南の島で暮らしたい!!

xpapayax.exblog.jp

何が起きてもマイペンライな島プーケットから今日も海に陸に忙しく発信中 。

カテゴリ:MALTAでDIVING ( 17 )

すごいなあ。

私のマルタ時代のボス、ジョナサンと真由美さんが奄美にダイビングショップを作るらしい。
そして私は真由美さんに「日本でショップやるならブログ必須ですよー。」
と言ったら、やはり真由美さんなので「めんどくさいなあー。」と言ってたけど、彼女はやるときゃやるでしょう。

彼らがイギリスに撤退して何年だ??
すごいなあ。やはりジョナサンにサラリーマンは似合わないよ。
どんな店になるのか楽しみだ。

で、今日の私。ユニクロで気が狂う程買い物してしまった。
久しぶりだわ。この充実感!!

そしてキリンさんはダイサプパーチー。
いいもんゲットしておくれ!!!!
にほんブログ村 マリンスポーツブログ ダイビングへ
にほんブログ村にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
問い合わせ、連絡先 fumifundiving@hotmail.co.jp
[PR]
by papaya_mango | 2010-10-09 16:02 | MALTAでDIVING

LAST DIVE

最後の週はめっきりお留守番要因になってしまい、全くDIVINGさせてもらえなくなった。
お客さんが少ないから仕方ないけど、それにしても一日お店でぼんやりしているんならインターネットやったり、いまさらだが観光とか荷造りとかしたいのだが、仕方がない。
結局インストラクターになってからDIVEサイトにも数えるほどしか行かせてもらえなかったなあ。車運転させてもらえないから仕方ないんだけど、せめてお店の目の前ででも・・・。と思ってもそのチャンスすらない。そんなとき真由美さんが「金曜日、GOZOに行くけどFUMIKOさん行きたい?」と言ってくれた。土曜日には日本に帰国。でも飛行機は3時40分だから朝一で荷造りと部屋の掃除やれば間に合うか!?と思い、何よりもあこがれのGOZO。二つ返事で「行きます!!」
GOZOはチャンスがあったらぜひいってほしいダイブサイト。魚影がぜんぜん違う。(MALTAの海でね)有名なアズーレウインドウ側のブルーホールからエントリー。ブルーホールのアーチを抜けリーフ沿いに右に行くとそのままアズーレウインドウの真下に出る。そこから直線で90度に進むとコーラルガーデンに・・・。しかしネーミングはコーラルガーデンだけどもちろん珊瑚なんかない。コーラルがあるみたいに美しいからその名前がついた。
いつもガイドはどきどき不安だったけど、(本当にたまにしか行かないから)今回もちゃんと無事にガイドが出来てよかった。自分のMALTA生活最後のダイビングがちゃんとファンダイブのガイドでしかもGOZOで、本当にいい記念になりました。

しかし、その楽しんだツケは後で必ずやってくる・・・。
6時に店に戻り、荷物を何とかまとめ、ジョナサンが家まで送ってくれて(というか、私も真由美さんたちにあげるものが山のようにあってそれを運ぶために車で行ってもらった)
そのままTIME SQUAREでいつもどうりに2時くらいまで飲んで(すごい思い出したくない大事件はあったけど)そのままふらふらで帰宅。翌日死ぬ思いで荷造りしたのは言うまでもない。
それでもLAST DRINKはやはりTIME SQUAREで、お世話になった沢山の人が駆けつけてくれた。本当にありがとう。

言葉で言いけれないほどのありがとう。MALTA。私にとっては一生をここで過ごす気にはなれないけど、それでもこんなに人が優しくて、陽気で、楽しい国はヨーロッパの中でここだけではないだろうか。怒れた事も沢山会ったけど、全てがいい思い出だ。
「来年帰ってきて」
とお世辞でも真由美さんが言ってくれたが、返事はNOです。
なぜならMALTA。大好きだけど、私には住める国じゃないと言うことがわかったから。
次に来ることがもしあるなら、普通に観光で来たいなあ。
[PR]
by papaya_mango | 2006-09-01 21:10 | MALTAでDIVING

Cirkewwa Rozi.

