南の島で暮らしたい!!

xpapayax.exblog.jp

何が起きてもマイペンライな島プーケットから今日も海に陸に忙しく発信中 。

カテゴリ:MALTA滞在( 47 )

お気に入り~犬編~

日本に帰ってからのほうが、落ち着いてMALTAを思い出せるなあ。
つーか、MALTAじゃあNET CAFEでそれこそ時間の制約などで落ち着いてブログの更新できなかったから改めて今のんびりまとめることが出来ます。
よくMALTAは猫天国と私も認めていたけど、それでもかわいい犬も多い。しかし、野良犬はあまり見なかったなあ。みなすごくお行儀が良くて犬の散歩にしてもよその犬と喧嘩なんて見たことなかった。そこで、思いのままにと撮った犬写真を公開します。
d0081889_19153879.jpg

これ!この後姿からどれだけきりっとした犬かわかりますでしょうか?(くんべ撮)
d0081889_19172837.jpg

これは以前ブログに載せたDOGマン。(本名知らず)キャットマンは今でも見るが、本当にこの人どこに行っちゃったんだろう。犬の名前はオスカル。この子が本気でかわいかった!
d0081889_1919116.jpg

これもくんべ撮。イムデーナに行ったときに(野良っぽかったけど)この子達がのんびり寝ててカメラを向けたら「なになに?」と寄ってきた。私はもちろん血統書も好きだけどこの子みたいに茶色で鼻の周りが黒い子にめっぽう弱い。日本もこんな犬いっぱいいるよね。
d0081889_19211911.jpg

MALTAの夏は暑いから犬もシェスタ。そういや私のイメージもシェスタ中だね。
d0081889_1922292.jpg

道を歩いてるとよくどこかで犬の鳴き声を聞く。どこだ??と見渡してもどこにもいない。ふと上を見ると、こうして屋根から犬が遥か下の私に向かってほえている。ベランダから犬にほえられたことは数知れず・・・。

そういや、MALTAってマルチーズ犬発祥の地だったのにマルチーズの写真、撮らなかったなあ。
[PR]
by papaya_mango | 2006-09-14 19:24 | MALTA滞在
日本に帰ってきて驚いたことと言えば連日報道される凶悪犯罪や飲酒事故のニュース。逆に言えば日本国内のニュースであふれていて海外の特にテロに関するニュースなんて本当に本の少ししかやらない。
MALTAで安心して飲んだくれていた私だけど、さすがに日本では外飲みはやめようと誓う。日本の飲食店業界もますます厳しくなるなあと感じずにはいられないよ。
私は以前はもう時効?かなー。で飲酒運転常習者でした。それも1杯2杯じゃない。めちゃくちゃ飲んだ。そのまま車の中で寝たこともあった。飲酒運転の取締りが厳しくなっても外食するときにBEERは欠かせなかったし、やはり、食事とアルコールは付き物だった。
日本に帰ってきて10日あまり。不思議と飲みたいと思わない。連日このニュースを見ているせいなのかも知れない。
さて、日本でそんなことがおこっていると知らなかった8月末。
TIME SQUAREでBEER6杯飲んでヘロヘロに気分よくなった帰り道、いつもの悪い癖で無性にSWEETSが食べたくなった。つーか、ジェラードが食べたくなった。
お気に入りはSt.Julianにあるジェラテリアだけどそこまでは遠すぎる。出来れば帰り道によれるところにしたい。酔っ払った頭で思い出したところはマルタレストラン、TA-KOLINAそばのジェラテリア。以前一度食べたことは歩けどやはりSt. julianの方のが美味しかった。
んだがしかし、私は今無性にジェラードが食べたい!!それも濃厚なキャラメルやチョコチップ系のが!!自分の本能のままにジェラテリアに入り、1スクープのジェラードを頼んだ。頼んだのはチョコレートモカ。うーん、くどそう。しかし酔っている私はなんとも思わずぺろりと食べる。sしかし気温は夜の11時半の時点で30度はあったと思う。あっという間にジェラードは溶けてたれ、手にはべたりと甘いものがついた。近くに水道はないし、手がねたねたと気持ち悪い。
どこかで手が洗えたら・・・。と思ったところで大通りに出た。
そしたら1台のカロッチンがとまっていた。カロッチンは簡単に言えば馬車。観光客用に今でもMALTAではこのカロッチンがそこらじゅうで客寄せをしている。
参考写真は友人JUNKOが撮ったもの。去年のものだ。
d0081889_14184645.jpg

