後、(なんでこんなのにみんなこんなに並んでたんだ???これだったら、シュレックの方が楽しかった)と思わざるを得なかった。要は心理現象で、みなが並んだからみな並んで、列が出来た...。というわけか。

おつぎはエジプト。「ハムナプトラ」
ここから先のアトラクションは全て荷物をコインロッカーに預けないと行けない。
なので入り口で先ず止められて、その後コインロッカーまで戻らないと行けないので、知らない人達がみな喰う二度手間 笑
これは面白かった!並ぶの5分だったし、暗闇の中びゅんびゅん行って、ちなみに2回乗った。
ちなみにこのアトラクションの後、私髪の毛をクリップで留めてたんだが、(日本製の1500円もした奴)終わった後、とっくにどこかに飛んでってた...。

そのままお次はSci Fi Cityへ。もうめちゃくちゃ甥っ子を連れて来てあげたいくらい楽しんだ。
d0081889_1574577.jpg

バトルシティー ギャラクティカ。
赤のレーンの方はトレイン式だけど、青の方はブランコみたいになってる。なので当然、青の方が怖い。これも、全く待ち時間ないので乗った乗った。三半規管おかしくなるまで。 笑

終わった後、それでもキリンさんは「富士急の方が迫力あるよね。」と。
でも長いことタイに住んでる私たちには十分なスリルと迫力だ。

なんでこんな楽しいアトラクションが、こんなに人が少ないんだ?(それも乗ってくるのはファランばかり)と思ったけど、多分、大半のアジア人(日本人を除く)特に東南アジア人。こういう乗り物になれてないんじゃないだろうか。プーケット人のレベルはWat chalong Festivalの手動のローラーコースターだもの。笑。
そんなのしか知らない人がいきなりこれ乗ったら、そりゃ失神するかもね。F1のせいかもだけど、ユニバーサルでもたくさんタイ人を見かけた。「クウワー」とか言ってるからすぐに分かる。タイ人、あんなにスピード狂なのに、ぐるぐる回る系はだめなんだろうなあ。

で、このギャラクティカ、何とキリンさんに身長制限が!!笑
身長183センチ以上の人は4列あるシートのうち外側の席に座っちゃ行けないんだって。振りたくられて体が伸びて鉄柱にあたってしまうのだろうか。なので、こんなスタンプを押される。
d0081889_157502.jpg

なので、これ乗るときはいつも私が外側だった。

基本お土産は何も買わない私たち。(ケチ以外何者でもない)
思い出は写真で。笑
d0081889_1573862.jpg

似合うなあ。
d0081889_1574950.jpg

結局11時に入って、2周まわっても時間はまだ4時半。3周目はさすがにないな。と言う訳で、一日、十分楽しめました。
私のユニバーサル シンガポールの総評は◎。ただし、この規模で、もしどのアトラクションも待ち時間30分以上だったら、評価はかなり下がってるだろう。

その後、外に出て、ちょっとだけまわって、
d0081889_1575077.jpg

夕食はクラークキーで。

Alwinが川沿いで夕食したい!と言うけど、きっとどこも高いよ。
でもせっかくなので1件の日本の居酒屋へ。
d0081889_1575260.jpg

ビール2杯X2人と、つまみで(手羽、つくね、ネギマ、明太子、マグロサラダ)で、100S$飛んでった...。

基本お土産は買わない私だけど、つい買ってしまったお土産自分たち用。
d0081889_1575419.jpg


にほんブログ村 マリンスポーツブログ ダイビングへ
にほんブログ村
にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ
にほんブログ村
[PR]
by papaya_mango | 2011-09-28 16:59 | その他 旅行記
そして今はプーケット...。
帰って来たとたんの大嵐。シンガポールはあんなに穏やかだったのに。同じ東南アジアなのに、この違いって...。昨日チャンギ空港ですでに今日の仕事の電話があったんだけど、さすがに8時に帰って即仕事と言う気になれず、今日は雨の中Off。

チョビはホテル滞在中、驚く程いい子だったらしい。そしてその反動が...。(これはまた後ほど)

で、行ってきましたシンガポーレ!!(どうしてもつづり通りに読んでしまう)
事の起こりはオタ君たちが来る直前の木曜日。
Alwinのお客さんでRed Bullの人がいて、この人がこれまたPhuketが好きで、しょっちゅう遊びに来てくれてる。このときも、シンガポールでMeetingがあるついでにPhuketに来てて、そんときに「F1GPシンガポールのチケットがあるけど、欲しいか??」と聞いて来て、もちろん彼は即OK。