おお、今日はなんと8月10日。ついに38歳です。
歳だけ書くと、すごい重苦しい重圧を感じるが、相も変わらずやってることは10年前となんら変わらない。
今日はBIRTHDAY OFFをもらったんだけど、だからといって別段やりたいこともないからこうして朝からインターネットですわ。でも、今日は夕方からRIKKEが遊んでくれるので「BIRTHDAYなのに誰も遊んでくれん!!」と22歳のRIKKEに駄々をこねて遊んでもらう私・・・。本当にどっちがイントラでDMだか分からんわ。つっても、昨日は昨日でBIRTHDAY前夜祭で(???)TIME SQUAREで飲んだ後、ST.JULIANの中華のお店へご飯を食べに行った。
久々の中華で本気でうまかったし、値段もそんなに高くない。おまけに「明日誕生日だろ?」と、ジョナサンがおごってくれた!!!ありがとう!!BOSS!!!!
今日もTIMESQUAREにRIKKEとのみに行くといったら「お前の誕生日をもちろん祝わせてくれ!」と、AQUA NAUTSのみんなも来てくれる事になったので私は昨日のお礼もかねてジョナサンにはギネスをおごるつもりよ。

話をタイトルに戻して以前のブログでMALTAには見所の沈潜が二つあると書いたんだけど、今回はそのもうひとつのTUG BOAT-Rozi。
ポイントはGOZOフェリー乗り場の反対側、Cirkewwaというところに沈んでいる。
私はここはかなり好きだ。沈潜もさながらここではReefダイヴィングが楽しい。
Zureiqqeのブルーグロットも、確かにFaroudはすごいけど、Reefを選ぶなら、私はこちらのほうがいい。
灯台の下をジャイアントストライドでエントリーしたら右手に15mくらいの深度でReefに沿っていくとROZIがある。最大深度は34mくらいかな。ここはなかなか魚影が濃い。
d0081889_2037379.jpg

d0081889_2038912.jpg

透明度もいいし、Reefに沿っていくだけで見つけられるからFaroudよりも簡単だ。
d0081889_20384583.jpg

大体1本目をROZIにいき、二本目はReef Divingというパターンが多い。みんなが見たがるマドンナ像は正直、わざとらしくて私は好きじゃない。(洞窟にマドンナ像が納められている)
ここは何より、景観がすばらしい。MALTAは珊瑚がないから代わりにこうした岸壁とか岩の形とかが面白い。
d0081889_2039189.jpg

沢山スイムするーするところがあるし、CAVEも多い。

ROZIももう1ヶ月行ってないなあ。考えてみたら。
d0081889_2040131.jpg

岩の間からでてきたRIKKE。
撮影はジョナサンでした。
[PR]
by papaya_mango | 2006-08-10 20:44 | MALTAでDIVING

Faroud発見!

