<   2012年 07月 ( 8 )   > この月の画像一覧

カツオノエボシに刺された。

今日はRacha Yai 3ダイブ。
お客さんは、木曜日に一緒に潜ったベルギーの親子。もう一度私のガイドでとリクエストしてくれたのだ。

今日の最初の予定はDive1 Bay5 Dive2 Bay1 Dive3 Siam Bay。2本目でレックで3本目で象か...。というか私のお客さんは13歳。18Mの深度限界は絶対だ。うーん、今日の予定はあまり私には嬉しくない。

しかし1本目のBay5。今日は本とシミラン並みの透明度。うっしょーーー。すごいキレイ。と私のテンションはあがるが、奇麗なだけで魚はいない...。流れもなんか複雑で、北に行けば南におされ、南に戻れば北に流される。結局、潮溜まりみたいなとこで身動きが取れなくなり、そうなると、キレイなんだけど、ゴミもたまるんで、水中ゴミだらけに見舞われた。とっててもきりがない。

今日の私はまあラチャヤイだしなー。と、ウエットを着ずにラッシュガードと、フードベスト、それとサーフパンツと言う軽装で。この軽装が後で大後悔につながるとは、ほんと、最初は何とも思わなかったよ。

いき場所が無くなり、時間も45分を過ぎたんで、安全停止をかけながら浮上開始。そのときに私の右のふくらはぎにもの凄い激痛を感じる。ほんとに電気ショックみたいに。「なんだ?」と思い、痛い場所を見ると私のふくらはぎに細ーい青い点々のついてる釣り糸みたいなものが巻き付いてた。「クラゲ?」と思ったけど、水中だから青く見えるのか、ほんとにこれ青いのか、何だこれー?と思いながら更に浮上したら、今度は私の右手の甲に息が止まるくらいの激痛が。「いでででで!!!!」手のひらも青い糸が巻き付いてる。とっさにそれを振りほどいたら左の手の甲にも激痛。

だんだん水面に近づいて来たら、今度は水面にすごーーーいミニチュアにしたペットボトルみたいなもんがそこら中にプカプカ浮いてる。そしてそのミニチュアペットボトルから青い糸が下に垂れ下がってた。そこで初めて「カツオノエボシ」と言う言葉が浮かぶ。
「あれ??これってすごい危険で死んじゃうんじゃなかったっけ???」
と、それでも冷静に考えてる。水面にあがり、私のお客さんに「危険なクラゲがいっぱいいるから気をつけて!」(既に私が被害者だが)と船を待ったら、ディンギーで迎えに来てくれたクルーも「危ないクラゲがいっぱいいるから早くあがってくれ!」と、先ずは子供を先にあげ、次にお父さんをと言ったら、「僕はフルスーツだから。君がすぐに上がれ」と言ってくれて、お言葉にあまえ、先にエキジット。どうやら私のお客さん2人は無事だった。

出船に戻ったら、皆刺されてる。ビネガーのにおいが充満していた。しかし、これは後で知った事なんだけど、酢はカツオノエボシに限ってはよけいによろしくないらしい。酢の刺激でよけいに毒は発射するらしい。一番いいのは熱湯か冷たい水で洗う。もしくは海水で洗うらしい。

しかしこの時はそこまでの知識がなかったため私も患部を酢で洗う。

中には首のまわり、腕回り、皆いろいろな場所を刺されてた。

ダイブデッキには誰かが捕まえた「カツオノエボシ」が打ち上げられてた。
カツオノエボシ 英名 Portuguese Man O' War。
これにも種類があるらしく、今回さしたヤツは死ぬまでのものではない、と皆が行ってたけど、皆専門家じゃないだろう。

と、いうか、カツオノエボシ。名前は知っていたが、ぶっちゃけ、私には縁のないものだと思ってた。だって6年間、一度も遭遇したことないんだもん。ここにはいないもんだと勝手に思ってた。

とにかく、痛いなんてものじゃない。パニックになるお客だって出るだろう。

そして船に戻って、10分くらいしたら、なぜか、右の脇の下が鈍痛。鈍い、でもしっかりと痛い。
他のイントラに「i don't know why but i have a pain my armpit 」と伝えると、私だけじゃなく、数人のダイバーも同じく脇の下の痛みを訴えてた。
太ももを思いっきり刺された人は、刺された側の鼠蹊部が痛いらしい。

どうやら、毒がリンパに回ったらしい。脇の下や鼠蹊部はリンパが流れてるから。のちのち、私も右の手の甲の痛みが一番長く続き、2本目3本目のダイブも、例えるならすごい太い注射を打たれたような重い痛みがずっと続いてた。

ただ幸いは私のお客さん2人が無事だったこと。でもこれで私キャリアになっちゃったわけだから、一体どのくらいのリスクが2回目はあるんだろう。

家に帰ってからwikiしてみたら、こんな恐ろしい事が。

以下Wikiより抜粋。

人にとって非常に危険な生物である。触手に強力な毒をもち、刺されると強烈な電撃を受けたかのような激痛がある。患部は炎症を起こして腫れ上がり、痛みは長時間続く。二度目に刺されるとアナフィラキシー(アレルギー反応の一種)を起こし、ショック死する危険がある。
カツオノエボシの触手に触れると、表面にある細胞から刺胞という微小な毒針が発射される。これに含まれる毒が炎症や痛みを引き起こすのである。


