<   2006年 01月 ( 4 )   > この月の画像一覧

冬は鍋!!

冬はやはり鍋である!
寒い体もあったまるし一つの鍋をみんなで囲めばそれだけで心も体もほっかほか。
しかし ここではそれは難しい。
テーブルコンロなんて持っていないし、何よりも土鍋が無い。

昨日はANNAのうちで鍋を食べた。
さすがに毎日夕食を呼ばれているので、さりげなく
「今日は学校が終わったらダイビングに行くので多分そのまま帰りが遅くなる」
とドリスに伝え、遠まわしに私は晩御飯要りません~。と伝えておいた。
もちろんダイビングは嘘である。寒いよ。でもこの時期もちゃんと潜ってるけどね。
年末に彼女がスペインに帰ったときに彼女の家族がスペインに遊びに来ていてそのとき山のように食材の差し入れをもらったので、優しい彼女はそれを独り占めすることなく私にも分けてくれた。というかもらったものは豆腐と糸こんにゃく、キムチ鍋のもとETC。前回はそのキムチ鍋のもとでちげ鍋を作った。
作るといっても鍋を囲んで食べれるわけじゃないからコンロに鍋を置いて具を煮て煮えたら各自台所のコンロまでよそいに行くという何ともめんどくさい方法。
でもそれしか方法が無い。
今回は本当に100%野菜が食べたかった。豆腐はとっくに賞味期間が切れていたので生食はやめて豆腐のあんかけを作る。(マルタで生活するようになって賞味期間が切れたものなんか全然気にしなくなった)
6時ごろ彼女の家の大家さんが来るからその後で作ればよいやと思い(だって鍋なんて野菜きって入れたらすぐ出来るし)
しかしここでまたANNAちゃんは信じれない行動をとる。
5時50分ごろ。
「おなか空いて我慢できない!ラーメン食べる!!!」
と、チャルメラを湯がき始めた。後30分もすれば、というか大家さんが来て帰ればすぐに夕食になるにもかかわらず今の己の欲求で行動を始めたのである。
太っている私にはとても出来ない。
「大丈夫なの?すぐに夕食だよ?」
と私が言っても
「大丈夫。これは私のおひるゴハン。夕食はちゃんと食べれる」
とあっけらかんと言った。

ここで私はひとりの友人と彼女が重なる。
その友人は私の幼馴染のくんべだ。
彼女も己の本能のまま行動している、と私は思う。
夜中にちょっと小腹が空いたらパクパク物が食える。
あと1時間もすれば時のゴハンになるのに
いま少し腹が減ったら ぱくぱくっと食べている。
そして時の時間に後悔している。
似てるぞ。あななたち。

そして彼女が麺を湯がき始めたときに大家さんがやってきた。
タイミングが、すごく悪い。
しばらく大家さんと話していた彼女、そして私に
「ごめん、麺に卵落として作っておいてもらえる?」
といい、そのまま大家さんと話していた。
大家さんが帰ったときはすでに6時半。
ANNAちゃんは伸びたラーメンを食べ始めた。そして私は夕食を作る。
彼女が空腹になる頃まではさすがに私は待ってあげられない。
豆腐のあんかけ、
それと水炊き。ねぎと白菜としいたけが無いからマッシュルーム、それと白滝。
それを以前日本人の子が日本に帰るときにおいていってくれたゆずポンつけた食べた。日本の味だよ!!!これだよ!これ!!!

昨日は最高に幸せだった。
もちろん飲んでしまったよ。BEER。それもANNAの分まで。。。はあ。
私は本当に夜の食事の量が半端じゃないんだよなあ。
ANNAちゃんよく食うけど私ほど飲まないもの。
私のこの腹は全部ビールで出来ていると思う。

そういや日本食の話題のついでに以前GEORGEに「何で日本人はゴハンに味をつけないんだ。味があったほうのがおいしいじゃないか?」
といわれた。子供の頃から白い米が当たり前の私。疑問に思ったことも無い。
というかこっちの米はまずいからピラフとかにしないと食べれないんだと思う。
でもこんなこと言わないけどね。
後。「朝食に米を食うなんて信じれない」
とも言われ。あんたらがパン食うのと同じだよ。と答えたかったが黙っていた。
食文化の違いはどう討論しても分かりえないものがあると思う。
マルタには繊細な味という言葉が無い。だからどう説明しても無駄なのである。

そしてうちに帰ったら。何故か私の部屋の唯一の熱源だった湿気取り機がなくなっていた。すごいショック。。。多分ここ2,3日ジェーンの部屋で寝ていたので必要ないと思われたのか湯たんぽをくれたのでそれで事が住むと思われたのか。。。
布団の中はよいが外は地獄だ。

そして翌日朝学校に行く前にドリスにあったら
「大丈夫なの?昨日海なんかに潜ってさぞ寒かったでしょう?可愛そうに」
といわれた。何か嘘ついたことがとても悪い気持ちになってしまったよ。
嘘ついて、ごめんなさい。でも鍋おいしかったのよ。
[PR]
by papaya_mango | 2006-01-26 20:30 | MALTA滞在

どうしてわかってくれないの??