近くに持ち主はいない。馬が一頭立っていた。
私の悪い癖で、動物なら何の警戒もなくさわりに行ってしまう所。馬も例外ではない。
「よーしよし」
と撫でていた時に酔っ払っていた私は、本気でとろいことを考えた。
「あ、手がべたべたするから馬になめてもらおう。」と。
本気でバカだ。馬になめられたらもっとべたべたになるじゃん。ってそんときはそこまで考えていない。最初に右手を馬の口元に持ってったらあらホンと、馬がぺろぺろなめ始めた。
「馬も甘いの好きなんだろうか」
と考え、もう片方の手も出す。左手もぺろぺろしゃぶっていたときに事件が起きた。
なんと馬が私の左手の薬指を食べた。本気で食いつかれ、これまた本気で痛かった。
(うわー!!やばいやばい!!離れて離れて!離してぇ!!!)と心の中で叫び、痛さと不安でパニクッた私は右手で馬の頬をぺちぺちたたいたらようやく離してくれた。その間何秒だっただろうか。しかし私は何十秒にも感じていた。
本気でよかった。マジに指を食いちぎられるかと思った。
われにかえったところで恥ずかしくなった。周りには人もいる。多分持ち主もいただろう。
私はなるべく何もなかったようにその場を離れ、歩き出した。
指先がじんじん痺れる。とっさの判断で指を心臓よりも上に上げ、もう片方の手で指の根元を持ち止血する。すでに酔いはさめている。二箇所噛み傷が出来ていた。途中のトイレで水洗いし、部屋に戻って消毒した。もう保険も延長しなかったから病院も行けない。破傷風とか狂犬病とか大丈夫だろうか??と本気で心配した。この傷、今も残っていて、多分指先の神経が切れてるんだと思うけどいまだに指先、感覚がおかしいです。それに爪の中が内出血してる。ほんとに反省・・・。
でも日本でも医者に行ってない・・。
私は本当にあほなので痛い目にあわないと懲りないんだよね。
[PR]
by papaya_mango | 2006-09-11 13:55 | MALTA滞在