2度目は無いけど、明日もういないなんて保証も無い。
d0081889_22312351.jpg

これもWikiからの画像。

いやあ、なんだろう、何かを失ったようなショックだわ。

で2本目は西側ならいないんじゃないか?と、バンガロー。3本目はサイアムベイと、ダイブ的にはあまり面白くない感じになったけど、嬉しい事に私のお客さん、もういちど行きたいと言ってくれて、来週またラチャヤイへ来る予定。

だけどねー、天気は明日から荒れる感じなのよね。

ちなみに2本目3本目、もちろんウエットスーツ来て潜りましたとも。

まだ右手の甲が痛い。重い痛みは無くなったけど、というかひりひりしてる。
でも大げさじゃなく、刺されると、呼吸が荒くなるよ。船に戻ってからずっと手がびりびり震えてたし。(大げさじゃなく)
私はもう絶対いつもウエット来て潜るよーーーー。

でもタイに住んで6年。ほんとのほんとに初めての被害です。私。

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ダイビングへ
にほんブログ村
にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ
にほんブログ村
[PR]
by papaya_mango | 2012-07-29 22:37 | PHUKETでDIVING

おちゃを日本に連れて行く為に。愛犬を日本に連れて行く方法 その2

再びお仕事一日おき。しかしその一日おきがピピと重なるこの悲しさ。

火曜日は天気がえらくヤバくて、1本目Viking Cave 2本目ピレwall3本目ドクマイという、せっかくピピに来たのに2本ともピピ レイかよ。と言う残念な感じだったけど、何と2本ともレオパードゲット。透明度はヤバかったけど。しかも帰港は7時半。港についたと同時に雨が降りだし、ついでに停電。ずぶぬれになって帰っても真っ暗でシャワーも浴びれず待つ事3-40分という、悲しい目に。

昨日は一日落ち着いてBida NokそしてPalongはサメ大爆発でそれもサメとカメのコラボまで見れてお客さん大満足。そしてラストのシャークポイントではもう何か月ぶり??というレオパードさんまで大爆発した。

チョビのお尻のしこり、無くなっては無いけれど、すごく小さくなりました。ちょっと安心。

そして今日の表題のおちゃさん。

 前回のはこちら。
無事に6か月の滞留期間を終え、後はいつでも日本に帰国ができる訳なんだけど、これがなかなか(私が)動かない。というのもいつも帰国を決めてから約10日か2週間前くらいに飛行機とってというのんびりした感じなんで、いまいちまだぴんと動けないなー。と思ってたらもう7月も下旬だ。

そう、ワンコを日本に連れて行く際は、帰国40日前までに、日本の関係機関に、犬の輸入の手続きをとらないと行けないので少なくとも帰国予定の40日前までに飛行機をとらないと行けないのだ。

バンコクからなら、そりゃいろんな飛行機が選べるんだけどさ、プーケットからだとかなり限られてしまう。最初にいつもお世話になってるパトンのJ&Rさんに相談したら、オフィスがプーケットにある航空会社がいいんではないかと、SQとTGを紹介された。でもSQはプケ シンガ間がシルクエアーでシルクエアーが動物の輸送をしてくれないので、そうなると道はTGのみだ。

私はセントレアだけど、おちゃの飼い主さん達は大阪なので、プーケット バンコク 大阪で調べてもらったら、時間はトランジットいれて約10時間で、料金が何と目玉ぶっ飛びの33485B!(約83000円x2人分)で、おちゃが1キロにつき850B。単純計算しておちゃ12キロ ゲージ8キロ=20キロX850=17000B(約42000円)と、これ計算しただけで私は破滅だ。
そう、今回キリンさんが「初めてのお使い」で、おちゃを届けるのだ。キリンさんの分の交通費はおちゃの飼い主さん達が責任を持ってくれると言っても、高い。高過ぎる。それに私の分は自腹だ。(わたしは初めから帰る予定だからね。でも自腹でもこれは高い。)
私はここ数年、韓国経由で帰っているので、それもインチョン空港で韓国コスメを買うのを心密かに楽しみにしていた為、(Hanskinと言うメーカーのカタツムリのヒーリングジェルがすごく当たりで、お母さんも喜んだんで、買ってあげたいなあと思ってたのだ。)でもスワンナプーム???全然楽しみじゃない。

で、本当にこれしか手段が無いのか、もう一度J&Rさんに聞いてみた。
で、ちなみに大韓航空はいくらか聞いてみたら、これがまたびっくりの23915B!(約59000円)で、TGよりも約34000円x2人分も安いのだ!
で、大韓で名古屋行きだと、トランジットもいれてなんと9時間45分。TGよりも早い。

一度名古屋に帰り、そこから改めて近鉄で大阪行ってもTGの料金よりも安くあがる。

もうどうしてもこれに乗りたい!!!爆

ちなみにおちゃの料金もプケ〜セントレアで150USD(約12000円)とこれまた破格に安い。30000円も安いよ。

ただ、問題はプケ〜インチョンまでの飛行機の貨物室のスペースが違う為、ペットが乗れない場合もあるらしく、審査に約1週間かかると言う事らしい。ああ、どうか乗れます様に!!!!