以前にもブログに載せたけど私は今独り暮らしをしている。。。。はずだが一人ではない。大家さんの家の3階に住み込んでいる。2ベットルームで後から付け足したような簡易キッチンとシャワーとトイレがついていて部屋の両側は無駄に広いバルコニーがある。ちゃんとテレビもあるし(イタリア語とマルタ語の番組しかないけど)DVDも貸してくれた。二層式だが洗濯機もある。水道と電気代は家賃に含まれている。場所はSt.Julianの静かな住宅。歩いて5分でTowers Supermarketにいけるし学校にだって(パーチャビル)10分くらいでいける。環境は本当に良い。
何も問題はない。ただ玄関が大家さんのうちなので私は必ず帰ったときと出かけるときは必ず台所を通るので挨拶をしてそこを通る。

LandloadのGeorgeは本当に料理がうまく、またいろんな国の料理にも興味があるので良く料理の話で盛り上がる。
最初の頃は週に1,2度夕食に呼んでくれたけど、今は毎日になった。
それが良いのか、本当に迷惑していないのか、心配だけど毎日呼んでくれるのでお言葉に甘えている。
ただ、こうなったらもう勝手に友達を呼べなくなった。
というのも日本人的な考えかもだけど、大家さんは私の分も作って夕食に招待してくれるけど、私の場合、それを作っても大家さんにあげれるほど作れないし、なんか自分の分だけしか作らないのがいけないことのような気がしてきている。
あと、あくまでも行為で夕食に呼んでくれているので、毎日がどうなのか分からないのだ。

それになんか突然友達と外食ということもしにくになった。
なぜなら私はホームステイじゃないから彼らは私の食事を作る義務はないから、ダイヴィングの帰りなんかにちょっと飲んで帰ったりしたら翌日「昨日はあなたの好きな魚だったのに どうしたの?」とか聞かれる。
かといって買い物に行ったとき「どうせ大家さんが食べさせてくれるかなあ。」
なーんて期待して帰ると呼んでくれなくて、「あり~???冷蔵庫何も無いよう!!」
という事になる。
ホームステイなら「今日は遅くなるからばんごはんはいりません」っていえるけど
好意でたまたま食べさせてもらってる私がそんなこと言うのもおかしいし。
でも、「今日は食べさせてくれますか?」と聞くのもずうずうしいし。
すごい贅沢な話だけど。悩んでいる。
実は向こうも困ったるんじゃ無いかなあ。一度呼ぶようになったらもう私を呼ばないといけない見たいな。
もちろん私としては一番食費が浮くから夕食に招待してもらえるのは本当にありがたい。

それに量が半端じゃないので好意で食べさせてもらうのに残すのもすごく悪い。
以前パスタが出て(こっちはパスタはスパゲティーじゃなくてラザニアとかマカロニみたいなグラタン風になって出てくる。)学校の教室にある時計くらいある大きさの皿に10インチラップトップくらいの大きさのドカンと出てくる。(一人分)さすがに食べれない。半分以上残すと、次回からは「あなたはパスタ嫌いなのね」といわれる。そうじゃない。何でもかんでも大好きだ。
ただ、量が多いんだってば。と何度説明してもパスタの日には
「あなたの嫌いなパスタだけど、一緒に食べる?」
と必ず聞かれるようになった。本当に好きなんだってば。

正直、半端じゃなく太った。なぜなら好意でご飯食べさせてもらってるのに残したら申し訳なくて半分以上は残さず食べるようにしている。それでも残ったものは必ずTAKE AWAYして冷凍保存している。いつ食べるのかは分からないけど。