最終日

9月2日土曜日。
今日もまた6時には目が覚めてしまった。この14ヶ月、よっぽどのことがない限りアラームを使うことがなかった。
夕べはTIME SQUAREでLAST DRINKして3時には部屋に戻り、やはりシャワーも浴びずそのままベットへ。
さすがにちゃんぽんしているせいで気持ちは悪いわ、頭はがんがんするわ、最悪な目覚めだ。おまけに夕べはいやなことがあっておいおい泣いた。ついでにみんなとの別れが寂しくておいおい泣いた。
シャワーを浴びて、使ったシーツ類、服等を洗濯。その間に荷造りに入る。とにかく服はもうほとんど置いていく。しかし、去年から入らなくなったジーンズは日本に戻ってから元に戻ってやると言う硬い決心の元、手荷物に入れる。
最初は学校のテキストももって帰りたかった。けどこの私のこと、日本に帰ってからもう一度開くかと言うとそれはどうも怪しい。しかし、これも留学費用に入っているからもったいない。
考えてAPPENDEXのPだけ破って持っていくことにした。問題は数々のDIVING教材。IDC以外は必要のないデベロップメントマニュアルに分厚いインストラクターマニュアル、アドバンスからDMまでのマニュアル、数々のスレート・・・。これだけで余裕で10キロ近くある。
本や、ジーンズ等、重さのあるものは先日マーケットで買ったハンドキャリー用のスーツケースに詰め込んだ。14ヶ月前のセントレアでWeight オーバーのため泣く泣くスーツケースから荷物を出した教訓から重さにはやたら慎重になる。アシアナ航空の場合は手荷物もWeightを計らされたため、今回は送ってくれるGEORGEに手荷物を見ててもらってその間にスーツケースとダイビング器材をチェックインしようと考えていた。エミレイツはダイビング器材10キロ免除と言うから少しは余裕かも・・・。さすが金持ち航空だ。考えてみたらアシアナは韓国の航空会社だからもちろんダイビングなんて免除にならないんだよね。安い航空券はそれだけにいろんな規制があるということを私はこの留学で学んだよ。
しかし滞在14ヶ月はそれだけですごい荷物になっていく。日本から来るときに使った圧縮袋は今回全部置いていくことにした。なぜなら圧縮袋で圧縮するとその分コンパクトになり、重くなるからやばいと考えたから。服は以前にYちゃん、Kちゃんにあげれるものはあげていたけどそれでもまだまだ残る。Dorisが「いらないものは捨てずに全部残してって!」多分リサイクルか何かに出す気だろう。遠慮なく大袋3つ分の荷物をまとめてBEDサイドに置いた。
トイレとシャワー、キッチンを掃除して(髪の毛長いからそこら中に毛が落ちてるのよ・・)床を拭いて洗濯を干したら8時半だ。スーパーは7時半から開いているから今のうちに最後のお土産を買いに行こう。
下に下りたらGeorgeが夕食の支度をしていた。(朝の8時半現在)今日の夕方から新しい生徒が来るのでその準備だ。見るとどうやら私の大好きなローストチキンっぽかった。
「仕度は出来たか?」
ときかれたので「今からTOWERSに行ってお土産買ってくる」
といい、TOWERSへ。実は綿密な計算の元、残りの現金をお土産代残した状態ですでに換金してあったのだが、(帰る前にWage貰ったから、真剣に困った。だってもう使う予定もないし、日本でMALTAリラは持って帰ればただの紙切れだ。ユーロかドルに換金したくても当面日本にいるから換金2度手間だし、日本円に換金しても1Lm320円くらいだ。MALTAリラへの換金は360円もするのに40円も差額があるのよ!!困っていたら去年からMALTAにいるちひろちゃんが「350円で買ってあげるよ」と言ってくれてめでたく商談成立。本当にありがとう、ちひろちゃん!しかし、最後の最後で予定外のことがおこり、私はもう現金を2Lmくらいしか持っていなかった。それはさいごのGOZOダイビング、アドバンスコースの講習込みの3人のお客さんのダイビングの最後のコミッションが出ると信じていたのにそれが出なかったから・・・。「ちゃんと教えたから、コミッションがほしい」と最後の最後でいったら「GOZOに行かせてあげたのになんてずうずうしい!!」と向こうに逆ギレされた。そういうもんなの??とにかく予定していた最後のコミッションが出なかったので結局最後のお買い物はカードで・・・。
甥っ子にチョコレート、友人一同にTUCクラッカー、そして仲のいい飲兵衛のいとこにはMALTAWINEを・・・。重量が気にはなったがワイン1本くらいは何とかなるだろう。選んだのは最近メジャーになってきたカメリアワイナリーのメルロー。本当はメリデアーナのNEXUSにしたかったけどやはり6.45Lmはどうしても私には高かった。ちなみにカメリアのワインも100%マルタグレープ使用。1.85Lm。これなら買える。あとはDorisにほんの心ばかりのチョコビスケットとGeorgeにはアランチーニのお米。←だってすごい興味持ってたの。
家に帰って二人にそれ渡したらすごい喜んでくれた。そして「これが最後のプレゼント」と、冷蔵庫からBEERを出してきた。今の私にはきつすぎる・・・!さすがに今は飲めない!!しかしがんばっていただくことにした。すきっ腹に響く・・・。実はもう冷蔵庫の中も空にしてあるので朝から何も食べていなかった。(BEERよりもパンを恵んで・・・)と思ったがカールスバーグをぐいっと浴びた。
時間は10時半・・・。家を出るのは1時だからまだのんびり出来る。すきっ腹に飲んだからいきなり眠くなった。買って来たお土産をスーツケースに入れて荷造り完了。いったい何キロなんだか・・・。お隣のおばさんも挨拶に来てくれて最後の数時間居慣れたダイニングルームでGeorge,Doris,おとなりのMariaとゆったりとおしゃべりした。本当に今日帰るなんて信じられないよ。
そして12時半、Yちゃんが来てくれて空港まで付き合ってくれることになった。Yちゃんも明日からエジプト旅行が待っている。エジプト・・・。行きたかったなあ。
1時。いよいよ出発だ。テロの関係でなるべく早く空港に行ったほうのがいいと言うことで少し早めの出発。
Dorisにありがとうと言う前にもう涙があふれてきた。Dorisも「元気で。家族を大切にして」と言ってる最中にあのDorisが泣き出した。JEANが帰ったときも泣かなかった彼女の泣き顔を見たら余計私の涙腺が緩んでしまい、二人で抱き合っておいおい泣いた。まさか彼女が泣くとは思ってなかった。9月11日にこの家に来て約一年、本当に私を1家族と見てほかの生徒と同じように扱い、時には怒られ、彼らの愛の深さに私は悩んだりしたけど、今はもういい思い出しか残らない。本当にいい人たちだった。