これはちょっと愚痴になってしまうかもしれなけれども、私はあまりMALTAの海を知らない。
と言うのも、DMトレーニングを始めた当初、まだDMが終わっていないちはるちゃんがいたので
DIVEサイトには彼女優先で、私はお店に居残り組だった。彼女が日本に帰るともう冬で、
私はあまりDIVEサイトに行く機会がなかった。
春になったらIDCが目前だったので、わたしはもっぱらお店の前でSKILLを勉強していた。
そしてイントラになり、私は「こんなによそのDIVEサイト行ってなくて、果たしてちゃんとガイドできるんだろうか?」
と、かなり不安になった、が。2ヶ月、DIVEサイトに行けるのは一週間に一度あればLUCKY。
なぜなら私のいまんとこの役目はオープンウォーターダイヴァーコース(OWDC)の日本人対応。
OWDCは店の前のNSTSアクアセンターがメインだ。たまーにダイブサイトに行けるけど、
私は車を運転させてもらえないから(ちはるちゃんだって運転してたのに・・・。)4人お客さんが来たら
もう車はFULLで私はいけない。コースではなくて単なるファンダイブでも今はDMになったRIKKEが
車で連れて行けるから私は用がない。
私なんかより、RIKKEの方がもうぜんぜんよそのダイブサイトは詳しいし、私が行ったことのないサイトも
彼女は何度も行っている。仕方ないかもだけど、ちょっと悔しい。
MALTAには2つ、メジャーな沈潜が沈んでいる。
ひとつはブルーグロットにあるFAROUDという120Mものオイルタンカー。
もうひとつはGOZOフェリー乗り場そばのROZIと言うタグボート。この二つの沈潜がMALTAでは一番メジャーである。
その二つともRIKKEのほうが先にガイドするようになった。
終わって店に帰ってきた彼女に「ROZIは簡単よ。」と言われると、うらやましいのと、「何でDMのRIKKEの方が
イントラになった私よりも先にガイドできるの?たくさん外にいけるの??」と言うどうしようもない悔しいのとが入り混じってしまう。
そんなんで私はいまだにFAROUDにお客さんを連れて行ったことがない。人の後ろについていっても、確かに勉強にはなるけど、
私が見つけるんじゃない。一度でいいからガイドがしてみたい!
多分こんな風に思ってるなんてジョナサンは夢にも思っていないだろう。
ROZIはともかくFAROUDを見つけるのはちょっと難しいとみんな言う。
とにかくカレントが強いし、船につくまでに大分AIRを使ってしまう人が多いからだ。ちょっと流れてるとあっという間に
変なところに流れていってしまう。
ちょっと前にお休みをもらって、初めてFAROUDにいけた。
でもそれはお客さんを連れて行ったのではなく、RIKKEとファンダイブに行ったのだ。
それでも初めて自分でFAROUDを見つけるチャンス。私はすごい盛り上がった。
真由美さんに言われるようにエントリーした後、対岸に渡りコンパスを240°くらいに合わせる。
そして潜行後、二つ目のCAVEが見えたらそこからコンパスの指す方向に進む。
見えてきた。FAROUDを見つけるための大きな目印のヘルメット。
そしてその右前方にFAROUDが・・・。
後ろから着いていくのとではぜんぜん違う見つけた喜びと思った以上に強いカレントに四苦八苦しながら船の半分まで行き、
帰る。やったあ。初めて自分で行って初めから見つけることが出来た。
しかし、私がここにこれたのはその一度きりでインストラクターになって2ヶ月、私はいまだ一度もお客さんを連れてガイドしたことがない。
このままチャンスないまま終わる可能性大きいだろうなあ。
でもNSTSアクアセンターの海はRIKKEよりも私のほうが詳しい、はず・・・?
[PR]
by papaya_mango | 2006-08-01 17:59 | MALTAでDIVING

初めての認定!!

先日、ようやくようやく待ちに待っていたインストラクターカードが届いた。
これで晴れて私が認定ができる。
もちろん、その前も色んな子のOWを教えてたけれど、認定することができなかった。やっぱさ、イントラになったら何が嬉しいってその生徒のCカードに自分の名前がのることなのよね。(私だけか??そんなことが嬉しいなんて)
わたしのOW CカードにはKIYOKO SUZUKIという名前が載っている。
KIYOKOさん。忘れもしない1993年の1月。モルディヴの今は亡きCLUB MED ファルで私にダイビングを教えてくれた人。とても楽しくて私はKIYOKOさんが大好きだった。14年たった今、彼女はまだ現役で今もモルディヴの海をクルージング船でDIVINGしている。連絡は取ってないけどたまに彼女のWEBサイトを覗いて思いをはせたりなんかする。自分の初めてのダイヴィング教えてくれた人が今も現役で潜ってるのって教えてもらった方としては凄く嬉しいことだと思うの。私はこの先どれだけ現役でいられるかはわかんないけどさ、何年か後になってもその人には忘れられないイントラでありたいと思うよ。
そして私の初めての認定生徒。それは日本人でなくSTEVEというイギリス人でした。私の変な英語でも頑張って聞いてくれてありがとう。
イントラになってまだ2ヶ月足らずだけど、この間にかかわった人たち、あと1ヶ月、これから私が教えることになるだろうまだあってない人たちに、「凄い楽しいイントラがMALTAにいてね。楽しくライセンス取れたよ」
と言われるようになりたいなあ。
教え方が上手い下手ではやはりもう何年もイントラやってる真由美さんには叶わないけど、親近感では私は誰よりも生徒に近い位置で物を言うタイプだなあ。と最近思うようになって来た。もっともっともっと潜りたい!
[PR]
by papaya_mango | 2006-07-16 22:59 | MALTAでDIVING

