南の島で暮らしたい!!

xpapayax.exblog.jp

何が起きてもマイペンライな島プーケットから今日も海に陸に忙しく発信中 。

<   2013年 02月 ( 6 )   > この月の画像一覧

あっという間に日本滞在も2週間を過ぎ、今週の火曜日、無事にキリンさんはプーケットに帰って行きました。

で、早速翌日は彼がいる間は出来なかった本屋でぼんやり3時間。を敢行してきましたとも。
私はほんとに本屋とか文房具屋とかにぼーんやりいる事が好きで、(というか買わないけどぼんやり見るwindow shopping)でも、キリンさんがいる間は決して出来なかったので。

奴もやることないから、どこかでかけるときは必ず一緒についてくるんだけど、(スーパーとか)で、来たついでに不機嫌なオーラをぶわっと吹き出して付いてくるから、こっちも集中出来ないのだ。特に岡崎の本屋は洋書が置いてある訳じゃないから、よけいに彼はヒマヒマ星人になる。

ようやく、自分のペースで日本にいられるんだけど、でもケンカ相手がいなくなって寂しいなあと思う事も確か。これが遊びで帰って来てるんだったら、一度もやった事がないスキーくらい連れて行ってあげたかったなあとか思ってしまう。

でもこの気持ちが、来月私がプーケットに帰った後の母の気持ちなんだろうかと思うと、1人残す母を心配してしまう。
日本人は多分、他の国よりもよっぽど親離れ、子離れが出来てない国で、私もまごうことなくそのひとりなんだけど、後ろ髪はかなり引かれるし、日本を出て7年。そろそろ日本に帰るべきなんだろうかという事も考えてしまう。

で、昨日キリンさんから写真付きでメールが来た。

今回のチョビのお土産は、野菜ふりかけと、一口ミートボール。12月に帰ったばかりだし、2月にオタ君に頼んで大量に犬のおやつを買って来てたとこだったので、そんなにいっぱいは買わなかった。(まだいっぱい家にあるから)で、後はおもちゃ。
JDF(Japan Frisbee Dog Association )認定のフリスビー。
そういやチョビフリスビー好きだったし、(ただ飛んでるのをくわえられなくて、フリスビーが着底したあとくわえて持ってくる)これを機にフリスビー教えましょうかと。中には日本語だったんだけど、フリスビートレーニングのやり方のペーパーも入ってた。お値段1200円。(割引されてて)
フリスビーは遊び程度で十便なんだけど、日本の公式試合は必ずこのフリスビーを使う事が義務つけられているらしい。なら銜えやすいのかな?と、今回それを購入。

で、それをAlwinに運んでもらう。(つーか、荷造りキリンさんは何が入っているのか分かってない。私が全部入れたんだから。もちろん液体洗剤詰め替えは抜かりなく入れた。液体いっぱいいれたから、荷物スキスキでも重さは20キロだった。あと3キロ行けたなあ...。)

果たしてキリンさんとチョビ、今回は感動的な再会が果たせたのかどうかは分からないのだけれども、添付されていた写真は↓
d0081889_16572278.jpg

そしてひと言。
The frisbee you buy for chobi broken in 10 seconds.
あああああああああ....。
1200円がたった10秒でパアパアパアパア....←エコー

つーかなんで家の中であげてんのよ。それもすごい得意げな顔してるし。

やはり犬が好きなおもちゃって、遊ぶというよりも破壊するという行為が大好きなんだろうなあ。
破壊する行程が楽しいんだよね。

いいよもう君のおもちゃはうちらが飲み終わった水のペットボトルで十分だよ...。

しかし後1か月。暇だわー。
キリンさんは今日から早速仕事が始まったらしいけど、ラチャ2ダイブだから、多分今朝から頑張って早起きして散歩に行ってる事でしょう。
にほんブログ村 マリンスポーツブログ ダイビングへ
にほんブログ村
にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ
にほんブログ村
[PR]
by papaya_mango | 2013-02-28 17:04 | 愛すべきワンコたち。

酒肴菜飯さくら 再び。

キリンさん日本滞在も後僅かとなった土曜日、ふと母に「久しぶりに さくら 行く?」と聞いてみた。

ー酒肴菜飯さくらー岡崎の和食創作料理の名店で、最後に行ったのはMaltaから帰って来て飛びちゃんといったのが最後なのでかれこれ6年ぶりになる。
その前は父がディサービスに行ってるときに母をランチに何度か連れて行った。

で、ネットでさくらを検索すると、店は移転してた。で、評判も中くらい。よく店を変えると味が落ちるというけど、ここもそうなのかしら?と思いながら、それでも電話で予約。月曜日の12時から。
ランチは「確か1700円くらいのがあったと思いますが。」とそれを予約。