だって、これだけでTG(83970B=約208000円)とKE(47830B+150USD=約130000円)の違いで78000円も料金が違ってくる。78000円って!!というか、イメージタイの方が安い感じがするのに、取るとこからは取るタイ。と言う感じ???岡崎から大阪行ったって、78000円もかかんないから(新幹線で行ってもこんなにかからんわ。キリンさんは一度でいいから新幹線に乗りたいらしいんだけど。)おちゃの飼い主さんだって負担は減るわな。

しかしもちろん大韓航空。プケにお店が無いので、J&Rさんにはとても迷惑かけてます。(何でも朝一に電話しないと決してつながらないらしい)
ちなみに「今までペットの輸送の手続きした事ありますか?と来たら、大分前にネコを連れて帰る方のお手伝いはしました。」と。それはきっと絶対Maドカさん!!!!笑

そしておちゃ。ちょっと自由に生きてる感じで、タイ人から好きなだけ残飯を食らってる彼女はひょっとしたら今12キロオーバーじゃないかと言う疑惑あり。5さんが「帰る前に食い倒れるまで喰わしてやる」と恐ろしい事をいってますが、ちょっと痩せさせないと...。
d0081889_18153229.jpg

自分のこれからをまだ知らないおちゃさん。もうすぐ会えるからね。

しかしチョビさん。ごめんね、置いてきぼりにしちゃうんだけど。
(チョビをもし日本に連れて行くとしたら??29キロ+10キロのゲージ)うおおおお。頭が痛い。
にほんブログ村 マリンスポーツブログ ダイビングへ
にほんブログ村
にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ
にほんブログ村
[PR]
by papaya_mango | 2012-07-27 18:52 | ワンコの検疫

天気はいいんだか悪いんだか。

今日朝の散歩が少し遅めの8:30。
レムカの林まで後少しと言うところでサムロの上のチョビがそわそわ始めた。
「ああ、ウンコしたいのね、でも後ちょっとだから我慢ね」と言いながらなんとかマンゴスチーンホテルの辺りまで来たときに「ぶりりっ!」と言う音とともにチョビさん大脱糞。

途中で停まってあげれば良かった。しかも今から行くレムカの林は水も何も無いところ。こういうときに限って、昨日あげた豚の骨が強かったのかゲリ便。ああああ....。

朝からうんこ臭くて大変でした。

女の子なのに、年頃なのにバイクの上でウンコしちゃった女の子。チョビたん。恥ずかしかったでしょう。後でパパに慰めてもらってください。
d0081889_13121765.jpg

↑いちゃいちゃの図。

お仕事ですが、ぼちぼちと。ラチャヤイ ノイがキレイなのに対し、先日入ったピピ(10日ぶり??)は、水中、マスクが曇ったのかと何度も水を入れて洗ってクリアーするが、まだ曇る。と言う事はこりはマスクではなくて水中なのだな。と言うくらい白くてもわもわ。んで新月のせいでめちゃ流れ。でもサメは見せれてお客さんハッピー。こんときはSRだったんだが、旦那さん15年ぶり、奥さん18年ぶりという。んで双子の息子16歳がDSD。こりはもうSRではなくDSDだなあ。そして波波で奥さんパニック。旦那さんは(イギリス人)(アジア人)の方の認定カードはシンガポールのダイビング団体の認定カードで、悪くはないが、多分泳げないけど認定されてた感じだわ〜。

その前はアメリカーンはニューヨーカーな彼のOW。身長体重ともにキリンさんと一緒。
しかしすごい船酔い。またもや!

最近ファラン(西洋人)の船酔いに翻弄されてるわ私。アジア人が酔うパターンは普通にありだけど、こうあたる人あたる人が重度の船酔いで、とても困るけど、どうしてあげようもないもんなーーー。

でも水中に入れば、全く問題が無い。
d0081889_13122784.jpg


ホームランで見たEmperor Angel Fishの若者。
d0081889_13122415.jpg

渦巻きもとれ、縦縞が入り始めてるところ。年で言うとTeen ager だろうか。
しかし、かわいいわあ。

ところでここ数ヶ月右肘が痛くていたくて仕方が無い。腱鞘炎。医者に行かなきゃと思いながら行かないままなので、どんどん悪化して来た。このままだと器材がもてなくなる。というか、いくら若いつもりでも、身体はどんどんガタが来てるんだなあと、何となく悲しい。ダイビング休んだところで、多分原因はサムロの運転だと思うから、これやめない限り直らないんだろうなあ。でも車なんて買えないから、がまんがまん...。

話はどんどん飛ぶけど、今は暑いが、数日前までは雨がザーザーで寒かったので、味噌煮込うどん作ってみたよ。入れたのはシイタケ、鶏肉、ごぼうとねぎ。そういやAlwin日本に連れて来た時、きしめんは食べたけど、味噌煮込は食べさせてなかったなあ。ちなみに賞味期限3年前に切れてた八丁味噌だったけど、問題なかったよん。
d0081889_13114399.jpg

昨日はポトフ作ってみた。(朝方は曇り 雨で肌寒かったんで、しかし食べる時はもうあせだらだらだった。)

本当にここ数日天気がよくわからない。今も青空は出てるけど、黒い雲がもくもくしてるよ。
毎年、「今年のローシーズンは、おかしい」と言ってくけど、今年もおかしい。と言う事は毎年おかしい。そろそろ地球も悲鳴を上げ始めてるんだろうなあ。こうして破滅へと進んで行くのかもしれん。自然災害、天変地異を起こしながらねー。悪いのは生態系を変えてしまった人間なのよねー。でもそうすると、人間以外の動物達。この子達は地球に対して何も悪い事してないのに、人間のせいで、この子達も巻き添え喰ってしまうのか。と思うと申し訳ないわ。本当に...。