ストレススキル

PADI DMトレーニングを受けたことのある人ならみんな経験してると思うけど
DM Skillsの中に「ストレススキル」なるものがある。
これは何をするかというと、水中でバディブリージング(ひとつのレギュレーターで空気を共有する)をしながら自分のつけている器材をとっかえっこするもの。
私のときは相手はMARCだった。
バデイブリージング自体はIDCやIEのために何度も練習していたのでそんなに問題はないがお互いのBCDを換えるときは結構大変だった。
MARCのBSDはMarsのを使っていてこれがまたシンプルなBCDじゃなくあちこちに小細工が付いている。なのでどこのバックルがあるのかわかんなくてまごまごした。(バデイチェックしたんだけど)
そして今日。デンマーク人のRIKKEのストレススキルは私が相手になることになった。2回目ともなると何から交換したほうのがいいとかどうやってやったらいいのかがよくわかる。でもこれは全部彼女が考えて決めなくてはいけない。
交換するのはお互いのマスク、フィン、BCD。
ジョナサンは「ウエットスーツとビキニも交換しろ!!」
としきりに言っていたが・・・。
そして水中で私がDonatorでRIKKEがReceiver。
BCDを交換すると受け手とあげてが逆転する。
私はやはり余裕だったがRikkeは少しパニくったみたいだ。
途中で「息が続かない!サインを出して私はすぐ自分のレギュレーターに切り替えた。
でも何とかスキルは終了。
Rikkemo無事DMになってシュノーケルイッキを経験しました。ははは。
d0081889_22363496.jpg

[PR]
by papaya_mango | 2006-06-24 22:32 | MALTAでDIVING

I became muppit instructor!!