で、月曜日に行って来た。カーナビで移転した住所で検索して行くと、見つけたー。でも車止めるとこがない。さくらのあるビルの一階が駐車場なんだけど、既に満車。奥に他の駐車場の案内があったけど、そこもいっぱい。取りあえず、母が店に入り、「駐車場聞いてくる」と、行ったっきり、戻ってこないので、私もキリンさんのこして路肩に車停めて中に入った。ら、母がいて、「どこもないって」と言う。店の仲居さんみたいな人がいて、「すみません、今日16人の団体さんが入ってて、後8人組のお客様が8台の車でお越しになられてて、もういっぱいなんです。他にご案内出来る事もございませんし...。」と言われる。8人が8台の車。これは三河人には珍しい事ではないんだけど、さくらの場所が、昔の繁華街康生町のそばなので、駐車場の余裕がないのだ。しかし、その客も場所を考えて来てくれとも思う。

「私たち12時から予約してるんですが、じゃあ、食べられないってこと?」
と聞くと、「申し訳ございません」だって!!!!たかが1700円のランチなら、キャンセルしてくれて構わんという事か???という店の態度に私はむかつく。歩くけど、康生の方に有料駐車場あるじゃん。そこも紹介してくれないんだと驚く。

この仲居のひと言で、すっかり食べる気をなくしたんだけど、母は楽しみにしてたし、キリンさんにも和食を食べさせてあげたかった。そうしたら母が、5分くらい歩くけど、知人の家がこのそばにあるから、そこに停めさせてもらいましょうと言う事になった。

で、まだむかついてる私は「遅くなるかもしれませんが、構いませんか?」と聞いたら、「それは構いません」と言う事になって、その母の知人の家に行くが、どこかの潰れた市場の駐車場で「駐車禁止」になってるじゃん!
「やだよこれ駐禁で捕まったら」と言うが「昔からあるとこだから大丈夫だ」と。昔はここに車を止めて、その知人の家に訪問してたそうだ。しかしそれって軽く10年前じゃないのか???

しかし他に手段がなかったし、康生の有料駐車場に止めても、駐車券も出してくれなさそうだったから、そこに停めて再び店へ。

店は、昔の店もそうだったんだけど、なんちゅうか、和。と言う感じではなく、和モダン?な、感じのお店で、昔は母と行くと、カウンター席で、大将が作っているのを目の前に出来て、それも楽しみの1つだったんだけど、3人だからなのか個室で。個室だけど、ガラス戸で仕切られてたんで、隣の部屋の4人組のアラ60くらいのお暇なマダム達がぎゃんぎゃんしゃべっててやかましかった。「あら、バリはいいわよー。最近は東南アジアよねー。」とかなんか旅行の話で盛り上がってた。ここの扉あけて「プーケットいいですよー」とか言ってやろうかwwwとか話してる間に食事が運ばれてくる。
d0081889_1151967.jpg

で、ネットでさくらを見たときに「空」がある事は言ってたんで、「空」を頼む。
「空」ーくうー蓬莱泉。愛知県北設楽郡にある関谷醸造の代表的なお酒。普通の酒屋じゃあ手に入らなくて、予約販売だ。日本酒はその独特の風味が私は好きじゃないんだが、これは飲める。つーか、さらっと甘くて米独特の臭みが全くない。で、その空が一合2200円wwwランチ1700円より高いけど、キリンさんに飲ませてあげたくてオーダー。
d0081889_11512035.jpg

これだけで2200円www
d0081889_11511999.jpg

飲んだキリンさんびっくり。「何だこれ、めちゃくちゃ美味しい!!!」今までプーケットに帰るときにお土産で買ってく「鬼殺し」「晩酌」のパックの酒と全く違ってそれはそれは喜んだ。

d0081889_11511283.jpg

イワシのつみれ汁。

しかし一品一品の出てくるスピードが遅い....。おしゃべりに夢中なマダム達(隣)は平気だろうが、うちらはいつもぱっぱと食べる方なんで(今更弾む会話もないし。)
d0081889_11512273.jpg


で、ようやく最後のお弁当が出て来た。
d0081889_11512450.jpg

昔は、なんか重箱みたいなのになってて、引き出しをあけて食べてたと思うけど、それも大分使い込んだので、移転した際にこう言う感じに変えたそうだ。

このかやくご飯はすごい美味しかったし、どの味も、濃すぎず、薄すぎず、家じゃあこんな味は出せないと思う程素晴らしかった。けど、昔の方がもっと創作的な料理が出たような気がする。

最後は冷やしぜんざい
d0081889_11512639.jpg

これは昔から同じ〆で母はこれが大好き。このほんのちょっと食べる甘いのが本と、ちょうど良い。

味は相変わらずよろしくて、あの駐車場の対処がなかったら、何の問題もなかったのになー。あれがなければ「また来ようね!」で終われるのに。

タイのプーケットに住んでて、そこに比べれば極上の対応を受けてるのに、ダメだね、日本なら日本のホスピタリティーを完璧に求めてしまうのよ。
あれが3000円のランチとか予約してたら、対応がかわったんだろうかとか、思っちゃうわー。