泣いているDorisに見送られながらGeorgeの車で一路、空港へ。歩きなれたCARMEL STREET、St Julianの町。Sliemaの町・・・。全部全部これでもう思い出だ。
今更ながら「最後にイムデーナ行きたかったな」とか考えてしまう。
空港に着いたらもうすごい人だった。早めに着て正解だ。しかし、空港まで見送ってくれたYちゃん、この後、友人と待ち合わせの予定があると言うことでこのまま即帰りたいと言われ、Georgeもそれにあわせて帰ることになった・・・。「手荷物を見ててもらいたい」と言ったら「大丈夫、手荷物まで見られないから」と言われたけど、私はアシアナの件があったのですごい不安だ。しかし無理強いは出来ない。ここで全ての人とお別れだ。
亭主関白のGEORGE。でも情に深くてお料理が大好きなGEORGE。物知りなGEORGE。本当に本当にありがとう。大好きだった私のMALTAのお父さん。
チェックインカウンターに並んでしばらくしたら見覚えのある子が入ってきた。その子はよその学校の子だったけど一度だけ体験ダイビングで私が受け持った女の子だ。「Aちゃん!!」と呼び止めるとその子はかなりびっくりして「えええっ!!!!帰るんですか??」と聞いてきた。LUCKYなことにAちゃんもエミレイツだ。そしてしばらくしたらきのうGOZOダイビング一緒に行った2人組みのお客さんも今日帰国、エミレイツと言うことで4人一緒にチェックインすることになった。LUCKYなのはその二人は留学ではなく観光旅行なので荷物がとても少ないと言うことだ。だから一緒にチェックインすれば私の荷物はOKになるかもしれない。

しかし、そんな心配は全くなかった。太っ腹だエミレイツ。ちなみにわたしの荷物のWeightは37キロと表示されていた。良かったあ!とにかく良かった。そしてこのままイミグレーションカウンターへ向かい、GATEへ。思わぬ旅の友に楽しい帰路となった。しかし彼女らは関空行き。私は名古屋だからドバイでお別れ。何でも関空はキャンセル待ちが出るくらい満席だったらしい。名古屋は全然席あったんだけどねえ。
とにかく、一路、日本へ!!
離陸の瞬間、また急に胸がキューンとしてしまい、涙が出てきた。
サビッハ マルタ!グラッツェ ハフナ!!
[PR]
by papaya_mango | 2006-09-02 08:45 | MALTA滞在

私は犬好き・・・。

よく会話で「犬が好き?猫が好き?」と言うけど、私は即答、「犬が好き。」
だって犬のほうが本当に飼い主に忠実で、嬉しいを体全部で表現するじゃん?
猫はなんか気まぐれな感じがして自分がいいときだけ甘えてくるからなんか気に食わない。
しかし・・・ここMALTAの猫は本気でかわいい。
どのこも野良もみんな手を差し伸べると、大喜びでよってくる。
先日、SHOPに行くために外に出たら隣の家の前でこの子がこんなカッコでまったりしていた。
あまりにかわいくて写真を撮ってしまった。
d0081889_2335193.jpg