そこまで苦労してんのなら夕食呼ばれなきゃいいじゃん。と思うのだが前にも述べたけど食費が浮くからである。収入0の私には本当にこの状況はありがたいと思わないといけない。でもつらい。
あと、私の部屋には鍵がついていない。だから私がいない日中は奥さんのドリスが部屋に入っている。これも実は本当に嫌だ。
でも私の部屋には広いバルコニーがついているので、洗濯物を干しに私の部屋に入るのだ。ご飯食べさせてもらえうからこのくらいは我慢しなきゃと思うのだけど、時々バルコニーのドアが開けっ放しになっていて部屋に帰るとめちゃくちゃ部屋が冷えていたり、また暖かかった時なんかは蚊が入り込んでいて夜中にかと戦わなければいけない。
あと。二言目には電気代が高い高いというので電気代込みの家賃の私はヒーターは無いけどあまり電気が使えない。私の部屋はへーたーじゃなくてヒューミディティーファイヤーというものを用意してくれた。マルタの冬は湿気が多くてそれが余計部屋を寒くしているのでその湿気を吸い取る機械。すごくほんのりあったかいが。全然用を成さないよ。
で。最近は二階いるホームステイの女の子の部屋に夜はとまりに行っている。
その女の子はジェーンといってロシア人の17歳なんだけど(2週間前から来ている)すごい良い子でかわいい。泊りに行ったきっかけもドリスが
「もしよかったらあなたの部屋は我が家の中で一番寒い部屋だからしたの一番暖かい部屋に住んでるジェーンの部屋に泊りに行きなさい。なぜなら彼女は一人部屋料金で泊ってないから、一人でヒーターと電気を使ってるのは私はよくないから。」
とずばり言われた。2階と3階でそれぞれ電気使われるのなら一部屋にまとめたいんだろう。ドリスはやはりお金にはうるさい。
それにジェーンも快くOKしてくれたし何よりも彼女の部屋は暖かい。ヒーターはあるしTVもケーブルがついているから英語のチャンネルが見れる。
取りあえずしばらくはこのままでいいかなあ。と思う。が。
大家さんの好意に自分が今どのくらいずうずうしく思われているのかが心配。
あと、ジョージは本当に良い人なんだけど。強い。
たまに喋っていて「違うよ」と思うことがあっても口答えしようものならすごい剣幕で「NO!!!おまえがしうらないだけだ!」とまくし立てられる。

昨日もダイビングの話になって(ジョージは昔船乗りで大型タンカーでオイルを運んでいる仕事をしていた)レスキューの話になったんだけど凄いストレンジなシュチュエーションのレスキューの話になって「もし水深60m80m でダイバーが沈んでいたらどうレスキューするんだ?」と質問されて私が「水深60mはもう私が助けにいける水深ではない」と説明しても「NO!!!お前は先生からそんな事教えてもらってないのか?何のためにレスキューライセンスをお金出して習ったんだ。」と言われ、少し私もカチンと来てしまったので「ちゃんと教えてもらってるけどもしその人が20mとかで沈んでいるのならもちろん私は助けにいける。でもそれ以上60mとかに人がいても、もちろん助けたいがもう私の救助できる水深を超えてしまってる!」と口答えしたからもう延々とレスキューの仕方を私に教えてくれ始めた。彼の話はとにかく水深とかは考えてなくて人を救助したらエアーを与えて安全停止をし、再圧チャンバーに入れると言うもの。分かってるよ。でも私はちゃんと習ってるんだってば。と言いたかったが言えなかった。
最後には「ちゃんと教えてもらいなさい。高いお金を捨てているようなものだ」と言われた。

どうして分かってくれないの??

私がこだわったのは水深60m。ジョージが言いたいのは水深は関係なく人を救助すいる方法。

最近夕食後の討論がとても疲れてきた。。。
[PR]
by papaya_mango | 2006-01-26 20:28 | MALTAの人々

ANNA

ANNA。私のブログに一番良く登場する彼女は私よりもはるかに若い、
というか私が高校2年生のときに生まれた女の子である。
年の差はどうあれ、彼女は私のマルタでの生活に無くてはならない友人で
また、英語の先生である。
出会った時は正直、日本人には見えなかった。
彼女は高校卒業後単身スペイン語留学を2年経て、次は英語と
マルタへ私よりも2週間早く到着していた。
もともと積極性もある彼女なので。吸収も人一倍早く最初同じクラスだったにも
かかわらず、あっと今に上のクラスへ行ってしまった。
でも、いつも一緒に遊んだなあ。
9月に彼女のBFのマルコスもマルタに来て、私たちの間にはいつもマルコスが居た。マルコス。。。ANNAよりも10以上年上なのに。何かほんとに子犬みたいで私は二人がとっても大好き。12月に二人でスペインに帰ってる間になぜか私もクラスだけは上がり(上達してないよ、本と)
今はまた同じクラスメイト。運命だわ。クラスはいっぱいあるのにまたあなたと同じクラスになれたんだもん。