次は、あるかナーーーー。でも味は本当においしかったのよー。それだけに残念。

因に昔頼んでたのは「四季彩弁当」で、今は「大徳寺弁当」と名前が変わってた。

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ダイビングへ
にほんブログ村
にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ
にほんブログ村
[PR]
by papaya_mango | 2013-02-25 11:41 | 日本滞在
きょう西尾に雪が降りました。

キリンさんが待ちわびてた雪だけど、当然積もるまでもなく。

実は日本に帰る手続きをしてる時に、(3月17日のキリンさんの誕生日にも私はプーケットにいないから、誕生日プレゼントがあげられないわー)とこっそりネットでキリンさんがほしくてほしくてたまらないi pad miniを注文しておきました。刻印入り。で、刻印入りは1週間くらい時間がかかるとあったので、多分、今週の月曜日くらいになるだろうなあと思ってたらビンゴ。

月曜日は姉の家にネットをやりに行ってて、夜9時くらいに帰宅。そしたらちゃんと届いてて、キリンさんに、「はい。ヴァレンタインと誕生日プレゼント」と言ってサプライズ。

すごいびっくりしたけど、すごい喜びましたとも。だってほんとにずっとほしかったんだから。(ちなみに日本のほうが、プーケットより約6000円安い。16GB Wifiで。)一度はすごい決意して、「買う!」とお金用意して買いに行ったら在庫なしだったし。(VillaのBananaITで)

で、さっそく繋げる...。が、キリンさんのmac book、レオパードでminiが動くのはsnow leopardから。ちゅどーーーん。じゃあ、とりあえず私のmacで(私のはsnow leopard)と繋げるにも、ネットないよ。うち。

今からもう一度姉のうちに行くーーーー!!とわめくキリンさんを落ち着かせ、明日は名古屋のappleへ行きましょうと。最近、CDやDVDを焼いてなかったんで(写真売ってないから)気が付いてなかったんだけど、友人オタ君たちが来た時の写真をDVDに焼いてあげようとしたら、コンピューターがエラー起こしてしまってて、写真が焼けなかったのだ。それに最近、よくコンピューターを立ち上げるとコンピューターの日付が2001年以前になってしまうことがよくあって、これはバッテリー関係が壊れてるなあと思ってたから、翌日久々に名古屋栄のappleヘ。

私のパソコンは、結局修理で費用は約28000円。うう。痛い。というか、キリンさんに太っ腹でプレゼント買っちゃったから値段はダブルプライスだ。思わぬ出費に正直キリンさんのプレゼントを後悔する私。(i padは28800円)で、私のパソコンを治すついでにキリンさんのminiをどうやったら、i tuneにつなげれるかと聞いたら、やはりキリンさんのosをup gread しないとだめだそうで、snow leopard購入。1700円。

ちなみに今回、あわてて飛行機に乗って日本に来たため、飛行機に乗ってからキリンさん「しまった。ATM行くの忘れた!」とカミングアウト。今回を入れてキリンさんの来日は4回目だが、来る度にこずかいが少なくなってくんだが、(初日本はそれでも9万円持ってきた。2回目は6万くらい?前回は5万円。)今回は記録だよあなた。財布の中には1000Bちょっと 。(その日にもらってきたコミッション)帰りのタクシー代すらやばいよ。あなた。

くれぐれも「私のプレゼントはminiだけだから。残りは自分で買うんだよ。」といったところで1000Bで何ができようか。本当にあわてて日本に来たから確信犯でないことは確かだけど、こんないいものを与えてしまったせいで(mini)カバーも買ってそれが約3000円。

で、私のパソコンはそのまま預けてしまったので、結局キリンさんはminiをつなげれないまま、そのまま附属されてるワールドクロックとかを眺めてるだけだ。
「嬉しいけど、嬉しくない。まるで目の前に暖かい部屋が用意されてるのに、カギを忘れて中に入れず眺めてる状態だ!!」とminiを見つめぼやく彼。

で、昨日自宅にsnow leopardが届き、ようやくup greadできると思っても、HDD持ってきてないからバックアップができない。再びストレスをためるキリンさん。「今からHDD買いに行きたい」という彼に「そんなもったいないことはしません!!!明日まで待てば姉のうちに行って、HDD借りればいいだけだから」と言い聞かせる。
しまいには私も「なにしにあなた日本に来たの!!!」とめんどくさいキリンさんに反ギレ。笑