で、いきなり行くことになったのだ。

しかし問題が。うちらF1全然興味がない。(爆)
身近な友人がF1大好きで、たまーにBarで彼らと見ながら飲んでるけど、全くルール分からずなうちら。しかーし、めちゃめちゃうらやましがられると、嬉しくなる性格なので(悪)気分はめちゃめちゃいい。それもその席は1人約30000THBの席×3日分!!!すげー、こんないい席をポイッとくれる人がいるんだ。

行くことは決めた。では、取りあえず、シンガポールでどう行動するか、先ずはこの方にお伺いを立ててみる。

即答で返事をもらい、まずはGP期間はどこのホテルもバカみたいに高騰するので、安いとこ探すのは難しいとのこと。(ちなみにGP終了が日曜日の深夜なので、帰国は当然翌日なんだけど、Air Asiaはこの日だけはSIN-HKT間が約5000Bと、ダブルプライスだった。(普段は1400Bくらい))
なので、本当にありがたいことに、自宅に招待してくださった。
ただ条件があって、Kaonoiさん、22日から何とバンコク出張で、その間は自由にご自宅を使っていいことと、ただしその前に鍵や場所を知ってもらいたいので、21日にはシンガポール入りしてほしいことが条件。
行きますわよ。21日に!!と言う訳で私たちの5泊6日のシンガポール旅行が急遽決まった。

ここで犠牲???になったのはオタ君...。即連絡したら、「こんないい話はないからいっといで」と言ってくれて、そのかわり、ダイビングは嵐の月曜日を除く他の日は、Hiroさんにお願いすることとなった。逆にHiroさんのガイドなんて私が羨ましかったりして...。

考えてみたら、9月末にオタ君たちが来るから日本帰国をしなかったのに、結局迷惑かけちゃったね。ごめんね。

で、飛行機はTiger Air 。初めて乗る。
ネットBookingだけど、こんときにAlwin自分の名前を一文字忘れて登録。
彼の名前は
Alwin Mathiji Jongkindと言うのだが、このミドルネームのMathiji の最後のiを入れる忘れちゃったのだ。もちろんサービスセンターにすぐ訂正の電話をしたんだけど、1時間待ってもいっこうにつながらない。なのでそのまま気がつかないフリして行くことにした。...結果。
誰も分からなかった。

Kaonoiさんによると、Tiger AirはチャンギでもBudgetターミナルからの発着になるので、雰囲気がめちゃくちゃ地方空港のようだけど驚かないでね。と言うことだった。

本当に地方空港みたいで、驚いた。

Kaonoiさんと空港で落ち合い、(それも、私たちの為にわざわざ有休を取ってくださってた。もう恐縮の極みだ)そのままランチへGo!
ランチは「バクテー」レストラン。バクテーと言えば1年前にコタバルでレックさんと食べたんだが、何とも印象の残らないものだったことだけは記憶しているが、さすが在住者の行くバクテー屋。おいしい!!!!めちゃくちゃおいしかった!(後日Alwinとクラーク キーに来て、Kaonoiさんが連れて来てくれた場所がクラークキーだったのかと言うことが分かる)

で、ご自宅に到着。すごく閑静な場所にある高層マンションと言う印象。景色もいいし、何よりも静かでいい。
プールもあったのでそこで泳ぐ!と毎日言っていたけど、結局果たせず。

夕方からオーチャードに出かけ、この日の夕食はこれまたわざわざ予約しないと入れない日本食のお店へ連れて行ってもらった。
d0081889_13365288.jpg

ビールはサッポロだよ!!
d0081889_13365214.jpg

d0081889_13365852.jpg

d0081889_13365877.jpg

写真だけ見てるとここは本当にシンガポールか??と言う感じだけど、刺身がうまくてガッツリ食べてkaonoiさんの分が無くなった... 汗 一番危険なものがそれも私の目の前におかれたんで、歯止めが効かんかった 笑
男衆は途中から日本酒に切り替えたけど、私はずっといい感じでBeerだった。

んで、翌日、Kaonoiさんは「朝7時頃に仕事に出るので、寝てていいですよ」とおっしゃったが、それでも7時前に起きてお見送りをしようとしたら、もういなかった!早すぎます!!部屋のドアーが開く音がしてから、5分くらいで出ていったんだけど、そのままストレートで出て行かれてしまった 笑

んで2日目。取りあえず観光しましょう。しかし天気は雨。

9時くらいから外に出て、取りあえずMRTへ。観光の最初と言えばベタにマーライオンじゃないかと言う訳でマーライオンパークへ。
Ruffles Place駅から向かうんだけど、くしくもF1コースになってるので、うーーーーんと遠回りして20分くらいかけて到着。
d0081889_13365959.jpg