でもねえ。私たち、似てないと思うのだがみんなに姉妹か??ときかれるほど似ているらしい。似てねえ。身体が。にてんのは身長のでかさと髪型だけだよ。
ANNAは本当にナイスバデーだ。しかもよく、食う。食う。ほんとに食う。
私の敗因は彼女と一緒になってよく食っていたら気が付いたら私だけ大きくなっていたことだ。くそう。
昨日も彼女の家で私は腹筋。その横で「がんバレー」といいながら
もりもり昼飯を食っていた。食ってたものはどんぶり二杯分はあるんじゃないかという料のスープとドライカレーチャーハン(これは私が作った。もちろん私は食べない。)
何が違うのだ??
何でそんなにいつもいつももりもり食っててもそんなにナイスバディーなのだ??
年だからではないと思う。
私が二十歳のときやはり全然太っていたんだもん。
代謝の性なのかなあ?
d0081889_2027616.jpg

↑酒飲んで爆睡中のANNAみんなにもてあそばれてるとも知らずに・・。

今日も今から彼女の家で腹筋だ。
日本に帰る前にもう少し英語とダイエットしなきゃねえ。

アンナちゃん、ほら私の横でインターネット熱中していないで帰るわよ!!
[PR]
by papaya_mango | 2006-01-14 20:19 | MALTAの人々

New Year Resolution

年が明けた。ついに2006年。新年をマルタで迎えた。
去年は新年をイギリスで迎えた。
クリスマスから日本レストランでバイトをして
当然年越しもそこで過ごした。

そしてそのあと親に電話しようかなあ。と思い、
パーチャビルのほうに歩いていったら真由美さんからTELが。。。
「年越し1人は寂しいでしょ~?今パーティしてるからおいで~」
と。
確かに1人だった。くそう。
場所はバーガーキングそばのサルサバー。
年越しのパーチャビルはあの夏のすごい人ごみを髣髴させるくらい
と言うかマルタ中のティーンエイジャーが集まった??
と言うくらいすごい人。それもみんなちゃんとスーツとか着ていて決めている。
真由美さんはすでに、気持ちよく、と~っても気持ちよく酔っていた。

メンバーは真由美さん、ジョナサン、カタリーンとマーク。
みんなカップルじゃん。
なんか新年早々少し寂しいわあ。
私たちは3.4件はしごをした後家に帰った。
んで翌朝、5時に帰ったにもかかわらず9時には起きて
パーティの準備をする。

パーティは前からGEORGEに約束をしていた新年会。JAPANESE STYLE
クリスマスがやはりこちらの人には重要でクリスマスイブに素敵なパーティをしてくれたので、おせち料理とは行かなくても
なんかね。久しぶりに日本食作りたくて頑張ったよ。

作ったもの。豚の角煮、名古屋風手羽先、掻揚げの天ぷら、ポテトコロッケとコーンコロッケ、JAPANESEクシカツ、サラダ。後はいっぱいのビールとワイン・・・とジョージが作っていたブルーチーズのディップ。

食いまくったと言うよりも飲みまくった(いつものことだが)
そしてその夜。私はヘンな夢をいっぱい見た。
これが私の初夢だった。
それよりもホントにヘンな夢を立て続けに見た。
それには触れたくはないが、後日その話をジョージにしたら、
「昨日チーズをいっぱい食べてただろう?」だって。
なんでもチーズをいっぱい食べた夜は夢をいっぱい見るんだって。
又ひとつ博学?になったわ。

そして朝。私はベットの端で足は下に落ちていて下半身裸!!!であほみたいに寝ていた姿で実がさめた。

ダメだわ。こんな生活。もう女じゃない。{/hiyo_shock1/}
と言うか下半身裸で起き上がってみた自分の姿が明らかに半年前の
自分の体ではなくて、いまさらながらにダイエットしなきゃ
このままじゃ日本に帰れん!!!と決意。
顔はまん丸おなかはぽっこり出ていて着る服がない今の自分。
と言うわけで私のブログはマルタライフ+ダイエット日記もつけたいと思う。
今のままの自分だと、絶対日本に帰ったら
「お前は誰だ??」
と言われるに違いないからね。
頑張るぞ~!!!
で。
なんかダイエットでいい情報あったら教えてください。
[PR]
by papaya_mango | 2006-01-01 20:17 | MALTA滞在

何が起きてもマイペンライな島プーケットから今日も海に陸に忙しく発信中 。


by papaya_mango
プロフィールを見る
画像一覧