これいったらすごい傷ついた顔したから、ちょっと言い過ぎたとかわいそうになったよ。

そして今日、朝8時から「姉のとこに行く!」(やはり面倒くさい)と張り切って起きてきたキリンさんを連れて姉のうちに来てます。

明日は父のふた七日。

昨日は気分転換に母もつれて足助の中馬のお雛様を見に行ってきた。
で、そこの酒屋で母が「Alwinに」と初しぼり酒を買ってくれました。大びん。

こんなでかい瓶火曜日までに飲みきれないよ!と、言いながらも昨日で半分飲んじゃった。うまかった。
で、半分飲んだとこで「ああ、お父さんにお供えするの忘れた」と、飲みかけをあわててお父さんにあげてきました。
相変わらず、親不孝でごめんねお父さん。汗

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ダイビングへ
にほんブログ村
にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ
にほんブログ村
[PR]
by papaya_mango | 2013-02-21 14:54 | 日本滞在

チョビさん、2歳です。

さっきFB開いたら、ケロさんからこんなステキな写真が送られてました。
d0081889_18424255.jpg

12日はチョビさんの2歳の誕生日。

この日の為に、いろいろ計画をしていたのに、12日が父の葬式で日本に帰らなきゃ行けなくて、ごめんネチョビー、祝ってあげられなくて。と思ってたら、
代わりにケロさんが祝ってくれてた。嬉しいよう。うう、本とありがとうございます。

そしてすごい嬉しそうなチョビ。慌ただしく預けて日本に着ちゃったけど、元気そうで安心しました。

日本はダニ感染で死者3人とかやってるんで、すごい皆ダニに敏感になってる感じがすごいね。この変な効果で捨てられちゃうワンコがでない事を切に祈るわ...。

私なんか何回ダニに食い付かれたか分からんわ。マスコミの過剰なダニニュースで、むやみに愛犬を捨てる馬鹿な飼い主が出ませんように!!!!

お土産いっぱい買ってかえるからねー。
にほんブログ村 マリンスポーツブログ ダイビングへ
にほんブログ村
にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ
にほんブログ村
[PR]
by papaya_mango | 2013-02-19 18:41 | 愛すべきワンコたち。
すごい寒いです。外に出ると耳がちぎれそうに痛いです。夜は顔だけ自分の部屋で凍傷起こすかと思うくらい冷たいです。冬ってこんな寒かったっけ???

ただ今日本に居ます。

FBの方で既にご存知の方も多数なのですが、10日の日曜日に父が亡くなりました。

その日はガイドでラチャヤイ3ダイブでした。お客さんはチャイニーズニューイヤーで遊びに来てたマレーシアのカップル。1本目のダイブを終えて、2本目のブリーフィングも終わらせ、「あと10分くらいでまたウエット着て準備してくださいねー。」と伝え、何気なく、バックの中の携帯を見るとmiss callが。見ると「JapanHome」こんな中途半端な時間に電話があるという事は(常日頃から、私が電話しない限り、家から電話という事がない家庭)たいがいよくない事だなあと、感じながらも家にかけると、すぐに姉が出た。
「お父さん死んだで。今日。」
半分予想はしてた答えだったんだけど、それでもなんか現実味がなくて「うん、すぐ帰る。でもまだ船の上だからまた後で電話する。でもなんで?また入院してたの?」とか聞いても、「ああ、もう忙しいで帰ってから話すわ」ガチャン。
と電話が切れた。すぐにAlwinに連絡を取ろうと、同じ日、別の船でラチャヤイに来てたキリンさんに電話するけど、向こうももうすぐエントリーらしく、つながらない。船は見えてるんだけど。
すぐにキャプテンルームに行って、「AOSに無線してツアーリーダー呼び出してくれ」と頼んで、無線する。そのときに、私の乗ってる船のボーマスに「お父さんが死んだ。」と言葉にしたところで涙がブワーーーーッと出て来て、そこでおいおい泣いた。そうしたら無線がつながって、キリンさんが出たので、「パパが死んだ。」と伝える。

ボーマスが、「もう潜らない方がいい。代わりに僕が行ってあげるよ。」と言ってくれ、その言葉に甘える事にした。そう、次にすぐに日本に帰りたいんだけど、私はもう1本潜ってしまってる為に、もう既に今日の飛行機には乗れない。その前にも連日潜ってるから、いくらコンピューターが18時間後ならいいと言ってても、皆「24時間は空けた方のが絶対にいい。」と言うので、少なくとも今時点(10日の11時)から24時間後のフライトを探さなくちゃ行けない。飛行機を選んでる場合じゃないけど、取りあえずそのままお世話になってるパトンのJ&Rさんに電話「すみません、今から24時間後のどのフライトでもいいですのでセントレアまで一人お願いします!あ、でもあまり高いのはやはり無理。」と電話をしたら、翌日深夜の大韓航空が、12日のお昼着で、それが一番いいでしょう。と言う事になり飛行機は取った。料金は26690B。SQだと3万越えだ。