思えばもう10年以上前にモルディブ旅行の際に1日だけ立ち寄ってたシンガポール。遠くからマーライオンを見た記憶だけがある。がっかり名所だという印象だったけど、景色はいいし(雨が残念だけど)少なくとも、パンガーのジェームズボンド島よりはがっかり率は少ないんじゃあ。
d0081889_1337762.jpg

で、次はどこに行こうか?となって、シンガポールナショナルミュージアムへ向かうことに。
歩いて行けるだろうと歩き出したのが間違いだった。
だから全部道規制中なんだってば。そしてどんどん強くなって行く雨。そんな中をとぼとぼ歩く私たち、もう一つの失敗が雨だったんで、スニーカーやめてサンダルにしたんだけど、このサンダルがペナンで買った20リンギットの安サンダル...。足が痛くならない訳がない。それもいつも地図を開いて場所を確認するのも、道を誰かに聞くのも私で、キリンさん、ずんずん歩いて行っちゃうのだ。普通は男の仕事だろう。んで途中で「ここはどこだ?どうやって行く??どのくらい歩く??」と私に聞いてくる。私は雨と、足の痛さと、地図を読まない男のせいでイライラMAXだ。
結局ミュージアム到着はマーライオンパークから約1時間半の12時近く。2時にはF1のチケットを受け取りにオーチャードに行かないと行けない。
ミュージアムの中は冷房が効いてて、雨でずぶぬれの私は寒くて仕方がなかった。
約1時間で駆け足でミュージアムを見学し、さすがにオーチャードまでもう歩きたくない!!ので、ここからMRTに乗って、オーチャードへ。ミュージアムでたらようやく雨もあがってくれた。

ギリギリ2時に約束の場所で落ち合い、チケットをもらう。
3日分あったんだけど、初日は練習なので、まあいいかと2日目と3日目のチケットをもらった。

その後は(もう3時だったんだけど)おなかすいたのでお昼ご飯を探す。
朝は家のそばの店(名前はふーちゃん。親しみがある)コピと肉まん食べただけだった。
しかしお昼ご飯にしても、なにも情報がないんで、Alwinが「ここでいい」と言って入ったショッピングモールのすごく適当なヌードル屋に入ったら、すごく適当な味で、マジにがっかりした。だったら、もうちょっと歩いて日本のラーメン屋に入りたかった。がっかり。まずい飯を食べて、なおさら私は不機嫌になる。この人は自分で調べないくせに、私がレストラン街で「ここはまずそうだよ」と言って入るのを躊躇すると、すごいイライラするのだ。「じゃあどうするんだ!」とか言って。
そうだよ。オランダ人は食に対してそんなに執着がない。この辺がしょっちゅう私と彼との間に生じる温度差なんだけど。

その後はオーチャードをふらふら歩いて、Lucky Plazaで(どうせならここのFood Coatに入れば良かった)ベタなお土産を買い、トイレに入った高級デパートの一角で見つけたケーキ屋...。
d0081889_1337737.jpg

Alwinが何と言おうと、高かろうと、入りました。一口サイズのケーキ一つ約2S$で私は2つ選んで(普段オペラなんて選ばないのに、こんときは選んでしまった)Alwinはブルーベリーチーズムース約6S$)でカプチーノとエスプレッソで簡単に20S$以上飛んでしまった。しかしいいのだ。私の機嫌が直ったから。それにおいしかったし。何よりも生クリーム♥

夜からはナイトサファリに出かけましょうと言うことになってたので、交通手段をどうするかと言うことに。MRTで行ってまた歩くのかそれともTAXIか。
トラベルエージェントで(私が)聞いたら、ナイトサファリ行きのバスが4S$で出るので、それで行くのが一番いいですよ。と親切に教えてもらった。6時12分にマンダリンホテルの前のバス停に来るからそこから乗ると近いです。と教えてもらったので、その通りにバスに乗ってナイトサファリへ。

ナイトサファリ。正直面白かった。規模は小さいんだけど、手頃に動物が見れる。比べちゃあ行けないんだが、プーケットファンタシーよりゃ全然面白い。
お土産は買わなかったが、これは気に入った。
d0081889_1337320.jpg

キリンさんがキリンをかぶる。の図。

帰りももう面倒くさかったのでそのままタクシーで自宅へ。約12S$。

こうしてシンガポール滞在2日目も終了。

明日はユニバーサルだ!
にほんブログ村 マリンスポーツブログ ダイビングへ
にほんブログ村
にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ
にほんブログ村
[PR]
by papaya_mango | 2011-09-27 14:30 | その他 旅行記

JAMAICA旅行記

さて、今日もさりとてネタがないので、大昔に作ってたHP、「南の島で暮らしたい!!」(ブログと同タイトル)に掲載したJAMAICA旅行記を載せます。
結構いっぱい旅行記を載せてたし、やはり自分自身の記録なので、こちらのブログにちょいちょい移したら、無駄に残ってるこのHP、閉じようと思います。(パレ夫さん、長いこと恥ずかしい写真を放置したままでごめんだよ。)