終わったあ!!昨日6月4日。IEが終わりました。
…何とか受かった。しかしもう二度とやりたくないよ。ほんとに。
初日は朝7時にホテル集合。そこでPADI SATNDERDとACADEMIC5教科のテスト。時間はそれぞれ1時間半なんだけどみんな終わるのが早い!!
と言うか、日本語の表現が難しすぎる。どういう風に難しいかと
言ったらなんていうのかなあインストラクターは何々しか出来ない。正か誤か?と言う質問があって、私には「しかできない」と言う表現が引っかかってしまうの。「何かほかにも出来るものはあるんじゃないのか??でもこのマニュアルにはこれとこれとこれが出来る。とかいてあるし・・・。質問も(これとこれとこれが出来る。と書いてくれればいいのにこれとこれとこれ以外は出来ないとかいてあるから間違いのような気がするのよ。)
そして物理も案の定日本語のトラップにいっぱいはまった。
しかし何とか合格。次はクラスルームのプレゼンテーション。
私の課題は2つのタイプの緊急用酸素の説明。これを面白おかしく説明しなくちゃいけない。(いや別に面白おかしくしなくても退屈な話にしないようにしなくてはいけないだけだ)私はコンタクトは旅行の話から入ってEXAMNERを笑わし、4.65で合格。5点が満点。終わったらすぐにNATIONAL POOLに移動して次は水中スキル。
サーキットスキルは5種類のスキルをデモンストレーションする。
私に当てられたスキルは
マスククリアー、Fin Vipot、レギュレーターリカバリー、スクーバユニット脱着、最後はCESA(コントロールされた緊急スイミングアセント)結果は見事5点満点!!
そしてその日の最後はCONFIND WATER SKILL PRESENTATION。
これは限定水域ダイブでインストラクターと生徒と別れ、そのスキルをデモンストレーションして生徒役がわざと間違えてそれを見つけ、正しく直すと言うプレゼンテーション。
SteveはOW CourseのスキルでLUCKYだったけど私はまたもやレスキュー。
それも水面スキル。レスキュー課題のクイックリバース。
実は今回からレスキュースキルがIEに加わった。アンラッキー!!
でもこれはIDCのときに私の課題であったのでそのままそのプレゼンテーションが使えた。クイックリバース。これは水面でおぼれているダイバーを救助に行くときにそのおぼれたダイバーがしかみついてきそうになったときにすばやく逃げる技。何だけど私のグループの皆さん、誰もクイックリバースを知らない。
DM役になってくれた女の子もそのスキルを知らず、私がデモンストレーションする時に「BCDに空気入れなさい!!」と叫んだらぷーとBCDに空気を入れてくださった。だめよ。パニックダイヴァーは人の話を聞かずにおぼれてくれないと・・・。
そんなんでも何とかそのスキルを終了、生徒役も自分たちがそのスキルを知らないからどう間違えていいのかもわからない。こういうのが一番困る。しかし何とか間違いを見つけて私は4.25で合格。ちょっと悔しいけど合格ラインだから良かった。でもわざと間違えると言うのもそのスキルをちゃんと分かってないと間違えることも難しい。とはいつも真由美さんが言っていたこと。本当に納得だ。
翌日は最後のスキルOW。レスキューとOW プレゼンテーションですべてが終わる。
私のレスキュースキルにに関してはIDCコースダイレクターのクリスのお墨付き。真由美さんも認めてくれているのでこれは何の問題もなく合格。
そして最後のOWプレゼンテーション。
私のスキルは「バックアップ空気源を使っての呼吸(停止位置)とAID サーチ&リカバリーの SEET BENDを水中で結ぶ」
これも困ったことが起こった。生徒役の二人の候補生が二人ともシートベントの結び方を知らないのだ。ブリーフィングのときに「むすびかたを知っていますか?と聞いたときにみな知ってるといったのに、そのときたまたま私のブリーフィングを聞いてなかった候補生二人が私の生徒役になったのだ。あちゃあ。しかし一応私は絵心があるのでシートベントの結び方をスレートに描いておいた。一人の女の子は分かりやすい間違いをしてくれて、二度目は私のスレートをみながらシートベントを完成してくれたが、もう一人のウイリアムと言う男の人はまったく出来ない。本当に出来ない。昨日のスキルから彼はうまくなかった。なので結構要注意だった。Steveは「彼を生徒役にすると絶対困るから明日は彼をDMにしなさい」と言ってくれたけどEXAMNERがわたしのDMはSteve にしなさいと言われてなくなくSTEVEをDMにした。こういうとき、ずっと一緒にやってた人を生徒にしたほうのが分かりやすいし協力的なので絶対有利なのに。
で、シートベント。最後には私が彼の手に添えてシートベントを完成。出来たときには嬉しくて抱きついてしまった。そしてそれをみたEXAMERも水中で私に抱きついてくれてOKサイン。合格だ。
やったあ!!!
本と、長い一日だった。
でもこれではれてインストラクター。しかしへっぽこだけどね。
d0081889_2281767.jpg