ダイビングという仕事についたときに、「これで親に何かあっても、すぐに飛行機に乗って帰る事が出来ない仕事なんだよなあ」と博然と思っていたけど、実際にこうなると、すぐに帰りたいのに、何もする事が出来ないこの時間がなんてもったいない事か。ああ、ダイビングを知らないお友達になんで飛行機にすぐ乗れないかというと、私たちはダイビングするときは圧縮空気を吸うのですよ。その空気の中に入ってる窒素。これは私たちの身体には必要ない物だけれども、それがゆっくりと身体から抜けるまでに12時間から24時間くらいかかるのです。身体の中に必要以上の窒素があるまま、高度の高いところに行くと、窒素の泡が血液中で膨張して血管を詰まらせ、身体のどこかに溜まり、減圧症になってしまうのです。だから私たちはダイビングをすると、窒素のレベルが正常になるまで高いとこには昇れないのです。

で、私のお客さんはこの日、別のエージェントのイントラがお客さん1人だけだったので、「いいよ、2人増えたって問題がないから」と、私のお客さんも持って行ってくれる事に。別のお店のお客さんなのに、本当に申し訳なかったです。「だって、エージェント違うし...。」と言ったら、「助け合わなきゃ!」と言ってくれて、本当に助かりました。そしてキリンさんから電話で「こちらの船は2本だから、迎えに行こうか?」と言ってくれ、うちのボーマスも「とにかく早く陸についた方のがいいと思う」と言って私は別の船で帰る事になったけど、ディンギーないから、移れない。でもたまたま、うちの船が、SSDとドッキングしてて、SSDのボーマスに理由を話したら、「うちの船は遅いけど、それでも3時半までには帰れるから、うちにおいで」と言ってくれて、私はそのまま荷物をまとめ、SSDに移る事にした。Latitude のボーマスもSSDのボーマスも2人とも「僕の胸で泣きなさい」と、ヨーロピアンならではのジョークも効かせて慰めてくれるから、この2人の胸で私はおいおい泣いて、実はキリンさんの胸では泣いてないという後日談もあり。

港についたらキリンさんが待っててくれてて(そして私は靴を船に忘れてて、翌日港に取りに行くというハプニング有り。クロックスしか持ってないからこの靴がないとビーサンで真冬の日本に帰らなくちゃ行けない)、いったん家に帰って、そのままパトンのJ&Rに行く事にした。折しもその日はチャイニーズニューイヤーまっただ中で、朝、うちらが出かけてチョビが庭で留守番してる最中にお隣さんが激しく爆竹ならしてチョビがパニック起こして、すごいかわいそうだったんだけど、(玄関の扉あけると真っ先に中に入ってベッドルームに直行して出てこない)無理やり外に出して、パトンに向かいチケットを受け取る。

そして迷惑をかけたAll4にも挨拶して、(皆が抱きしめて慰めてくれた。それでまた泣いた)2月末に仕事約束してたショップさんにも謝りの電話とかして、翌日の朝、キリンさんが「やはり僕も行った方のがいいと思う。」と言いだし、私は最初は「チョビの面倒見てて」と言ってたんだけど、「フミコのパパは僕のパパだから、ちゃんとあって挨拶したい」と言う事になって、キリンさんにはキリンさんなりの礼儀があるんだろうなあと思い、キリンさんはその日からOWが始まったんだけど、クラスルームとプールで海洋実習はキャンセルしてお昼に帰って来た。飛行機は行きはすぐに取れたんだけど、帰りがやはり韓国→プケはなかなか取れなくて、2週間後の26日が一番最短で、キリンさんは二週間。私は取りあえず4月の上旬でチケットを取った。心配してくれたレックさんも翌日うちに来てくれて、本と、アリガとね。

姉達も忙しいから、メールを送っても一言しか帰ってこない。ただ、電話したときは「日本に着くのが12時半になる」と言ったら、「ちょうど良かった式は2時からだよ」と言われ、
取りあえず、キリンさんも行くという事、喪服はどうしよう。と言う事を後でメールで送ったら、返事は「喪主の挨拶あんたがやる事になったからね」と帰って来た。

「は?????????何も分かってないのに、どうやって!!」とこのメールで軽くパニック。

しかし困るのはキリンさんの喪服。絶対見つからないし、サイズがないでしょうと、その日の午後からセントラルに行って、取りあえず黒いパンツとシャツをZARAで購入。(どこの気候見てWinterなんだかウインターバーゲンで半額。でも合計3000Bくらい)後は黒い靴(30センチ)2700Bで見つけて何とかゲット。ジャケットは安くても5400Bもしたのでキリンさん「シャツで大丈夫!」と買わずに。その時の私たちは外気温36度のプーケットで、既に冬がどういう物かという事を軽く忘れていたような気もする。