その後、近づいたら大喜びでよってきて、もう写真を撮らせてくれなかった。
ごろごろ擦り寄ってくるのでカメラを向けても後頭部しか写らないのよ。

しかし、時々日本の友達に「MALTAの猫は手でえさを食べるというが本当か?」
ときかれる。
何でも日本のTVでそうやっていたらしい。
その取材は私はここで見かけた。
彼らは「猫はどこだ?猫はどこだ??」と探しまくっていた。
普段はそこらじゅうにいる猫も、探そうとすると、いなかったりもする。
はっきり言いましょう。多分その番組は少し誇張してその映像を見せたと思います。
だって私、ここに1年以上いてみたことないもん。そんな猫。
中に入るかもね。何せ猫の人口多いからえさをもらってもとられまいと囲う奴はいるかも。
TVの力は凄いよねえ。
[PR]
by papaya_mango | 2006-08-24 23:23 | MALTA滞在

帰国

突然だけど帰国を決めた。決めたら早い。来週だ。
家の都合なんだけど、それでも、ジョナサンにいうときは本当に考えた。いつもはおしゃべりでいつも真由美さんの後をついてはあーでもないこーでもない言う私が「帰ることにしました」と言う一言がいえなくていえなくて一日悶々した。
言った時、二人ともわかってくれたけど、寂しい顔をしてくれた。
へっぽこな私だったけど、少しは必要とされていたのかなあ。
と思った。
9月に帰るといっても9月はもう来週のことだ。
「えー!!もう8月終わりだったの??」と、真由美さんも驚いていた。
時間がたつのは早いね。なんか。
飛行機はやはりエメレイツの1WAY。272Lm。
なんか、まだ自分でも信じられない。
この周りの風景が、当たり前のように歩いたこの道が、もう来月には思い出に変わってしまう。
「来年も帰ってきて」
と言う真由美さんたち。楽しい仲間だった。厳しくて泣いたこともあった。
でも帰るとなると、気持ちが焦る。
自分で決めて自分で行動したのに、まだ何も考えられない。

昨日は波がちょっとあったけどフランス人のISABELLAにADOWのUnder water navigationを教えた。Isabellaも来週帰る。春からきて、OW、お金をためてADを受けに着たかわいらしい子。てっきり真由美さんかMARCが教えると思っていたら真由美さんが「FUMIKOさんやって」と言うことになった。NavでIsabellaのコースが終わる。
ダイビング後、考えてみたら、きっと真由美さんが私が彼女の認定が出来るように取り計らってくれたのかなあ。と思った。
真由美さんが「8月をきっかけに人がガラッと変わりそう。みんな帰っていくね」
とぽつりと言った。
帰ってくるかなあ。ここに。私、どうなんだろう。
[PR]
by papaya_mango | 2006-08-23 18:24 | MALTA滞在

ありがとう!みんな!

d0081889_1715183.jpg

写真を見てください。氷結柚子味・・・。普通に見れば、たんに氷結を写真に取っただけじゃん。だから何なの?と思われるかもしれませんが、問題は後ろの風景。日本ではありません。
そう、MALTAなのです。ここは。
昨日のBIRTHDAY DRINKでヘロヘロになった私は、やはり真由美さんちで泊めてもらいました。昨日TIME SQUAREに来てくれたのはわたしのStudentのくみちゃん、こずえちゃん、そしてRIKKE、真由美さん、ジョナサン、STEVE、MALTA AQUAのDAVI、RYAN。いつもどうりと言えばいつもどうり、でもみんな来てくれて本当に嬉しかった。
前のBBQの時には真由美さんとジョナサンからIQのラッシュガード、やはりお客さんのYUKAちゃんからはZARAのタンクトップ。(同じのを春にANNAが買ってほしかったんだけど買わなかったやつなの)、こずちゃんから私の大好きなTUCのクラッカー、そして昨日はくみちゃんからすごいかわいいブレス、RIKKEからすごい彼女らしい、黒いシンプルなかわいい花のピアス、そしてちょうど、私がOWDC教えているKOTAさんからイムデーナグラスの花瓶をもらっちゃいました。
そしてINTERNETでは日本の沢山の友達から(一部スペインとコロンビア、ベネズエラ)GREETING MAILも。

