カテゴリ:MALTAの人々( 17 )

LAST WEEK

遂に最後の週。あんなに激しく来ていたHOMESTAYも何故か今週いっぱいはお休み。
なので私は夕食にありつけなくなった。
DIVINGも先週からちょっと息抜きのように人がいなくなり、私はもっぱらお留守番要因だ。
もう一度行ってみたい所とか買っておきたいもの。考えていてももう時間が無い・・・。
やり残したこと?やりたい事??

もう頭が働かない。
しかし、私の後、友人Yちゃんが私の後にフラットに入ることになったので(と言っても私の部屋じゃない)それもかねてGEORGEが食事会を開いてくれた。
日本人二人が来ると言う事でGEORGEは奮戦。見よう見まねでなんと寿司を作ってくれた。
コレはもう大感動。
d0081889_1439598.jpg

でも、インデイカ米で作ってくれたので食べた瞬間大爆発。
そして大爆笑。
GEORGEはその他にも春巻きや、チキンカレーなど、本当に日本人が(というかYちゃんが)喜ぶメニューを作ってくれてYちゃんも即決で引っ越す事を決めた。
後でGEORGEには伝えたけど
MALTAで日本米に近いお米を使いたかったらSCOTTOというメーカーのアランチーニが一番日本のお米に近いと思う。もっちりしてるし、寿司を作るのならコレが一番いい。
しかし相変わらずGEORGEは「お米には毒があるから明日は食べられないよ」
とYちゃんに解説していた。ぬか臭くはなるが・・・。
しかしMALTAは日本と違ってちゃんとしたおひつ無いから保存は難しいのかなあ。
本と、ここにきて初めて聞いたよ。お米は直ぐに腐るから気をつけろなんて。
余談だがよくGEORGEがライスを出す時他の生徒に「何故日本人やアジア人の目が細長いか知っているか」と質問している。
何でも米を食べて翌日便秘になりリキむから目が細長くなったのだそうだ。
なんじゃそりゃ。
[PR]
by papaya_mango | 2006-08-29 14:13 | MALTAの人々

デストロイヤーマルチーズ2

以前にも似たようなネタを載せたが、とにかくマルチーズは壊すことが好きである。
3月に壊されたSHOPの前の道。わかってはいたけどいまだに完成していません!!いまだに掘り続けています。
でも、今MALTAは本当にそこらじゅうでCONTRUCTIONしています。マンションやらアパートメントをさらに高く、階数を増やし工事している。土地のないこの国は上に家を作るしかないみたい。
d0081889_1861232.jpg

なので朝、狭い道を歩いていると、突然通行止めになっていて、大きなトラックやセメント、コンクリートを運んだ車が上のアパートにそれらを運び込んでいる光景を良く見る。(人は通れる)
そして、ふと上を見るとこんな大きなクレーンが「ウイーン」と動いている。もちろんこのクレーンの下は普通の道路だ。その下を人々は何食わぬ顔で歩いている。
私は最初、怖くて通れなかった。だってもし何かのミスでこの巨大なコンクリートが落ちてきたら・・・。と、想像するだけで震えてくる。日本ならまず住人が黙っていないだろう。クレーンが動く範囲内全て立ち入り禁止にするだろう。

立ち入り禁止にしているところはここでは見つからない。
今は大分なれたが、それでもクレーンの下を通るときはつい足早になる。
この間はこんなことがあった。狭い歩道を歩いていたら上からぼたぼたっとなにかが落ち、それが私の肩とリュックにあたった。「鳥糞??」と思い、見てみたらなんと真上で作業していたクレーンからこぼれたセメントだった。
本当に地震がない国だからこんなことできると思うけど、
下を見ないと糞を踏み、上も気をつけないと何がおちてくるかわからない。
気をつけようね。みんな。
[PR]
by papaya_mango | 2006-08-18 17:49 | MALTAの人々

信じられない出来事

以前にも私はBLOGでうちの大家の話を載せた。
基本的には本当にいい人たちだ。感謝もしている。しかし、時々「これは勘弁してくれ!」と言うことがある。
MALTAはいわずもがなHIGH SEASON。
学校もFLATも生徒であふれている。もちろんホームステイも。
数週間前、私はDORISに「どうしても」と頼まれ、いやだったけど、1週間生徒を私の部屋に受け入れた。いくらご飯を食べさせてくれているとはいえ、私が頼んだわけじゃない。彼らの好意だ。あくまで。私は一人部屋として月100Lm払っている。最初、もし部屋をSHEARしたかったら、月110Lmで一人55Lmとなる。そのほうが生活はしやすいが、私の部屋は日本で言うところの1ROOMなので全くプライベートな空間がない。なので私はひとりを選んで生活している。
先週、DORISに突然言われた。「またダブルブッキングしたから、2日間だけフランス人の生徒があなたの部屋に行くから。」「は??」今度は事後報告である。もう私に行っていいかも聞かない。私がいやだといえないことを見越しているとしか考えられない。たった二日間だから、と言われて私はまた、いやいや生徒を受け入れた。