旅行記はとにかく情報は古いので、参考にはならないと思うけど、こんな時代に、こんな風に旅してたのね。と読んでくれたらいいなあ。と思います。
**************************************************************

 ジャマイカへ行ったのは、1999年の4月。なぜJAMAICA?なのですが、友人に、
「一度CLUB MEDから離れてみたら?」
と言われて、ならどこに行こう。と考え、カンクンやバハマにはCLUB MEDあるしなア。
ならいっそのこと、MEDのないトコならいいかなあ。と、思って。で、JAMAICA。
 ジャマイカに関する私の知識と言ったら、BOB MARLEYの生まれたところ。REGGAEのくに。ぐらいかな。
私は名古屋の(いや、三河の)人なので、名古屋からジャマイカに行こうと思ったら、どうしてもアメリカで一泊しなければならなくて、同日入国したかったので、成田発にしました。

 私にとって、アメリカ・エリアは初体験。飛行機だってアジアのしか乗った事がないのよ。
だから、デルタ航空のエコノミーにもかかわらず、シートもアメリカ・サイズなのが嬉しかった。
でも、日付上は同日でも、実際は1日半くらいかかってるわけだから、飛行機嫌いの私にとって、確かに疲れるフライトだった。
 マイアミの空港で、エア・ジャマイカのカウンターを探したけど、なかなか見つからない。
「どこどこ?」
なんて歩いていくと、はるか前方に、ピンクや黄色、青のストライプ柄のドハデなカウンターが見えてきて、
(まさか。)と思い近付くと、やはりそこがエアージャマイカのカウンターだった。
どう見ても、他航空会社のカウンターと比べ、浮きまくっている。
d0081889_15425888.jpg

このとき、一抹の不安を覚えつつも、ボーディングに替え、一路、ジャマイカ、モンテゴベイへ!!。
 しかし、ドハデなカウンターなら、飛行機もドハデで、乗客も、なかなかイカレていた。
私たちの前のシートに座っていた女の子3人組が、何がおかしいのか、飛行機中響き渡る声でなにか話しながら、大声で笑っていた。
本とに、何がおかしいのかとにかくひっくり返ったアヒルのような大笑い。
終いにゃ、こっちも、その声でつられて笑えてしまった。
 しばらくすると、機長からのアナウンスが入り、流石JAMAICAN。機長もイカ(レ)していた。
多分、訳すと、こう言っていたに違いない。
「ヘイ 乗客の諸君快適なフライトかい?僕は機長のクレイグだ。みんな知ってるとうり、今年はエアージャマイカが竣工して、30周年だよ。それを記念して、みんなの中から一人、BIGなプレゼントを贈ろうじゃないか!さあ、みんな座席シートのナンバーを見てくれ!!今から僕の言うNOが、LUCKYな当選者だ!!」
この間、乗客の間からは、(特に例の3人組は)まるでコンサートのようなノリで大盛り上がり。
結果、そのひっくり返ったアヒル声のおねイちゃんが見事当選して、よりいっそう盛り上がった事は、言うまでもない。
 現地時間の11時ごろ、モンテゴベイに着き、今回お世話になる、アイランドツアーのMEGUMIさんと合流する。
 会って1番、彼女の口から、
「実はねえ、今日から、スゴイ大規模な暴動が始まっちゃって、タウンなんか危険で通れないんですよ。
明日は、どういう状態になるかわかんないけど、危険だから、ホテルから絶対出ないで下さいね。」
 なんだってー?そんなこと言われちゃっても、困るじゃんか!
一抹の不安は、この事を予期していたのか??
とりあえず、ホテルへと向かう。
 私たちが選んだのは、どうせ夜着いて一泊するだけのホテルだから、なるべく安いホテルをと、頼んでいたホテル、モンテゴベイクラブ。
キッチン付のスタンダードルームは、冷蔵庫からカメムシが出現し、バルコニーは鍵のかからない、オイオイ暴動のジャマイカン入ってきたらどーすんのよ!?という、虫だらけの、私にはTHAIで泊ったバンガローを思い出させるホテルだった。