なんかとりとめの無いブログだわ。今日のは。
にほんブログ村 マリンスポーツブログ ダイビングへ
にほんブログ村
にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ
にほんブログ村
[PR]
by papaya_mango | 2012-07-21 13:41 | PHUKETでDIVING

木刀持ったジジイと大げんかした。其の弐 キリンさんの巻

暑いー。いきなり雨はぴたりと止んでもう4日目。こうして天気に恵まれると、何故か仕事が入らない。笑

半年程前、ブログにこんな記事を載せたが、その後、幸いにも、ずーーーーっと会わずに済んでいた。というか、一度会ったんだけど、(3月くらい)その時は、奥さんだか彼女だか娘だか、サイクリング仲間だかと一緒に居たので、全く問題はなかったのだ。

一緒に居た女性はチョビを見て微笑み、私たちに「Hello」と言って自転車で抜いて行ったのだ。私たちも彼女に「Hi」といい、その後に続いたそのジジイにも微笑み、ジジイも微笑み、私たちを抜いて行く。そのときに私は見たのだ。その親父の自転車のダウンチューブに木刀がさしてあるのを。なので「あれ??多分今の親父だよ。この前私が闘ったの!!」とAlwinに説明。

なんだ?めっちゃ感じいい親父じゃないか!

ちなみにその時は前方から自転車が来るのが見えたので、チョビをあらかじめリードにつないだ。そして向こうは女連れ。
女がいる前で、あの気が狂ったような暴れ方はできないらしい。

で、これは私が仕事があった日の話なので、私は見てないが、キリンさんが1人でレムカの林に散歩させに行ってたら、再びご対面してしまったらしい。

もちろん、最初はチョビはオフリードで。
d0081889_14523928.jpg

そうしたら、前方から自転車に乗った人が来たんで、まあAlwinも普通にチョビを呼んでリードにつなごうとした、したんだけど、遥か前方から既にすごい勢いでシャウトしてたらしくて、当然チョビは興味津々で何何???とそっちの方を向くから、Alwinのとこに戻ってこない。で、その自転車の男は遠くから大声でシャウトしながら片手で木刀を振りかざして自転車で向かって来た。
キリンさんは最初、こんな朝っぱらから酔っぱらいが何か叫んでると思ったそうだ。

犬の習性というか、こんな事されりゃあ、チョビだって黙っては無いよな。そのまま普通に過ぎて行けばチョビはそのままだけど、向こうから「オレに注目しろ!!」と言ってるようなものだもん。

で、そのジジイは木刀を振りかざしてAlwinに「リードにつなげ!!」とえらい剣幕で怒って来た。キリンさんは「ああ、こいつか、以前Fumikoが言ってた、頭のおかしいヤツは。」と理解し、で、そのジジイはドイツ英語だったんで、もちろんドイツ人。

キリンさんはそのジジイに「ドイツ語で、ドイツ人をもの凄い侮辱する言葉」を浴びせたらしい。笑
↑聞いたけど、忘れた。これを言うとドイツ人がめちゃくちゃ怒るそうだ。

で、そのジジイはシャウトしながら走り去って行ったそうだ。

休みの日は欠かさずこのレムカの林に来てるから、遭遇率は半年に一回なら、まあ次に会うのは12月頃か?もちろんここで会ういろんなワンコたち。飼い主はほぼドイツ人ばかりだ。

犬を大切にするドイツ人もいれば、木刀もって暴れるドイツ人もいるんだなあ。というかここプーケットですってば。本と、ここはドイツ人が多いね。

今日もチョビさんはレムカの林を走る走る。
d0081889_14523023.jpg

ココナツを見つけて...
d0081889_14524358.jpg

くわえちゃあ、ほかる。の繰り返し。
d0081889_14523978.jpg

d0081889_1452404.jpg

d0081889_14523383.jpg

飛び出し注意ですよ。
d0081889_1452442.jpg

現場検証。あなたここを飛び越える目測を誤って大けが。
d0081889_14522973.jpg

間違いなくダニはここでついちゃうんだろうなあ。でもこんなに楽しそうに草むらを走るチョビさん。ダニよけの為、アスファルトの道しか歩かせない。どちらが彼女の為にはいいのか。
にほんブログ村 マリンスポーツブログ ダイビングへ
にほんブログ村
にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ
にほんブログ村
[PR]
by papaya_mango | 2012-07-15 15:10 | 愛すべきワンコたち。

こうしてまた1つ見所が破壊された。Racha Noi Camera Bay

今日港に行ったら、もの凄い日本人祭りで驚いた。お友達のIanさんが「5月の初めと、8月の中旬に日本人ホリデーがあるのはしってるけど、今何かのホリデーか?」と聞かれたんだけど、全く浮かばず。だって「海の日」ってたしか20日だし、1日だけの休みだから、連休と言う事も無いし...。「分からない」と答えたら、たまたまそばに居た日本人のお客さんが「いえ、海の日です。今は7月第3月曜日なので、3連休だし、うまく組み合わせると5日くらい休みが取れるんですよ」と教えてくれた。海の日!!そうなのか。というか、本当にもう浦島太郎なんだなあ。