チョビはドッグパークに預けて(それはそれでチョビさん嬉しそう。飼い主としてはフクザツ...)
そしてThaidaraさんに送ってもらい、日本へ。

乗り継ぎのインチョンは雪景色だった。

セントレアにつき、前回外国人入国審査がすごい並んだので、超早歩きで、ほぼ一番乗りで外国人入国審査を通り、12時20分着の飛行機で荷物も受け取り、表に出たのは12時35分だった。ここからは公共機関使ってたら間に合わないので、苦しいときのとびちゃん頼みで、すごいわがままなお願い聞いてくれたとびちゃんが迎えに来てくれてて、一路、斎場へ。見慣れた親族がいる中「お久しぶりです」と挨拶しながら控え室に行って、姉達が用意してくれてた喪服に着替え、キリンさんも、ちんちくりんだったけど、喪服が用意されてて、ジャケットだけ着た。

で、棺の中のお父さんと再会。12月10日に帰ったばかりだったのに。お父さんは本当に眠ってるみたいで「すごいキレイにお化粧してくれたんだね、生きてるみたい」と言ったら、母が「バカ言っちゃ行かんよ。男は化粧なんかせんよ。そのままだよ」と言ったので、すごい驚いた。
遺影は脳梗塞を起こすまえの元気だった頃の父の写真が使われてた。因に姉2人もあっという間だったので、誰も父の死に目に間に合いませんでした。

で、ここからは多少嫌らしい話になるんだけど、姉が「ごめんだけど、Alwinは一般席に座ってもらわんと行かん。おじさんがうるさいもんで。」うちらは結婚してないのでキリンさんは喪主側には座ったら行けないと言われ、「そんな作法も(私も)分からんのに。じゃあ私も一般席に座るわ」と言ったら「杉浦の名字はあんただけだから、それはいかん」と。

めーんーどーくーせーーーーーーー!!!!!!!!

まあ、父が倒れて10年、いい意味でも悪い意味でも私ら家族を一番心配してくれてたのが、この父方の親戚の叔父なので、うちらも逆らえないのだ。葬式も大分口出しがあったらしい。私が多分その場におったら「ウルセージジイ!!!」とキレていた事間違いない。

でも葬儀は滞りなくすすみ、元気な父の写真を見るたびに涙がこぼれ、思い出すのは父との思い出...。テレビのチャンネル争いでぶっ飛ばされた事、学生時代帰りが遅くなってひっぱたかれて外にたたき出された事、父の言う事を聞かないとけった押されて外にほっぽり出されて、泣きながら犬小屋の中で愛犬ドルと過ごした事...。いや、そんな事じゃなく、もっといい思い出を...。と考えていたら式が終わった。喪主の挨拶は長女がやってくれた。しかし、もう本当に涙がダーダーと止まらなかった。

感動したのは長女の長男。お父さんにとっては初孫で、彼が小さい頃はたいそうかわいがってた。なので、彼ももう25歳になるんだけれど、(来年結婚...。あううう)将太も本当におじいちゃんの事が好きだったので、おじいちゃん宛に手紙を書いて来てた。後は式の翌日、将太が子供の頃によく連れて行ってもらった渥美のハゼを釣った海岸と、よくおにぎりを買ってたお店とか写真を撮ってとどけてくれた。次女側の息子達も、みんな、孫が全員男の子なのに皆泣いてた。それだけ、頼れるおじいちゃんだったんだよね。お肉ちゃんが生まれた秋に(次女の次男)脳梗塞で倒れた父。なので、お肉ちゃんはもう赤ちゃんみたいな父しか知らないけど、それでも泣いてくれた。(悪さもしてたけど)

後日母が「全然気がまわらんかったけど、手紙、読んでもらえば良かった」と、悔やんでた。

で、改めて父の死因を聞いたら、「心不全」だった。
あの日、朝普通に起きて、普通にご飯を食べて、母と散歩に出かけてた。そして家に帰り、ベットに戻ったら「やあ、うんこがでた」と父が言ったそうだ。「朝も出たのにまた出たの?」と言いながらおむつを見たら、出てて、(多分、体が緩んで来てたのかなあ?)おむつを替えてしばらくしたら、「悪い、また出た」と言われ、こりゃシーツから替えんと行かんわと、父をもう一度車いすに移して、シーツを変え、ふと父を見たら、カクんとなってたそうだ。で、顔がもう今までと全く違った風に見えた母は「これはあかん!」と思いながら救急車に電話。「息はありますか?」と聞かれた母は「あります」と。(多分もう呼吸は止まってたと思うけど、あったように見えた)CPRをするように言われたけど、どうやっていいのか分からず、車いすから父を倒し、ずるずる引っ張って、CPRをしたところで救急車がきて、亡くなったのは病院で。と言う診断が出たけど、多分父は家で亡くなったんだと思う。