 次の日、暴動は、さらにエスカレートしていた。
小規模なデモは、結構あるみたいなんだけど、今回は、ガソリン税の急な値上げに怒ったジャマイカンが、ジャマイカ全土にわたって、ロード・ブロックや、ロード・オン・ザ・ファイヤーなどして、いたるところで、デモ行進をしているらしい。10年ジャマイカに住んでいる日本人も、こんな大きいのは初めて体験した。と言うくらい。
 とりあえず、今日から、ポートアントニオに移動するので空港へ。
 しかしダイヤは乱れに乱れていた。キャンセルになっている便も多く、国内線は、かなりの人でごった返していた。
 私たちのフライトは13:00。しかし、その時間になっても飛行機は出ず、出るのは、もっぱらネグリル行のみ。
カウンターデスクのおねイちゃんに、「いつ出るのか?」と訊いても、「NEXT。」と言うだけで、埒があかない。時間は刻々と過ぎていき、ついに5時。結局飛行機は飛ばず、私たちは、エア・ジャマイカが責任とって取ったモンテゴベイのホテルへと向かう。貴重な1日、なんと無駄にした事か。
 その日泊ったホテルも一泊目のホテルに毛が生えたレベルのホテルだった。

 翌日、9時に突然空港から迎えがくる。今日は、飛行機飛ぶみたいだから、来いというのだ。
空港に着く。昨日まるまる1日いた、あまりにも見慣れた待合所で、昨日散々見慣れたカウンターのおねイちゃんにつれられて、ようやく飛行機に乗った。
 ・・・国内線は、プロペラ機だった。
 約1時間のフライトで、ポートアントニオへ!!
↓空港です。ここ。そばには牛が放し飼い。
d0081889_15442773.jpg


Dragon Bay
 TAXIで、今回私たちが泊る、ドラゴン ベイへ向かう。途中、道路のあらゆる処にロードブロックの後があって、今回の暴動は、こんな田舎にまで広がってたんだア。と思いましたよ。
大抵、暴動は、首都、キングストンで始まり、影響あってもモンテゴベイぐらいだと聞いていたんだけど。
 空港から、ドラゴン ベイまで、車で約4-50分。チップを入れて$50くらいだったかな。 
ドラゴン ベイはトムクルーズ主演の映画「カクテル」の舞台になったホテル。
友人に裏切られたトム・クルーズ役の青年が、このホテルのバーで働いて、VACATIONに来ていた女の子と恋に落ちる映画ね。確か観に行ったわ。私。トム・クルーズのFANではないけど、なぜここを選んだかと言うと、今回、ジャマイカに来るに当たって、私が1番ガイドブックを読んで来たかった所が、ポートアントニオなの。賑やかな所よりも、ひっそりとして、ロコ達も客慣れしていなくて、静かな町。
で、その中でも、ドラゴン ベイはまさに隠れ家的な雰囲気があって選びました。
 うっそうとした緑の木々を通り抜けると、そのホテルは在りました。まさに隠れ家。
白い壁と、オレンジ色のレンガ屋根を基調とした、無茶苦茶素敵なコロニアルなホテル。
山の起伏を利用した敷地に、ビラが広がっている。
スタッフも皆、とてもフレンドリーで、親切でした。
 「こんな素敵なところ、昨日から来たかったよ!!」
着いて三日目、ようやく旅が動き出したカンジです。
 本当は、私達は女三人で2ベットルームビラを頼んでいたんだけど、昨日一日分キャンセルになっちゃったんで、特別に3ベットルームビラにしてくれたんです。
その部屋は、二階が出入り口になっていて、まず、入るとすぐにキッチンや冷蔵庫の付いた広いダイニングルームがあり、奥に、バス、トイレ、そしてトリプルサイズのベットルームがあり、
ダイニングから、階段で下に下りていくと、下にもバス、トイレ、そしてシングルサイズのベットが二つあり、私の旅人生最高の素敵な部屋でした。

このドラゴン ベイの裏手の海は、これまた有名な、ブルック・シールズ主演の「青い珊瑚礁」の舞台となった、Blue Lagoon。えーとね、確か、年頃になったシールズ役の少女がここで水浴びしてたら、生理が始まっちゃって、びっくりしたなあ。もう。というシーンで使った場所です。

 早速、水着に着替え、ビーチへ!ビーチには、欧米風のお年寄りがVACANCEに来ていて、ここでも日本人三人娘は目立ちました。ゲストは殆ど老夫婦。結構ぶしつけに人の事見やがんの。まるで、「こんなところにまで日本人が。」とでも言いたそう。
 で、隣の写真があの、舞台となったバー。
d0081889_15463959.jpg
そこにはもちろんトム・クルーズの姿は無かったが。

 JAMAICAと言えば、やはりカクテル。今回、このホテルでは、オールインクルーシブで取らなかったので、メシ食うのもカクテル飲むのにも金がかかりましたが、カクテルは、大体$5くらいです。

ここには、「TOM・CRUISE SPECIALS」というカクテルもあって、結構おいしかったです。
 ドラゴン ベイの食事は、ビュッフェ・スタイルで、一食$30ぐらいした割には品数少なくて、ちょっとがっかり。だったかな。私達の考えでは、メシは、その辺の屋台ででも食べようと思って、オールインクルーシブにしなかったんだけど、周りに屋台どころか、こんな山の奥地でメシ食いに行く手段が無かったのが失敗だった。その点、タイは良かったなあ。