幸せです。私。38なのに本当にもういい年なのにこんなにいっぱいの友達に囲まれて、お祝いしてもらえて。来年の自分の誕生日もHAPPYだといいなあ。

で、前出の氷結。翌日家に戻ったら、日本語に書いてあるPARCELが・・・。
とびちゃんからの贈り物が届いていました。
送料を見て余りの高さにびっくり。
中を見てみると、さすがとびちゃん、私の好みをついたものがぎっしり・・・。
それも多分、もう来月には日本に帰ることを考えてくれていて、全て消えてなくなるものをくれました。備前やの手風琴、ハッピーターン、梅味プリッツ、etc...。
そしてさらに奥に壊れないように頑丈にプチプチで包められた固体・・・。
あけてみると、大爆笑。そりゃ、送料高くなるよ!!とびちゃん!!
アサヒスーパードライとこの氷結が!!!
本当に私のつぼを押さえています。あなた。

しかし久しぶりに見た日本の缶は私には本当に小さくも感じられてしまいました。へへ。
ありがとう、みんな!
[PR]
by papaya_mango | 2006-08-11 17:13 | MALTA滞在

Birthday Cake

そしてうちのGEORGEもちょっと早めのバースディケーキを作ってくれました。
直径何センチのケーキなのか分かりません。
18センチが当たり前の日本人にはかなりの衝撃かもね。
しかし、これがもう私の目には当たり前なのだわ。
d0081889_1951542.jpg

彼が言うにはブラックフォレストケーキだそうです。
でも、クリームとスポンジだけでかなりこってり?と思ったけれども意外とあっさりしていてぺろりと食べてしまった。ありがとう、GEORGE!
d0081889_197352.jpg

そしてこれが今日の夕食。
d0081889_198717.jpg

奥のスプーンと比較して、どのくらいの量かお分かりになりますでしょうか?
これで太らないわけがない!!
しかし、感謝してます、いや、ほんとうに。ありがとう、MALTAのお父さん。
[PR]
by papaya_mango | 2006-08-07 18:58 | MALTA滞在

BirthdayBBQ

38歳(!!)の誕生日を来週に控えた私のために真由美さんたちがBBQPARTYを計画してくれた。みなが動きやすいからということで5日早い8月5日の土曜日。場所はNSTSアクアセンター。メンバーは真由美さん、ジョナサン、RIKKE、ただいまDMトレーニング中のPhillipe、MALTAAQUAのDAVIDとRYAN、私の同期!のSTEVEと奥さんのSUE、NATS スポーツチームのMARTIN始めとするメンバー、NSTSスタッフ、日本人のお客さんたち。
始まりはMALTA時間で9時過ぎ。とことん腹が減りすぎた。
それでもBBQは楽しいね。出てきたスペアリブにはもちろん細心の注意を払って食べた。(もう歯医者には行きたくない)魚もチキンもどれもすごく美味しくてとても満足。先週の寿司PARTYの失敗もあるので私はあまり飲まなかった。DAVIは「どこかおかしくないのか?」と何度も聞いたが、私だってそんなにしょっちゅう飲めるわけじゃない。
宴もたけなわ、不意にジョナサンがみんなを集め、今日のBBQは私のBIRTHDAYもかねていると話す。そして、みんなの寄せ書きの入ったカードを渡された。
ありがとう!!実は私、ちょっと気づいていた。
みんなが来ると真由美さんがこそこそっとみなを奥に呼んでなにやらしていたので、「きっとBIRTHDAY CARDの寄せ書きしてくれてるんだなあ」とは思っていたの。
でもでも本当に嬉しくて「ありがとう!みんな」といおうとした次の瞬間、真由美さんが「はい!PRESENT]と小さな包みを手渡した。これは想像していなかった。
袋を開けるとなんと、私が本気でほしかったIQシリーズのラッシュガードが!!
「えーーーーー!!!!」
と驚いた次の瞬間、私の生徒のこずちゃんYUKAちゃんもプレゼントをくれて、これには本当に本当にびっくり!!!
遠い、異国でこんないい年こいた私に、それでもいつでも楽しく、こうしてBBQを企画してくれたAQUA NAUTSのみなに本当に感謝します!!ありがとう!!
[PR]
by papaya_mango | 2006-08-05 18:32 | MALTA滞在