そして昨日、ダイビング2本潜って心地良い疲れのなか、10時には眠りについた。ふいに。
突然ドアが開いて(ノックなし)DORISが入ってきた。びっくりして飛び起きると彼女の後ろに見たことのない子が居る。そして一言、「ここがあなたの部屋よ。」
「ちょっと待って!DORIS!どういうこと??私は何も知らない!!」私がそういうと、「5日間だけこの部屋に泊まってもらうから」とだけ言ってドリスは出て行った。
私は何も知らない。何も聞かされていない。
ちょうど下の階はチェコの生徒が帰ったので一人分空いているはずだ。
さすがに怒りで震えてきた。
しかし何も知らないのはその生徒だ。
コリアンの女の子。私は彼女に「私はホームステイじゃない。この部屋を月契約で一人部屋として借りている。バスもトイレもキッチンも一切使わないで!!」とだけ言ってまだ彼女が荷物を広げる前に部屋の電気を消して寝てしまった。月明かりでなんとなく明るいとは言っても、すごく不便だっただろう。状況がわからないのは彼女のほうだ。私はすぐに意地の悪いことをした。と、後悔したけども、それ以上に怒りのほうが大きくてその夜は寝るに寝れなかった。隣で気まずそうにしているコリアンの子の気配を感じながら。翌朝、仕事に行く前にコリアンの女の子も起きていて一言「あなたは私がここに来ることを知らなかったの?」
と聞いてきた。私はコリアンの子が来ることは知っていたけどこの部屋にくるなんて聞かされていない。私は一人部屋を借りている。明らかに契約違反だ。今から彼らに苦情を言ってくる!
と、夕べよりは幾分落ち着いたものの、思っている怒りのはけ口を彼女に向かって吐き出した。いい迷惑である。しかし彼女は一言「ごめんなさい」
あんたは悪くないよ!悪いのは大家だよ!!

もう少し冷静にならなきゃと私は下の階に行き、GEORGEとDORISにこれはいったいどういうことか?と聞いた。下の階は一人分空いているじゃないかとも。
返ってきた答えは「ハイシーズンだから」だ。明日また二人生徒が来る。とも言った。
下の階には二人部屋が二つ。どう考えても入れるわけがない。
「あなたの部屋は去年は3人で使っていた。それを今はあなたが一人で使っている。これはNOT FAIRだ。」とも言われた。 意味がわかんない。去年3人が使っていたなら私が一人部屋料金を払っているにもかかわらず人を送り込んでいいのか??
今月に入って私は月の半分は誰かと生活をしている。
だいたいおくりこんでくる学校も学校だが、受けるほうも受けるほうだ。
MALTA人にとってホームステイは貴重な収入源。部屋がいっぱいだからと断ると次回から生徒を斡旋してもらえなくなる恐れがある。気持ちはわかるが、明らかに契約違反だ。
しかし私には「じゃあ、家賃まけて!!」とも言いにくい。もう今月払ってしまったばかりだ。

夏のマルタは何でもありだ。みんな気をつけたほうがいい。(わたしだけか?)
ちなみに生徒を受けるだけ受けている学校はESE。ECもそうだと思うけど、とにかく大きい学校は質が下がる。本当にそう思う。
その日は怒りでうちにも帰りたくなくて、朝からいらいら。ジョナサンのちょっとしたいやみも普段なら軽く流せるのにその日は「私だってがんばってるよ!どうしてそんな風に言うの??」と逆切れして真由美さんを驚かせた。
その日はやはり真由美さんとTIME SQUAREへ。
そしてこの話をしたら真由美さんに「だからいつもあのうちを出ろと言ったのに!」
真由美さんはこのプライバシーのない私の生活に常々「家を出ろ」と言ってくれてたんだけど、めんどくさいのもあって出なかった私。そう、悪いのは私だ。
だけどねえ。
信じられんわ。マルタ人。
[PR]
by papaya_mango | 2006-08-14 17:43 | MALTAの人々