で、今日はラチャヤイ ラチャノイ。道中ほぼ揺れなし。凄く快適に行けた。本と2日前まで続いてた嵐がウソのようだ。しかし私のお客さん(DSD)のみゲロ酔い。新婚旅行のニュージーランド人。いや、ハネムーンで寝不足なんじゃないのか???と皆に冷やかされ照れ笑いしながらも口を押さえトイレに駆け込む。嫁(はダイバー)、1人でクルージングを漫喫。今日はいつも酔っぱらったしゃべり方(失礼)のオージーのDMTもついて来たんでまあ2人で1人を面倒見るというとても楽な仕事だった。が、船酔い凄すぎてまともにブリーフィング出来ず。(注:昨日はほぼべた凪)

で昨日入ったのはNorth TipとCamera Bay。

私のお客さん、水中は全く問題がなく、船に戻るとゲロ酔いするので、かわいそうなんでなるべく長く水中にいた。本と、船酔いしてる人って、船の揺れがダメだから、いっその事海の中にいた方のが船酔い忘れれていいんだよね。

そして今日はこれまたシミラン並みの透明度。魚のいないシミラン再び。

風も東風だったんで、ローシーズンにしてはとても珍しく西側に入る。
カメラベイ。通称アオマイ7。ここも15M下のサンゴがスコーンと見えてる。めちゃキレイでテンションもあがる。

さてここカメラベイで見所と言えば、ハタタテハゼと、12-13Mのハナヤサイサンゴの中に隠れている3匹(4匹?)居るカエルアンコウ。もう何年もずっと居る。2年前のラニーニャの影響でプーケット全体のコーラルがダメージを受けた最中にも、このサンゴだけは生き残り、そしてカエルアンコウも安泰だった。
DMTはもちろんこのダイブサイトは知らない。なので、まあ見所はカエルアンコウと、景観がよろしい。と言う話をして、(というか、皆カエルアンコウのサンゴがどこにあるかしらないと言う。いつも誰かについて行くので。笑)私はDSDなので、深度限界がヤバいが、透明度はよいので、DMTに「教えてあげるから自分で見ておいで。」と言っておいた。(まあ、見つけられないだろうなあ。サンゴは分かるけど、奥に入ってるから、この子が自分で見つけれる事は無いだろうなあと。カエルアンコウ見た事が無いんだから。)んで、スコーンと抜けてるカメラベイ。そして探すあのサンゴ...。
「あれ?」ない。
この辺のはずなのに。無い。でももうすぐ目の前におなじみのキノコ岩が見えてる。キノコ岩から10Mも離れてないはずなのに、無い。で、深度見たら下げの時間で12Mまで降りてなかったんで、もう少し近づいてみる。すると、そこには根元からひっくり返ったあのハナヤサイサンゴが頭を地面につけてひっくり返ってた。周りを見ると、そのサンゴの残骸らしきサンゴが粉々に砕かれて散らばってる。サンゴの色はまだ生きてた。

なんかもうDSDの生徒の手を握る手が震えてくるくらい腹が立って来た。

ちょうどガイドしてたDaveおじちゃんも来て、わたしに「カエルアンコウ、どこ?」と聞いて来たので、転がったサンゴ指さして「これ」とやったら、彼もたいそう驚いて、なんとか、ひっくり返ったサンゴを上に向けようとしたけど、すごく重くて断念。中にカエルアンコウがまだいたのかどうかは確認出来ませんでした。

想像するに、漁船、もしくは心ない愚かなクルーズ船が何とも思わず、このサンゴの真上にアンカーを落としたんじゃないかと。たった1つだけ生き残ってたあのサンゴ。カエルアンコウもも何年もあの中にすんでて平和だったのに。ある日突然恐ろしいものは真上からやって来た。
d0081889_13515340.jpg

2年前の写真。いつも奥の方にいるから、いつもピンボケだし、まともに写真は撮れた事が無かったが、かわいかったカエルアンコウ...。

こうしてまた1つ、ダイブサイトから見所が奪われた。自然ってさ、人間が破壊して行くんだよね。そのしっぺ返しが来る日はもうそんなに遠くないと思うけど。
d0081889_13515075.jpg

カメラベイのもう1つの見所の通称タワー。
これも2年前。

何度も言うが、私は完璧なナチュラリストじゃない。(ナチュラリストだったらもうダイビングはできない)でも、できる限りのルールは守りたい。

今日はプーケットでは有名な問題店も(Black Listがあるなら間違いなくTop3にはのってくるダイブショップ)4人くらい生徒連れてたんだけどね、まあ着底しまくりで砂を巻き上げるどころか、サンゴをばきばきに折ってたらしい。Dave Papaがそれ見つけて怒りでキレていた。そして器材を片付けてたら、そこのイントラ(そのショップのオーナーなんだが。)がボートボーイに明日も使うから、この器材をベルトで椅子の下にまとめとけと、やらせてた。そのくらい自分でやれや!!