泣きながら、「お父さんの最後の言葉が、うんこでちゃったなんて...。どこまでもキレイ好きだったから、キレイにして逝きたかったのかねえ...。」ともう泣き笑いだ。

火葬場は親族のみがついて行き、父が焼かれてる間に私はキリンさんと、愛犬リキのお墓参りに。10年前に父が脳梗塞で倒れたときに、まるで身代わりになるように死んでしまったシベリアンハスキーのリキちゃん(♀)の共同慰霊碑がこの火葬場のそばにあるので、寒いのを通り越して痛い風の中を「ようやくお父さん、リキのとこに行ったからね。」と伝えて来た。しかし本当に、あと1か月待っててくれたら、もう少し温かかったのに。ついでにキリンさんに桜も見せれたのにねえ。お父さん。

そして、本当なら式も午前中にやるところだったんだけど、前日が友引で、火葬場の予約が4時じゃないと取れなくて、だから式が2時になったと聞いた。別に私を待っててくれてる訳でもなかったんだけど、お父さんがそうしてくれたのかなあ?と思わずにはいられない。

初七日法要もそのまま斎場で行い、来てくれた親戚にお礼をいい、さあ、うちらも家に帰るか。と帰ろうとして気がつく。お父さん置いたままだよ!!!斎場の方も「お父さんが主役なんで置いて行かないように」と。いやでもしかし、忘れてく家族も多いだろうなあ。もう短期間で頭がいっぱいいっぱいでお骨と位牌と写真、会場に残したまま帰っちゃう家族。危うくうちらもそうなるところだった。

帰りの車の中で、姉が「日曜日も大変だったんだよ。お父さん家に連れて帰るのに、お母さんが家の鍵をどっかにしまっちゃって、たまたま締め忘れてた窓から入って鍵開けただよ〜。あやうくおとうさん、窓から帰らにゃいかんとこだったんだよ〜。」と言いながら家についたら母が「鍵がない....!」またかよ!!!!

で、喪服着たまま裏の狭い窓から入ろうとする母を止めて(次女の旦那が入ってくれた)母が持ってた父のお骨は玄関の表に置いたままになってて「ああ!お父さんこんな冷たいとこにほかられて!!」と、姉に抱き起こされて、最後の最後まで、お父さんごめんね。ちゃんとしてあげれんくて。と泣き笑いだった。鍵は結局冷静にゆっくり探したら、バックから出てきました。

そしてその夜、取りあえず私の昔使ってた部屋に布団を敷き、部屋に入ったらキリンさんが一言。
「なんで窓が開いてるの?」

閉まってますよ。ただ隙間だらけで風がぴゅーぴゅー吹き抜けてるだけです...。

親は子供よりも先に逝ってしまうモノ。そう分かっていたけど、私の年齢よりももっと早くに親を亡くしているお友達もいるけど、こんなに悲しいものなのね。
小さいときは父の暴力がダイッキライで、思春期は皆もそうだとおもうけど、父とどこかに行く事を毛嫌いして、イヤな娘だったりもしたけど、たった一人のお父さん。

動物園に連れて行ってくれたこと。海が大好きだった父は、私たち子供を連れてしょっちゅう海に来てた記憶もある。気が短くて、すぐにけんか腰になってたけど、涙もろくて、2人の姉の結婚式はおいおい泣いてた父。病に倒れてからは、もっともっと涙もろくなって、私が帰ってくる度に泣いてくれた。外国人の彼氏を持ったのがちょっと自慢したかったらしくて、自分もしゃべれないくせに「あれは英語でなんて言うんだ??」としょっちゅう帰国する私に聞いて来た。最後にキリンさんに聞いてたのは「薬を英語でなんて言うんだ?」Alwinが余りにも発音よく「Medicine」と答えても聞き取れず、その数分後に「薬は英語でなんて言うんだ?」と聞いてた父。大好きだよ、お父さん。今までもこれからもずっと、大好きだよ。

そして10年という長い年月をただ父の為に介護していた母。今は母が心配だ。これで私が帰ったら本当にひとりぼっちになってしまう。

キリンさんが母に「このたびは御愁傷様です。パパがいなくなって寂しいですが、僕も息子なので、手伝える事があったら、何でもします。2週間、大人しくしてます。」と、私が母に伝えたら、「ンじゃ息子よ。家建てて。」と。

キリンさん。父が叶えれなかった夢、君に期待がかかってるぞ!がんばってくれ!笑
にほんブログ村 マリンスポーツブログ ダイビングへ
にほんブログ村
にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ
にほんブログ村
[PR]
by papaya_mango | 2013-02-18 13:30 | 脳梗塞 /介護
飲み過ぎた翌日はお休み!!しかし、キリンさんが仕事なので結局いつも通りに6時半起き。
気がつきゃ、もう2月。
前も言ってたけど、日頃の些細な出来事を最近はFBでつぶやいてる物だから、ブログが全くおろそかに!しかし、今日はこの後もう2つくらいブログをあげたいネタが出来てるので、出来たらあげます。笑