いやだといえない・・・

MALTAも一気にハイシーズン。
うちも下の部屋は生徒でフルに埋まっている。
GEORGEのうちは入って一階がキッチンとダイニングルーム。
二階に生徒用の部屋が2部屋。各二人部屋で4人まで入れる。
そしてその奥にGEORGEとDORISとその息子のJOSEPH(注33歳)が一部屋に住んでいる。33歳にもなって親と一緒の部屋っていやじゃないのか???
そして3階がワンフロアー私の部屋だ。

GOERGEのうちはとにかく食事のよさで口コミでも生徒に人気があるらしい。入りたいという生徒が後を絶たない。そのせいでこの夏も生徒が一人帰ればその日のうちにもう新しい生徒が入るという状況で8月9月もFULLBOOKらしい。

先週、3週間の予定で入ったMEGGYというジャーマンの女の子が「MALTA滞在を伸ばしたい!」と言い出した。すごく気に入ってどうしてももう少しバカンスを楽しみたいそうだ。しかし予定としては部屋はもう次に来る生徒で決まってしまっている。最初DORISは「新しく来る生徒にも了解してもらってBEDもうひとつおくから大丈夫よ」といっていたが、私はこのときからいやな予感がした。

11日に家賃の100LM払いにDORISのとこに行ったら「YESかNOか答えて。あなたも知ってるけどMEGGYがもう1週居たいって言ってるけど下の部屋はもういっぱいだからあなたの部屋に滞在させて。いやならいやだと言いなさい。」といってきた。ご飯食べさせてもらってる私が断れるわけがない。MEGGYもすごくいい子だし、本当はすごくいやだけど承知した。今週土曜日から1週間、私の生活リズムが狂う。何がいやかと言うとトイレがこの狭いベットの前にあるから朝のお通じが出来なくなる。私は人がそばに居るとンコが出なくなるタイプだ。前回やはりドイツ人の女の子を一週間DORISに言われて同居したけど、そんときも便秘になった。

でも次ももしこんなことがあったら家賃少しは減らしてもいらえるように頼んでみようかなあ?無理かなあ・・・。
[PR]
by papaya_mango | 2006-07-12 22:56 | MALTAの人々

ぼったくり

日本じゃ、時々ぼったくりBARが問題になるが、
ここMALTAじゃスーパーマーケットまでもがぼったくりだ。

今日はお休みだからのんびりインターネットにいそしみ、久々にBAY STREET(と言うショッピングモール)をふらふらしてたらのどが渇いた。気温42度だもん。そりゃ、干からびるって。
そしてCAFEでお茶と言う概念の無い私は近くのドルフィンスーパーマーケットへ。
500Ml のスパークリングウォーターを買う。冷蔵庫に入ってた。冷たいのがすぐに飲みたいからちょうどいい。値段は確か15Cのはずだ。
「25c」と言われた。
え??と思い、「15のはず」と問いただしたらデブのマルチーズの親父が、さもめんどくさそうにそれもすごい威圧感で「冷やしてるからだ!!文句あるのか??」
と言う風に言ってきた。
私はここで何度も買っている。しかも冷蔵庫から出して。15cだった。
冬だったけど・・・。
夏のMALTAはすべての店がぼったくり体制だ。
ますます嫌いだ。マルタ人。
[PR]
by papaya_mango | 2006-07-07 22:52 | MALTAの人々

ここはMALTAのはずなのに

昨日はまたもやイングランド戦。5時からなのでジョナサンは「店を閉める!!」と、早々にTIME SQIAREへ向かった。日本戦と違い2時間前に行かないと席が取れないからだ。
ところでこのW杯。本当に毎晩熱い。と言うか、マルチーズはイングランドかイタリアしかサポーターがいないんじゃないか??というくらいこの2カ国だけすごい。先日もイタリアが勝ったらもう町中大騒ぎでパレードの渋滞は起こるし、事故も起こるし、けんかも起こる・・・。イタリアもバカだなあ。と思うが、イングランドはもっとバカだ。なにせドイツですでに100人以上のイングランドサポーターがとっつかまっているらしい。
私も今はすっかりイングランド。と言うか、この、みんなで観て盛り上がる雰囲気が大好き!きのうもTIMESQUAREで12時過ぎまで踊り狂った。
ジョナサンがイングランドのユニフォームを貸してくれてジョナサンのぱぱが帽子をくれた。真由美さんも私と一緒でこの雰囲気が好き!と一人外で旗振って踊っていた。ジョナサンの愛車もきれいにデコレーションされている。イングランドが勝つと旗持った車がこの狭いマルタをぐるぐる凱旋する。ほんとにお祭りずきなんだよねえ。ジョナサンの車もすっかりデコレーションされてます。
d0081889_2242282.jpg
。日本戦はがらがらのTIME SQUAREでそれでも見たけど・・・。うらやましいぞ!一度でもこんな風にしたかった!