毒が出るついでに毒出ししてしまうが、たまに、ショップオーナーだから、CDだからと、器材運びとか全く非協力なイントラがいるんだが、自分のお店の器材、ましてはマイ器、自分で面倒見てくれ。↑とうぜん、このおっさんも手伝わず。ショップのオーナーだからえらいのか?!ショップのオーナーでもやる人はちゃんとやる。もうこれは人間性の問題なんだろうなあ。あと、ファランに多いのが、イントラになって、そのままIDCスタッフにまでなる人が多いが、経験は無い、無いがランクだけは上になるんで、きゅうにいろんな事を指示しまくって来て仕切るお人。これも大変面倒くさい。ショップオーナーだろうがCDだろうがIDCスタッフだろうが、皆ダイバーである事には変わりない。最低限のルールや、ヘルプは乗り合い船なんだから、協力してほしいと思う。それがいやなら、あれだな。自社船に乗ってくだされ。それなら誰も文句は言わん。でも、私ももちろん完璧ではないからマナー違反をしている事だってあるかもしれない。ただ、陰口だけは言われる人にはなりたくない。でも私も性格キツい方だから(というか、腹は黒いな。ふふふ。意地クソも悪いし。)人知れず誰かを傷つけているのかもしれない。それは大反省。というか知らなきゃ知らないままだからもちろんお友達で気がついたらちゃんと諭して頂きたい。(と、こんだけ毒を出しても、読んでくれる人日本人なんでね。本人達には届かないむなしさ...。というか、本人達に言えないこれまた気の小さな私なんだよー。だからブログで毒だしするのさー。

そういえば、私がお仕事でキリンさんがチョビの散歩に行ってたんだけどね、そこでなーんと、あの木刀もって暴れた自転車ジジイに遭遇したんだって。その話はまた次回。

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ダイビングへ
にほんブログ村
にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ
にほんブログ村
[PR]
by papaya_mango | 2012-07-13 13:50 | PHUKETでDIVING

お役に立てませんでした。

今日の朝、ふと空を見ると、ひさしぶり〜の青空が!!昨日からAOWの講習だけど、生徒が「日曜日は休む」と言うので、今日はお休み!

で、速攻洗濯機をまわし、港にキリンさんを送って、チョビさんを散歩に。ひさしぶりの晴れ間で、昨日チョビをドックパークに預けたものの、雨がひどかったから、多分エネルギーが有り余ってるだろうなあ。と、今日はレムカの林を2周くらいしちゃおうかなー。なんて思ってたら、雨が止んだので、ほぼ同じくらいにいろんな犬の飼い主が一度にやって来て、しかも、晴れるといきなり暑くて、こりゃ2周はムリ...。

家帰ったら即シャワーだ。と言うくらい汗をかき、ところでこのたまりにたまった洗濯物をどこに干そうかと考えながらの帰り道、ついに重い腰を上げて5年ぶりにもう1つ物干を買って来た。420Bで!もう1つの方が良かったんだが、それは650Bもしたんでムリ...。で、家に帰り、ちょうど洗濯も完了してて、いそいそ干し始めたら、再び暗くなって今現在ざーざーー。でも空は明るいから、止むかなー?止むといいなー??で汗もひいたんで、シャワー浴びてない。
d0081889_13154483.jpg

なんかタイのこういう物干って、便利な様に見えて、実際干すと、痒いとこに手が届かないんだよな。どれも。

で、昨日は何とほぼ1年ぶりくらいのキングクルーザーだったんだけどね。ボートは快適だったわ。何せ、イントラ、客入れても10人も居なかったからね。しかし、この天気のおかげで予想通り透明度は5以下。一年ぶりのキンクルも、再び景観変わってるし、レイアウト、どうなってんだ?今???

で、昨日はドックパークに預けたチョビさん、実はその前日にケロさんから、「知り合いが拾った病気のワンコに輸血が必要な為、体重10キロ以上の1歳から6歳くらいまでの犬の血を探してます。」と言う相談を受け、家の娘が、そりゃお役に立てるのならと、チョビの意思は無視で、二つ返事でお受けした。でも犬にも血液型があるようで、先ずはチョビの血が、そのワンコの血液に合うかどうかを調べないと行けないらしい。血をとるのは問題が無い、問題なのはチョビが病院ビビリーと言う事だ。「多分、男の人が抱きかかえないと、病院に入らないと思います。」と伝えておきました。

で、昨日仕事から帰って来たら、ちょうどサムロを使ってたキリンさんがチョビを迎えに行って帰って来たところで、「どうだった?」と聞いたら、なーんと、チョビもそのワンコのかかったダニ熱にかかってた!!!なので、当然輸血出来ず、そのあげく、薬までもらって帰って来たよ...。血液が合わないならともかく、いや、もう申し訳ないやらで...。
元気もあるし、食欲もあるんで、まさかダニ熱にかかっているとは思わなかった。お尻のこぶの時は血液検査まではしてないし、でも今回の事が無ければ、知らないままだったので、輸血出来なかったワンコには本当に申し訳ないけど、心から感謝もした。しかも、そのワンコの飼い主さんは「助けてくれようとした気持ちが嬉しいから。」と、チョビにも薬を買ってくれたのだ。

血液検査中のチョビさん↓
d0081889_1315135.jpg

観念中。
d0081889_13402756.jpg

耳もしっぽもたれたれだ。

でもダニ熱...。先月まで、あんなに悩んでたダニがきゅうに激減し、喜んだのもつかの間、この1週間、大雨のせいでどこからか大量発生して、(雫型)毎日格闘していたところだ。もう誰か教えて。どうしたらダニが居なくなるのか。カタンメタルの効果は、ある時はあるけど、(多分)つき始めると一気につくし。どうなってるか分からないわ。でもフロントラインとか注射はできるだけしたくないもの...。でも実際ダニ熱感染してたのは、私もショックだ。