 観光と言っても、そうたいしたところは無いです。ここは。私達はTAXIで、リーチ・フォールズに行きました。リーチ・フォールズは、まあ、その名の通り、滝です。「カクテル」の中で、TOM CRUISEと、恋人役がこの滝でいちゃいちゃHしてたシーンで使われた所。
透明度は高く、ボウフラが沸いてなければ、かなり綺麗なところ。

こんな、滝しかないところでも、入場料が必要だったのには少しむかついた。
 その次は、TAXIのおいちゃんに連れていってもらって、ロング・ビーチの小さなレストラン・バーで昼飯を食べました。ロング・ビーチは、波が無茶苦茶高かったんだけど、海は凄い綺麗でした。

何故かブラジル人夫婦の経営する、ジャマイカン・レストラン。
ジャマイカについて4日目。初めて「うまいー!!」と言えるメシだった。
ジャークチキンの味付けが、ドラゴン・ベイで食べたものより数倍うまかった。

 TAXIの中のラジオから、私の大好きなBOBの「IRON LION ZION」がかかり、おいちゃんと大合唱しながら、ブルー・ラグーンへ。もちろん、この中に入るのも金が要ります。海は、ふかーい緑色で、40分ぐらい泳いだりして遊びました。ブルーラグーンに行くと、ボートで観光しないか?と声をかけられるけど、私は絶対にお勧めしない。50分で$50と言われ、高いけど、3人で割ればまあいいか。と思って乗ったら、その辺をぐるっと回って、15分。お終い。まさか15分と50分を聞き間違えたのか??と、思ったけど、これにはかなり腹が立った。さんざん抗議したけど、挙句の果てに、それ+サービスチップをよこせとぬかしので、私の怒りは、最高頂に達した。$35しか出さず、それ以上は持ってない!!と、がんとして引かなかったら、
最後は向こうが折れてこの勝負は私が勝った。
しかし奴は捨て台詞に「MAISER」と舌打ちしたのを私は聞き逃さなかった。
にっこり笑って、「YAH MAN!!」(パトワ語で、ハイ、とかもちろんの意味)「JAPANESE IS MAISER.」
と、言ってやった。え?ケチなのは私だけか??

 ポートアントニオでののんびりとした雰囲気とは一転、モンテゴベイに帰ってきました。
帰ってくるなり、怪しいJAMAICANがニヤニヤ笑って「Japanese Japanese Ganja?」と近づいて来る。
ほんっっっとに鬱陶しい!!
 そしてそのまま今度は、オールインクルーシブの「COYABA」へ!!
COYABAも、なかなかどうして、素敵なホテルだった。
まだ、出来て数年と言うこのホテルも、白とオレンジを基調にした、こじんまりとしたかわいいホテル。
d0081889_15483129.jpg

それになんと言ってもオールインクルーシブだア!!食うぞ、飲むぞお!!

 ここのホテルのお薦めは、村上春樹も絶賛したと言うレストラン、ヴィニヤード。
フランス料理なんだけど、どのコースを食べてもうまい!!ましてや、オールインクルーシブの強み、どんな高いものを食べてもFREE!!
カクテルも、もう遠慮無く飲み放題で、まさに贅沢ヴァカンス。
 ほんとに、素敵なホテルなんだけど、ただひとつ、FRONTの対応がかなり悪いのがいかん。いかんのだよ。
FRONTに、サービスになっているマッサージの予約をしに行った時も、すごーく面度くさそうに対応するし、DRAGON BAYのSTAFFが、あまりにもフレンドリーだったので、余計に目につく鼻につく。
 ホテルのオールインクルーシブに含まれているサービスで、聞きたいことがあって行った時も、面度くさそうだし。1番腹が立ったのは、ここに泊る日本人が、そんなに英語がしゃべれないのかどうかは知らないけど、
英語なら、悪口言っても分からんと思うな!!
私だって、決して達者じゃないけど、悪口は雰囲気で分かるんだよ!!
 と、後で前出のMEGUMIさんにそれ言ったら、
「そんな事は、ここじゃしょっちゅうだよ。向こうが日本人馬鹿にした言い方したら、あたしなんかニガー!!って言っちゃうもん。」
(とっても不適切な表現のため、線で消してあるところはTVの禁止用語の「ピーッ。」です。ハイ。)
流石、女一人でJAMAICA住んでる人は違うな。

