南の島で暮らしたい!!

xpapayax.exblog.jp

何が起きてもマイペンライな島プーケットから今日も海に陸に忙しく発信中 。

カテゴリ:MALTA観光( 2 )

地中海峡冬景色

5ヶ月ぶりに2度目のゴゾ島へ行った。
12月10日から幼馴染のくんべが遊びに来てくれて
彼女の帰る一日前に行くことになった。
天気は大荒れ、ゴゾ行きのフェリーも出るかどうか心配だったけど
何とか決行。
メンバーは私とくんべ、ANNAちゃんとMARCOS。
ANNAちゃんのBFのMARCOSも一度もゴゾに行っていなくて
翌週にはスペインに帰ってしまうので行きたいと言う事で一緒に行った。
大荒れの海の中、約20分かけてフェリーは一路ゴゾヘ!
その中で一番はしゃいでいたのはたぶんMARCOSだった。
前回行ったときはサマーシーズンだけ入れるコミノ島も入れて例のバスドライバーの痴漢にあった
ツアーで行ったけど今回は現地でタクシー拾っていきたい所をリクエストして回った。
ゴゾは、確かにマルタだって田舎だけどさらに素朴でのどかな島。
くんべは大嵐にもかかわらずゴゾがとても気に入ったようだ。
ゴゾ等の名所といえばチタデル(大要塞)アズーレウインドウ、カリプソCAVE。ETC・・・
前回は一日で二つの島に行ったのでゴゾは本当にチタデルくらいしか行ってなかったので
タクシーでいろいろなところにいけるのは本当に良かった。ツアーよりも安いし。
ちなみにフェリー往復が2LM、タクシー一日が一人5LM。お弁当持参なので
それだけですんだ。
ただ、いくらいろんなところに連れて行ってくれて20分くらい観光時間をもらっても
雨こそは無くてもすさまじい風で寒くて長時間いられない。
アズーレウインドウなんかすさまじい風と波で本と人か飲まれないかと心配だった。
ゴゾ等の名物は蜂蜜とレース編み。しかしなぜか私はポンチョを買った。
(すごいかわいかったから)
ゴゾはやはりマルタ本当よりも物価が安いような気がする。

次回は暖かい天気のいい日にもう一度行きたい。かなあ。
[PR]
by papaya_mango | 2005-12-18 20:15 | MALTA観光

ナゾの轍カートラッツ

MALTAは本当に小さい島の癖に数多くのミステリースポットがある。
その中のひとつに『カートラッツ』と呼ばれるナゾのわだちがある。
いつの時代に誰が刻んだのかわからないけど、石灰岩の大地に車輪のあとのような溝が刻まれている。
前から行ってみたかったけれどチャンスがなくなかなかいけないでいたらちょうど学校の友達の二人同名のMIYUKIちゃんも行きたいといということで、そんならみんなでお弁当でも作って、ついでにその先にあるデングリクリフ(という地名の絶景の海岸線)までPICNICに行こうということになった。
私は2時半まで学校があるのでMIYUKIちゃんととびちゃんとがお弁当を作ってくれて行くことになった。(ありがとう)

当日、その話を聞いたANNNAちゃんとKAORIちゃんも行きたいということになり、MIYUKIちゃん、とびちゃん、KAORIちゃん、ANNAちゃん、ボーイフレンドのMARCOS、そして私の合計7人の大人数で出発。

お弁当はおにぎりとサンドイッチ。
VALLTTAから81番のバスでカートラッツへ。

バスを降りてしばらく歩くと本当にあった。ナゾのわだち、カートラッツ。ほんとに太古の不思議を感じる。


KAORIちゃんが言うにはMALTAがムー大陸だったのではないかという証拠の痕跡らしい。
本当にこのわだちは全て海に向かっていて同じものがシチリアにも北アフリカにもあるらしい。
ていうことは、このわだちを作ったときは確かに大陸が陸続きだったということなんだ。
本当にミステリー。『世界不思議発見』でも取り上げられたことがあるらしい。
しばらくカートラッツを探索してデングリクリフに向かう。
結構な道のりだった。40分近くは歩いたかな?

日もだいぶ傾き、壮大な地中海の海を眺めながらおにぎりを貪り食う。
やはり日本人。地中海の夕日を眺めながら食べたおにぎりは本当に格別の味がした。

またやりたいね。
[PR]
by papaya_mango | 2005-09-05 19:39 | MALTA観光

何が起きてもマイペンライな島プーケットから今日も海に陸に忙しく発信中 。


by papaya_mango