ところでずっと前にこの写真を頂き、いつかブログに。と思いながら忘れてた。

ずいぶん前ですがチョビさんパピーコース卒業しました。笑
d0081889_1315196.jpg

もう6か月も前だ。
d0081889_1315475.jpg

でもパピーコースが終わったとはいえ、無駄吠えはするし、まだまだトレーニングはして行かないと行けないんですが。

明日はノイヤイだから波の影響は無いと思うけど、すっきりいいかげん晴れてほしいわーーー。
にほんブログ村 マリンスポーツブログ ダイビングへ
にほんブログ村
にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ
にほんブログ村
[PR]
by papaya_mango | 2012-07-08 13:48 | 愛すべきワンコたち。

次から次へと怪我ばかり。

今朝7時前に、同僚のDave PAPAから電話来て、風邪が悪化してしまい、どうにもツライから仕事代わって〜。とヘルプの電話が来たが、ごめんパパ、私もぎっくり腰2日目がツライのだ。いつもなら何よりも大好きなパパの頼みなら助けてあげたいんだけど、すみませぬ。で、お休み2日目。

昨日、夕方には雨も止み、仕事から帰って来たキリンさんと夕方の散歩。

その前に昨日、PADIのe-Bookのプレゼンに参加して来た。
Alwinは先日早速自分のお客さんにe-BookでOW教えてたけど。
これからどんどん電子化になって行くんだろうなあ。どうしても紙でペラペラする方のが好きな私は電子辞書も(実は)使いにくいし、今は海外だから、好きなマンガダウンロードして読んでるけど、日本に居たならやはり紙で読んだ方のが読みやすい。

でも環境には優しいよね。カード1枚で14カ国語対応。それぞれ14カ国語分の本作らなくていいから、森林伐採等の環境を保護出来る。でもタイだし停電したら。読めないじゃん。と言う問題もある。

でそれ終わってから散歩。
朝はカッパ着せてたし、1日中雨でやる事の無かったチョビは大喜びで走り回る。
d0081889_14162985.jpg

んで、ジャングルの中にも入って行っちゃう。

どんどん奥に入ってっちゃうんで、呼んだら、それこそ、全力疾走でこっちに帰ってくる。の繰り返し。しかし、昨日、呼んで全力で走って戻ってくるのはいいが、
d0081889_14163072.jpg

アスファルトの道と、広場の間には側溝があって、(写真左隅)昨日はここが水であふれてた。んでチョビがすごい勢いで走って来て、ついでにこの側溝を飛んだら、目測を誤り、(水が貼っていたので幅が分からなかった)そのままずざざざざっとすっ転んだ。びっくりしたのはこっちだ。勢い余って道の反対側まで行っちゃったんだから。

で見たら、チョビの前脚がぱっくり割れて血が出てる!!ぎゃーーーー。また病院。
散歩はその場で終了し、その足で病院へ。チョビは痛くないのか、血まみれでも走る走る走る。骨はどうやら折れてないな。

病院へ行ったら、すぐに院長先生が出て来てくれた。これは嬉しい。私たちの院長先生に診てもらいたい。と言うのが分かってるんだなあ。
傷は血はたくさん出てたけど、幸い深くなくて、今回は縫わなくてよいそう。
でも、多分皮からずるっと行っちゃったんで、この場所に毛は生えてこないでしょうとも言われ、また身体にハゲが出来た女の子。
d0081889_14162463.jpg

本当に女の子なのに。傷の絶えない子だ。診察台で改めて見たら、他の足にも負傷の後があった。

前回の口元から血がだらだら事件も、雨の合間の喜びのストレス発散の散歩中に起こった事件だった。

そしてついでにお尻のしこりも診てもらい、やはりこのまま放置していいと言われ、(固くなって来たから、このまま小さくなって行くんじゃないかと言われた。)ローシーズンで稼いだ雀の涙のお給料は、ここ数ヶ月、全てチョビで消えている。泣。
でもいいさ、これが親が我が子に対する無性の愛なんだろうなあ。子供にならいくらお金がかかっても構わない!(払える限度以内なら)と言う気持ち。ははは。
おなか痛めて生んだ子ではないが、子供の居ない私には、まさにチョビがそんな気持ち。笑

ちなみに昨日の治療費は420B。

そして今朝。今朝も元気に走り回るチョビ。
d0081889_14161171.jpg

d0081889_1416741.jpg

d0081889_14163889.jpg


んで、散歩がチョビにとって十分だと、こうして自分でサムロに乗り込み、私が来るのを待ってる。
d0081889_1416179.jpg

今日は十分だったみたいだ。
にほんブログ村 マリンスポーツブログ ダイビングへ
にほんブログ村
にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ
にほんブログ村
[PR]
by papaya_mango | 2012-07-06 14:43 | ワンコの病気、健康

ぎっくり腰はツライ

7月に入り、再び雨期突入。
一週間前の写真。↓
d0081889_1605833.jpg

チョビと遠くに見えるのはラチャヤイ島。

そして今朝。
d0081889_1611850.jpg

同じ場所なんだけど、今日はその手前のコーラル島すら見えず。

仕事も1週間に3、4日と言う割だ。でもピピはツライワー。
昨日はノイヤイがヤイ3本になったんだが、Bay#1のみ、めちゃキレイだった。雨がざんざん降っててもスコンと抜けてたよ。ふしぎだよなー。島続きなのに。Bay3も4も濁ってたのに。