d0081889_22445913.jpg

[PR]
by papaya_mango | 2006-06-26 22:39 | MALTAの人々

ジェーン

d0081889_22274145.jpg
今年の一月から約半年一緒に暮らしたJEANが
昨日ロシアに帰っていった。
本当に本当にいい子だった。
歳は私よりも20も下だけど本当に仲良くしていた。
昨日はくしくもW杯イングランド戦。
当然ジョナサンもほかの仲間もTIME SQUAREで観戦。
みんなに「何で一緒に応援してくれないんだ??」
と攻めれられながらも私は家に帰った。
JEANとの最後の食事。
10時には空港へ行く。

冬はJEANの部屋でオリンピック見たり
DVD借りてきて一緒に見たり
マルサシュロックやVALLTTAへ遊びにいったり、
一緒に夕食も作った。
17歳なのに本当に料理がうまく、同い年くらいの日本人に見習わせたい。
コリアンとのハーフなのでよくCHINESEと言われ、私と同じ気持ちを分かち合った。
夜暑いから「ジェラード食べに行こう!!」
と、スピノーラベイでアイスを食べながら将来を語り合った。

いっぱいいろんな思い出が出来た。
泣かずに分かれれると思ったのにJEANがもうすでに泣いていて
GEORGEまで涙ぐんでるのを見たら、もう私もこらえきれずに泣いてしまった。
泣いたのはANNAと別れたとき以来。

ひょっとしたらもう二度と会えないのかもしれない。
でもまたどこか出会えるかもしれない。
彼女はまだこれから大学受験が待っている。
そしてまだまだ果てしなく夢を持った希望に満ちた未来が待ってる。
元気でね!JEAN。
私もがんばる!
[PR]
by papaya_mango | 2006-06-16 22:24 | MALTAの人々

デストロイヤーマルチーズ

私の通っているダイビングショップはスリーマの端にあって、今その地域はまさに新興住宅として宅地調整が行われている。
何年か後には大きなスーパーモールやらスポーツセンターやら高級マンションなどが立ち並ぶ(らしい)
私の店の前も新しい道を作ると言って3月末に取り壊しに入った。最初の話では10日くらいで新しい道を作るのでそれまではちょっと不便だけど我慢して。
と言う話だった。
そして店の前に大きな穴を掘り始めた。
掘ったら最後、3週間たっても埋めてくれない。
とにかく壊すのはあっという間だ。それからぜんぜん進行しない。
私の店だけではなく、私の住んでいるフラットの裏も大きな穴が開いたまま何の進展もしていない。
真由美さん曰く、
「ここは予定通り掘ろうと思ってもそこらじゅうで文化的遺産が見つかったり、不発弾が見つかったりするからすぐに予定が変更になるんだよ」
だそうだ。
しかしもういいがげん埋めてほしいなあ。と、切に思う。
何でかってたとえばFUN DIVEなんかに行くときはタンクを運ぶだけですごい遠回りをして荷物を運ばなくてはいけない。約30Mの道のりを階段上がったり下がったりしながら運んでいる。いい運動なんだけど。
壊したらそのままと言うことがマルタでは多いからこの道もいつ出来るのかかなり不安だ。
[PR]
by papaya_mango | 2006-04-11 21:24 | MALTAの人々

さよなら、ANNA

今日、たった今私のMALTAでの無二の親友
ANNAがイタリアへ旅立っていきました。
見送る前は「スペインの結婚式には絶対行くし、
二人ともタイに来るでしょ?だからぜんぜんすぐに逢えるから
寂しくないよ」
なんていっていたのに、いざタクシーが来て彼女と抱き合ったら
もう涙が止まらなくなってしまった。彼女もぼろぼろに泣いていた。
今日は一日、AMMAのお見送りがしたいからと真由美さんに言ったら
「いいよ、休みな」
と言ってくれて、一日ANNAちゃんと過ごせた。
と言うか今週は本と、毎日のように彼女と会っていた。
おとといは彼女の友達の家でANNAリクエストの
ポテトコロッケを作って昨日は我が家でやはりANNAリクエストの
グリーンカレーを作って食べた。
そしてGEORGEも彼女のために手作りのチョコケーキをプレゼントしてくれた。
昨日はLASTNIGHTにもかかわらず私の部屋で
古畑任三郎を見て、最近の日焼けでお肌に相当のダメージがかかっているからと
パックなんかして本当にまったりとクラブに行くこともなく夜をすごして
今日も春になって久しぶりにオープンしたジェラテリアで
大好きなフローズンヨーグルトを食べて、そのあとはBONN CAFEでLUNCHして
3時半きっかりにタクシーが迎えに来た。