そして、夜。私たちには恒例行事が待っていた。
[PR]
by papaya_mango | 2006-06-05 21:58 | MALTAでDIVING

明日からIDC

おおおお~。いよいよIDCが明日から始まる。
もういまさら何をやっていいのか分からん。
ジョナサンにも「今日は一日家でのんびり明日の準備をしなさい」
と言ってくれたので家にいたんだけど、暑くて溶けそうになったので
インターネットやりに来た。
一応予習として候補生ワークブックで勉強はしたんだけど
ここでまた問題が・・・。
以前インストラクターマニュアルが古いのが着たから取り替えたもらったんだけど
このワークブックも古かった。
だからマニュアル見て問題の答えを探しても規定が変わってるから
答えがない。
真由美さんは「ま、そんなに大きく変わってないし規定が変わってるならトレーニングブルテンで明日コースディレクターが教えてくれると思うから問題ないよ」
と言ってくれるけど、明日IDCを受ける人たちのなかで一人だけ違うワークブックで勉強しなくてはいけないことだけでもすごいストレスになってきた。
高いお金出してワークブックを買ってそれが古かったなんてなんか納得は出来ないけど海外でこういう試験を受けるのはこういうことは仕方ないんだろうか。
なんにせよ、受かれば何も問題はないのよ。
明日は8時には講習が始まる。6時までみっちりらしい。

どうかプレゼンテーションミスりませんように!
次のブログは結果発表になるんだろうなあ。
本当にナーバスだよん。
どうかどうかうまくいきますように。
[PR]
by papaya_mango | 2006-05-24 21:56 | MALTAでDIVING

へっぽこDM

今日は2度目のGOZOダイビング。そこでいい加減スキルを終わらせようと言うことになった。
残っているスキルはボヤンシーチェック。5POINT潜行。フリーフローデモ。エア切れの練習とバディブリージング、そして水面レスキュー。
1本目BLUEHALLで潜った後、すぐに残りのスキルをやることになった。
…私は本当に頭が悪い。いつもどうりのウエイトで浅いところでタンクのエアーも少ないままやろうとしたのだ。
当然浮きまくる。あせるから余計に浮いてしまう。
浮きながら残りのスキルをやった。
終わった後、真由美さんに「浮いたのは多めにみてあげたけどほんとにバカだ」
と怒られた。当然だ。でも、言いたいことは一杯あるけどとりあえず合格!
にしてくれた。
なので今日はとりあえずTIME SQUAREでセレブレイトしてもらった。
と言うか私は口実でただみんな飲みたかっただけかもしれない。
でもこれでようやくDMになれました~。
長い道のりだったよ。
しかしこの後10日足らずでIDCが待っている。
こんなへっぽこDMでも何とかなるのかなあ???
でもよかったあ!これが本音。
[PR]
by papaya_mango | 2006-05-14 21:50 | MALTAでDIVING

ストレススキル

今日はストレステストをした。水中でバディブリージング(ひとつのレギュレーターで2呼吸ずつして交換するやつ)しながらフィンとマスク、BCDを交換するやつ。これはダイブマスターが自分でどうやったら一番うまく交換が出来るのか考えながらするテスト。なんかえらいことするなあ。
もともとバディブリージングのスキル自体が苦手な私。やる前からずいぶん不安だ。おまけに夕べは飲んだくれに飲んだ。真由美さんはハングオーバーで朝から吐きまくっている。わたしゃ吐く事はないけど胸やけで気持ちが悪い。体調は絶不調だ。でもやらなきゃ・・。いい加減、DMのスキルも終わってほしい。まだまだ残っている。IDCまでに終わるんだろうか・・・。ときどき不安に思う。
さて水中に入りストレステスト。相手はMARCだった。思ったよりも落ち着いて交換が出来た。しかし、MARCのマスクをして自分がレギュレーターを加えてないときにマスククリアーをしてしまったため、息が続かなくなった。「あ、やべ」と思ったけど何とか終了。真由美さんにあとで「マスククリアーのときしまったと思ったでしょ。見てて、バカだなあ。と笑ったよ。」と言われてしまった。ちゃんと見られてるんだ。さすがインストラクター。
明日はたぶんレスキュースキルかなあ。
今週に入って海が穏やかになったのでダイビングもいやじゃない。
やはり荒れてるときとか風があったり曇ったりだと、寒いからいやなのよ。
明日も晴れますように。
ちなみに水温は3Mで17℃になった。
でもまだフードなしじゃあ、つらいわ。
[PR]
by papaya_mango | 2006-05-10 21:44 | MALTAでDIVING

何が起きてもマイペンライな島プーケットから今日も海に陸に忙しく発信中 。


by papaya_mango