今日は休みだが、今日も大雨。
洗濯3回まわす。でも干す場所が無い。朝のうちは(7時頃)まだ雨が降ってなくて、あわてて洗濯物を干してたんだが、その際に、グキッとやっちまいました。腰を。
もう立ってるのも歩いてるのも辛すぎ。

でも港にキリンさんを送って、その後散歩行って買いもの行って、でも家の掃除がまだ残ってる。

ぎっくり腰なら安静にしなきゃだけど、何せ家の中はぶた小屋なので。
昨日おとといとAOWだったんで2日連続て仕事して、昨日はキリンさんがお休み。家の中がどうなっていたかは予想がつくでしょう。
d0081889_161367.jpg

この城壁を打ち崩さん限り私に心の余裕は無い。

先日、まだ毎日真夏日だった頃の深夜、ああ、そうだユーロカップファイナルの日。
キックオフ2分前に停電。爆。まあイタリアスペインだったんで、見れないなら見れないでまあいいやだったんだけど、扇風機も何も動かないんで、じわりと汗ばんでくる寝苦しい熱帯夜。しばらくしたらどどどっ!!と地響きと供に豪雨がやって来た。「久しぶりの雨だなあ。しかし、限度があるだろう。」と約20分程降り続いた雨。しかしすごく蒸し暑い。キリンさんは絶えられず、外に出る。外の方がひんやりしてて気持ちいい。タイの家って、窓は少ないし、すごい薄い壁だから、断熱効果とか0なので、すぐに熱が家の中に籠るんだよね。キリンさんは外に居て、私はそのままベットでうだうだしてたんだけど、しばらくしたら「バーーーーン!!!」と言うすごい爆発音が聞こえて来た。家の中の私はその音が爆発音に聞こえたんだけど、キリンさんは「車がクラッシュした!」と言って来た。

「家の前の大通りだ!」とキリンさんが言うので、野次馬根性もあったし、家の中も真っ暗なんで、外に出てみたら、
d0081889_161018.jpg

家の部落の向かいの家が木っ端みじんになってた。なので「やっぱり、ガス爆発じゃないの?」と言いながら目線を20M程向こうにやったら、1代のミニバスが大破して中央線を挟む形で停まってた。已に近所の人何人かが助けに入ってて、スライドドアのとこに、運転手と思われるタイ人が呆然としゃがみ込んでた。どうする事もできず、うちらもただ見てただけなんだけど、しばらくしたら電気も戻って来て、(上の写真は電気が来てから撮った。ミニバスは、余りにすごすぎて撮ってはいけない気がして撮れなかった)「救急車は呼んだのか?頭打ってるかもしれないのに、そんなに動かしていいのか??」とやきもき見てたけど、英語よりはタイ語の方がこの場では役に立つので、私たちはただ見てるだけに。キリンさんも「何か手伝いたいが、どうしていいか分からない」ところで、救急車と警察だが、家から警察や救急車の出動するチャロンピアーは普通でバイクで走っても3分から5分の距離だ。こんな夜中で、呼べばそれこそ1分もかからずに来てもいいもんだと思うんだが、やはりそれは日本人の私だからそう思うのであって、夜中は多分皆寝てるんだなあ。結局、救急車が到着したのは私たちが外に出てからでも余裕で20分以上も経ってからだった。

その昔、夜中に父の様子がおかしくなり、母と2人で病院に運ぶよりは救急車呼んだ方のが早いと、救急車呼んだとき、家から美合消防署までの距離は単純にチャロンからパトンくらいの距離だ。でも、電話して、5分以内には救急車の音が聞こえて、家に到着した。

昼中バイクで走ってても救急車がやって来て、普通に車は道をあけない。特に朝夕のチャロンサークルの大渋滞、救急車もサイレンならしながら渋滞に巻き込まれてる。...と言う光景を普通に毎日見る。

...助かる人も助からない。お国柄とはいえ、やはり、私はここでは命に関わる事故や病気にだけはなりたくないなあと思う。「あと10分早かったら...。」とか言われた日にゃあ、成仏もできんと思う。

でも、大雨にも関わらずたぶん代暴走してたんだろうなあ、このドライバー。
客が乗ってなくて良かった。

このタイ人のスピード狂って、根源から取り締まれん物かなあ。3か月毎に行くビザランも、こんなヤツに自分の命を預けたくはない!!!と泣けて来る程の大暴走。

こんな小さな島で、道路環境も整備されてないのに、車だけはやたら増えてるプーケット。無駄なホテルやらViilaを作りまくる前にやる事があるだろうと思う。

チョビさんお尻のこぶ。
d0081889_1611463.jpg

相変わらずしこりありあり...。でもここ数日冷やしてあっためて中断中。
そろそろもう一度先生に見てもらいたいわ。
にほんブログ村 マリンスポーツブログ ダイビングへ
にほんブログ村
にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ
にほんブログ村
[PR]
by papaya_mango | 2012-07-05 16:47 | PHUKET滞在

何が起きてもマイペンライな島プーケットから今日も海に陸に忙しく発信中 。


by papaya_mango
プロフィールを見る
画像一覧