食べ物は、これだ!!っつーモンはないなあ。
ハンバーガーとか好きみたいですね。
大抵の人は、ホテルで、フランス料理とかになっちゃうんじゃないでしょうか。

ジャークチキン・ジャークバーグ・ジャークポーク
JAMAICAに来たら、やはりこれは食べないと!!
ま、これは、ジャークソースで漬けこんであれば、
チキンでも、ソーセージでも、同じなんだけど。
出来れば、これは、ホテルよりも外で食べた方のがおいしいと思う!!
ジャークソースはね、いろんなスパイスを混ぜて作った、ジャマイカ
の代表的なソースで、そのソースに、チキンとかを漬けけこみ、
ドラム缶を横半分にした網の上で、長時間じっくりと焼いたもの。
店によって、ジャークチキンの味も、独自の作り方があるから、
味も違うの。漬け合わせにはフライド・ポテトか、ライス&ピースを
選んで付けます。ライス&ピースは、見た目お赤飯。
ココナツミルクで炊いているそう。
アキ―
これも、名物料理かなあ??
アキ―と言う名の木の実を炒めたもの。熟れ過ぎは毒を持っている。
カリブ海の中でも、アキーの実を食べるのはジャマイカだけだそう。
味は…。憶えていない。
カクテル
JAMAICAに来たなら、やはりカクテル!!
大体ラム・ベースですね。
ホテルをオールインクルーシブで取れば、もうそりゃあなた、毎日毎日
飲み放題よ!!私のお薦めは、ピニャ・コラーダ!!
パイナップルジュースにココナツミルク、ホワイトラムを入れて
フローズンタイプのカクテル。私は、酒は断然辛口なんだけど、
これは、本と、おいしかった。
FARUで、ピニャ・コラーダ、もらって飲んだけど、味が違って、
がっかり。(もらって文句言うなっちゅ―の!!)
BEER
代表的なBEERと言ったら、レッド・ストライプ!!
何処のレストランでも、気軽に飲める。
私には、ちょっと軽すぎだけど、飲みやすいので、何本でもイケル。

 JAMAICAでの、メインの観光と言ったら、新婚旅行の1番人気のこの滝登りなんでしょうね。
行きました。1日かけて。
 本当は、キングストンのBOB MALREY MUSEUMに、すごーく、メチャメチャ行きたかったんだけど、暴動のおかげで、殆どホテルから外に出れない状態が続いてて、やっと取れたツアーがこれだけだった。
ダウンタウンで、本場のレゲエのライヴも見れず、なんか消化不良な今回の旅。
 ダンズ・リバーは200Mぐらいの段々になっている滝を、一番下から、手をつないで上まで上がっていくもの。なんで手をつないで上るのかは、分かりません。ただ、つなぐのは、必ずアベックで。
しかし、私達は、新婚でもなんでも無い女3人旅。男、女、男、女と手をつなぐところ、私達は女3人で手をつなぎ、(トホホ)登りました。最初、こ馬鹿にしていた滝登りも、結構流れの速いところや、滑りやすいところがあったりとなかなかスリル満点。ブレスレットとか付けてると、流される危険があるので、取っておいた方が良いと思います。後、かかと付きのビーサンも必要。水着はもちろん。
当たり前の事なんだけど、海に流れ出てる滝なんだけど、しょっぱくないです。
d0081889_15492473.gif


お土産を買う、と言っても、大抵の人はホテルか空港で済ましてしまうかも…。
私のときは、暴動の性もあって、気軽にタウンとかに行けなかったので、お土産は、やはりホテル、空港、そして、唯一行った、ダンズリバーの滝登りの際に寄った、クラフト・マーケットとオ―チョリオスにあるタジマハ―ル・ショッピングセンターぐらいでした。

後、買い物をする時、殆どはUS$でOKなので(TAXIとかも)JA$は、余り持たなくて良いと思います。
1999/4のレートです。おおよその参考になれば良いかと…。