GoodNightDrink

先月のことなんだけど、真由美さんちで(いや、ジョナサンちで)寿司PARTYをやった。とにかくMALTAだけでなく外国での日本食の地位はとにかく敷居が高い、高すぎる。値段も高すぎる。そいでもって味は白木屋並だ。なかには「こんなん日本食じゃねえよ」つーものもある。
最近はHILTONそばの和食の店には行かず、フォーティナホテルにある日本食の店、HIBIKIに行く。一人20LMは当たり前だ。まずくはないけど、日本ならまず3000円弱の内容だ。
それでもジョナサンは寿司が大好き。
と言うわけで手巻き寿司PARTYをやることにした。
久しぶりの刺身、ひさしぶりのASAHI スーパードライで、とても幸せ。
MALTAAQUAのDAVIDは寿司作り初体験!
結果は、こんな感じ。
d0081889_18235914.jpg

見事な切り口だ。
私は以前ANNAがくれたお稲荷さんセットでお稲荷さんをを作る。
しかし喜んだのは日本人だけだった。
この甘辛な感じが受け入れられないみたい。
それはさておき、
最近はじけてなかった私は久々にワインをごくごく飲み、その後スーパードライと進み、
かなり自分でも挙動不審になっていた。

そしてその後、サイダーが出てきた。サイダーはDAVEのお気に入り。
私も試す。
次の瞬間、真由美さんちのBEDで目が覚めた。
となりでDAVEが爆睡していた・・・・。

すごい恐ろしい飲み物だ。サイダー。
ジョナサン曰く、「これはGOOD NIGHT JUCE」とイギリス人は言っているらしい。
本当にすごい効果だよ。
一本飲んで記憶がとんだ・・・・。
ジョナサンの持ってるのが、それです。
手前には・・・・多分いい夢見てるんだろうなあ。私。
d0081889_1825963.jpg

[PR]
by papaya_mango | 2006-08-03 18:03 | MALTA滞在

毎日実戦

IEが受かった翌日から一日も欠かさず毎朝やっていることがある。腹筋。何もしないよりはいいだろうと昔の雑誌のダイエット記事の切り抜きを参考に毎朝やっている。効果はと言うとあるんだか無いんだか。いまだに去年はいてたジーンズは入らないし鏡で自分のお腹を横から見るとぽっこりつきでている。
昔と違って、本当にお肉の付く位置が変わってきたのよね。効果を実感できなくてもこれは本当にどんなに面倒くさくても毎朝続けると決心してる。それも早朝、起きたらすぐに。夜はそんな運動しようもんならせっかく浴びたシャワーを立て続けに3回くらい浴びないと汗は引かないだろう。
そういえば私の部屋のキッチンは後から作ったプレハブ仕立てなので本気でキッチンが暑い。冷蔵庫に入れていたチーズもハムも3日でカビが生えてしまった。牛乳なんて翌日にはヨーグルトと化してしまうので変えない。水は、ぬるい。そこで決心して冷蔵庫だけ自分のベッドサイドに移動させてみた。そしたら、ちゃんと水が冷たくなった。良かった。しかし毎朝、お弁当と味噌汁作る時に冷蔵庫とキッチンを何往復もしないといけないので凄いめんどくさいけど腐るよりはマシだ。
最近は水だけを飲むことができなくてへんな粉末のジュースの素を溶かして飲むようになった。これも日本にいた頃には考えられない行為だ。体があまりにも熱くて甘みを求めてるみたい。この粉末ジュースの素、手軽にビタミンが取れるフルーツ味なんだけど1Lで薄めるのを私は2Lでうすめている。それで十分の甘さだ。説明どおり1L薄めたらげろ甘になった。いくら甘いものが好きになったとはいえまだこの甘さには慣れない。お気に入りはSTEPと言うメーカーのレモン味とピンクグレープフルーツ味。どこかよそのメーカーでパッションフルーツ味も美味しかったなあ。今。家にBEERを居買うことを辞めているからこのジュースを飲む飲む。日本じゃ、ヘルシア緑茶が大好きだった私からすれば何と言う味覚の変化だろう。
[PR]
by papaya_mango | 2006-07-28 23:01 | MALTA滞在

何が起きてもマイペンライな島プーケットから今日も海に陸に忙しく発信中 。


by papaya_mango