これで私が来てからいたMALTAでの友人すべてがここを去ってしまった。
もう何人見送ったんだろう。
MISAちゃん、順ちゃん、RISAちゃん、MIYUKI, KAORI,、ちはる・・・・そしてANNA。
私の時にはこうやって誰かさよならパーティなんてしてくれるのだろうか??
でもこれが最後じゃないと信じててもこうして人を見送るのは心が痛い。
彼女はこのあと6週間ROMAでイタリア語を少し勉強してそのあとはスペインに帰り、
大好きなMARCOSとの結婚がまっている。
たった21年しか生きていない彼女は37年生きている私なんかよりも実に数多くの
いろんな人生経験を重ねていると思う。
私の最も尊敬する、だいすきなANNA。
あなたのこれからの人生もすべてあなたにプラスでありますように。
10ヶ月間、本当にありがとう!

がんばれ!ANNA!!!
[PR]
by papaya_mango | 2006-04-09 21:20 | MALTAの人々

人口

熱く盛り上がった(?)オリンピックももう過去の事…。
家に帰ったらGeorgeが「MALTAがメダルを取った!!」と、嬉しそうに
私には読めないマルタ語の新聞を持ってきた。
「何のメダル?」と思って持ってきた新聞を見るとなるほど字は読まないけど
女の人がメダルを手に笑ってる写真が写っている。
よくわかんないけど今メルボルンで何チャラって言うか陸上競技やってるの?
それにマルタが参加していてシューテイング競技でマルチーズの女の人が二個も銅メダルを取ったらしいのだ。
それを聞いて私は素直に心から「おめでとう」
とGEORGEに伝えると、ここでいつものGEORGE節で、
「いいか?日本はあんなに大きくて人口も多いのにオリンピックでメダルがたった一個しか取れなかったんだ。それに比べマルタはこんなに小さな国で人口だってこんなに少ないのに二個も取れたんだ。どちらのほうが偉いのかわかるか?」
オリンピックとそれとでは参加国も規模も違うといいたかったが、
それを言うと又こじれる予感がしたので
「そうだね、マルタはスゴイ!日本は何だ?あんなに大騒ぎで大人数押しかけたのにもかかわらずメダル一個しか取れなくて、ねえ。でも金だけど。
と、さりげなくいやみも忘れず言っておいた。
そういえばGOERGEに限らずここに来て私はやたら人口のことを聞かれる。
GEORGEもよく「お前の街は人口何人だ?」
と聞いてくるんだけど、そんなに気になるものなの?
学校でも18歳の子とかが「私の国は面積いくつで人口何万」
とよく話しているのを聞いていた。
私が「興味が無いから知らない」と答えると
「何で興味ないんだ???」とシャウトする。そんなのこっちの勝手だがね。
そこで「i've never counted it in my life」
と言ったらJEANEが又そこで大うけして
「そりゃ数えたこと無いわ~。私もモスクワの人口が何人かなんて数えれないわ。」と言っていた。

そういえば以前真由美さんもマルチーズに
「お前はチャイニーズか?」と聞かれ「違う、日本人だ」と返したら
「日本のどこのビレッジにすんでいるんだ?」
と聞かれたそうだ。そこで彼女は(ビレッジだとう?)と思ったが冷静に
「私の住んでいるビレッジにはディズニーランドとディズニーシーと言う遊園地があって遊ぶところだけでこのマルタよりも大きい。」と答えてやったそうだ。
大阪の1/6の大きさのマルタ…。マルタのテレビでは連日誰か知り合いが街頭インタビューで答えている。新聞にも誰か知り合いが出ている。遠出しても誰か知り合いにあってしまう。
数えれるほどの人口。…数えたこと無いけど。
[PR]
by papaya_mango | 2006-03-25 21:10 | MALTAの人々

何が起きてもマイペンライな島プーケットから今日も海に陸に忙しく発信中 。


by papaya_mango
プロフィールを見る
画像一覧