タジマハ―ル・ショッピングセンター。
オプショナルツアーなんかで、ダンズリバーの滝登りに行くと、大抵は、ここによるのではないでしょうか。
私の失敗は、この時、タジマハ―ルによってから、クラフト・マーケットに寄ったのだけど、Tシャツとか、クラフト・マーケットの方が、
安く買えるかなあ。と、買わずに、後回しにしてしまったら、クラフト・マーケットに、その欲しいものがなかった事。
ここでの(JAMAICAでの)教訓は、買い物は後回し、と言う事が出来ないので、今、そこで見つけたものは、
必ずそこでGETしましょう。
ホテルや、空港でなら良いけど、やはり、外のほうが安いし。
こういった、ちゃんとしたショッピングセンターは、あまり値切る事は出来ないけど、ちゃんとしたお土産(新婚旅行とか用の)が買えます。
お薦めは、ブルーマウンテンコーヒー。ポートアントニオの裏手に広がるブルーマウンテン山脈。
そこで取れた100%のブルーマウンテンコーヒー豆は、ちゃんとしたお土産(ちゃんとしてないお土産があるわけじゃないけど)NO.1です。
その中でも、UCCが良いらしい。(アイランドツアーお薦め)
どうしてかと言うと、日本で、ブルーマウンテンコーヒーブレンドのコーヒー豆を買った場合、殆どは30%しか入ってないらしい。
100%のブルーマウンテンコーヒー豆を、日本で買おうとすると、かなり高いそうです。
コーヒーは、豆と粉とあって、麻袋に入ってます。2オンス(57g)5US$6オンス(170g)10US$ぐらいだったかな?
私はコーヒーはめちゃくちゃ好きなので、もちろんここで買っときました。
あと、お金に余裕があったら、ジャマイカン・アートの絵も、なかなか良いです。(私は余裕がなかった。)
Tシャツも、ちゃんとした人へのお土産だったら、ここのがBETTERでしょう。
なぜなら、クラフト・マーケットのTシャツは、殆どサイケな柄で、時には、何日も陽にさらされているので、結構汚れや、色あせとかあります。
ただ、こんなトコに来て、ブランドとか見る人は少ないと思うけど、コピー品も堂々と置いてあるので注意して。

クラフト・マーケット。
私が行ったところは、オーチョ・リオスのクラフト・マーケット。小さなお土産屋が、段々畑のように密集してます。

ここの人達は、かなりたくましい。

ここでのお薦めは、気軽な友達に気軽にあげれるエンピツ。エンピツにラスターカラーでペインティングしてあって、YEA MAN JAMAICAとか書いてあるの。
で、その先には、毛糸で作ったドレッドへヤーのかわいい顔が付いてて、ひとつひとつ表情が違うし、お店によっていろいろなので、自分の好みで良いものを選んで。
一本1US$ぐらいだった。ここでは、値切れるけど、THAIみたいに、物価が安い国ではないので、あまり、ムボーな値段は言わない方のがいいです。

タム。毛糸で編んである、ラスターカラーの帽子。これは自分用に買いました。
値段は覚えてないけど、3個も4個も買えなかったので、けっこうしたと思う。(15US$くらいしたかなあ?)
あとは、ストロー製品。綺麗に編み混まれたストロー素材のバスケットは欲しかったなあ。(買わなかった。)
それからここではなかったけど、BOB MARLYの子供サイズのTシャツを、友達が、チビTとして買っていたので、私も買いました。これはかなりおしゃれで、今年の夏も着ました

その他食べ物のお土産は、スーパーマーケットとかの方が、断然安いですね。これは、何処の国でも言える事。
そこに住んでる人が、生活のために利用しているんだから、基本的な値段で買えるから。
一泊目で泊った、モンテゴベイ・クラブは、中に、スーパーマーケットがあったので、そこで見ました。
ジャーク・ソース。これは日本じゃ、入手困難でしょう。このソース、この間、ジャークチキン作るぞ!!と、チャレンジしたけど、ソースをケチって使ったら、失敗した…。
ラム酒。そりゃ、代表的なお酒ですもの。
アキ―の缶詰。ジャマイカ名物だけど、どうやって食べるんだろう???

 今回の旅で、もし、勝ち、負けがあるとしたら、私は「負け」でした。
今までの旅のスタイルで、大抵は現地の人々と、ふかーい交流を持つ事が私の旅だったんだけど、
それがまったく無かったのがとても残念。
 今回、交流が持てたのは、ホテルのスタッフと、そして、土産売りのダラバンだけでした。
 ダラバンは、カヤックにお土産をつみ、ビーチ沿いのホテルに売りに来るJAMAICAN。
 桟橋で、昼寝をしていたら、海から何か近付いて来るのに気付き、最初はタウンにいる鬱陶しい土産売りかなあ。と思って警戒したんだけど、話してるうちに、ほんと、気の良い親父だと分かってからは、毎日桟橋で話をするのが日課となりました。
JAMAICA滞在最後の日には、夕方、またカヤックに乗ってCOYABAの桟橋まで来てくれて、プレゼントにラスターカラーのビーズのネックレスをくれた。
d0081889_15503651.jpg

 ビーズのネックレス。1年経った今もちゃんと付けてるよ。

ああ、もうこの旅も10年以上も前のこと。懐かしい思いと思いに、いい思い出だわ。

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ダイビングへ
にほんブログ村にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
問い合わせ、連絡先 fumifundiving@hotmail.co.jp
[PR]
by papaya_mango | 2010-06-10 16:04 | その他 旅行記

何が起きてもマイペンライな島プーケットから今日も海に陸に忙しく発信中 。


by papaya_mango