1月は中盤から後半まで、意外な事に講習が続いた。
そのなかでも、特に私が印象に残った(笑える)生徒達。

初対面はDSD(体験ダイビング)3人の女の子が参加で、オーストラリア、デンマーク、ロシアと、国も年齢も全く違う女の子達。しかし、すぐに意気投合して盛り上がる。デンマークの女の子は帰国があさってという事で、すごいダイバーになりたかったけど、今回は断念、でも2人の女の子は「むっちゃ楽しい!!!からOWとりたい!!」と言ってくれて翌日から即講習。

DSD自体がOW講習の海洋実習1と兼ねているから、OWは(忙しいけど)2日で取れる事になる。(初日クラス、プール、翌日海洋実習3本)

ロシア人の20歳のVeronikaは、ちょっとぽっちゃりしてて、でもそこがまたかわいくて、頭の回転も速く大人しいけど、確実に理解して行くタイプ。対照的なのは34歳のオーストラリアのSarah。めちゃくちゃ明るくて、天然で、また、(多分)深く考える事が出来ないタイプ。クラスルームは、まあ想像通りというか、Veronikaが確実に理解して行く横で????????がいっぱい飛び交うSarah 。
d0081889_13592690.jpg

すごい苦労したけど、なんとかFinal Examもパス出来て、(Sarah、Dive tableは拒否反応が出て、全て飛ばしたよ...。がくり。「もう私はこんなあほらしい計算はしたくないからコンピューター持つ!」海洋実習はずっとコンピューター使ってもらった。)

翌日の海洋実習はピピ3ダイブ。Palongでは「ここでしかやれん!」と全てのフレキシブルスキルを終わらせ、余った時間のファンダイブでちゃんとカメを押さえれて、(この日、Palongはレオパードも出てた。)次に入ったBida Nokで、ちゃんとレオパードも見せれて、OWの講習が全て終了した後でも「めちゃ楽しい!!!もっとやりたい!!!」と、AOWまでとる事になった。

イントラとして、何が嬉しいって、すごく喜んでもらえて、次のステップに進んでくれる事が私はすごい嬉しい。お陰さまで初対面から(休みも入れて)約1週間。私は毎日彼女達に(特にSarah)笑わせてもらったよ。

あと、私がまだまだ英語で講習なんて出来るのだろうか????と不安に思いながらやってた3年前。そのときにOWを取りに来たスパニッシュのEdgar。英語も満足じゃないのに(私が)彼も英語が満足じゃなくて、スペイン語のテキストに、ビデオ見てもらって、ダイブテーブルの説明が全く理解してもらえず、Final Exam2回やって、初日終了したのが夜の10時だった彼。しかし水中はめちゃ上手で、人懐っこい笑顔と、水中夢中になって私を通り越して泳いで行くと、途中で「あれ?Fumikoはどこ?」と、きょろきょろして、私を見つけると、喜んで(笑)飛んで来て、私に心の中で「スペインのおちゃ←(この当時チョビがいなかった為、喜んで飛んでくる姿がおちゃに見えていた)と呼んでいた彼。OWが終わった後も「楽しかったからAOWやる!」と、一緒にアドバンスをやった。その彼が、今年、DMTとして戻って来てくれたのよ。人懐っこい犬のような笑顔はそのまま。
あいにくと、私はDMTまでは担当したことないので、彼も他のイントラが指導しているんだけど、いやあ、嬉しい。

嬉しいついでに去年10歳の女の子のDSDを担当して、すごい可愛い子だったから覚えていたんだけど、「明日からJrのオープンUp Greadやって」と言われ、店に行ったら、(知らなかった)その子だったという事も、この1月は嬉しい講習が多かった。(嬉しいのは向こうが私を覚えて居てくれてて、「Fumikoがいるのなら彼女に教えてもらいたい」と言ってくれた事。)
d0081889_14314949.jpg

次回はJr AOWで帰って来てほしいわ。

そして前出の彼女達のAOWも終わり、(ログ付けのときに私が「In time 11:35 Dive Time 49min...」と言うと、そのまますらっとOut timeが計算出来るVeronikaと「何時??何時???」と常にVeronikaのを見ながら書くSarah。この辺でダイブテーブルの理解の差が出るんだなあと。思う私。(そう言う私も算数は大嫌いだった。)
d0081889_13591515.jpg


月末にはすごい久しぶりにThaidara-riさんと、K華ちゃんと3人で5人のお客さんのお世話をした。このときにすごいつくづく思ったのが、イントラ同士も気心知れているし、みなプロとして、ちゃんと経験も積んでいるので、その時その時の判断で、臨機応変に皆が皆今自分がやるべき事をちゃんと分かって、自然に仕事を手分け出来てる事だ。逆に私の方が「しまった、これはここは私がやるべきなんじゃあ」と思うとこをさらっと、先にやられたり(笑)あ うんの呼吸というのか、すごく久しぶりに仕事がやりやすかったです。ハイ。

そして今は2月。
そういや、5日から14日までチョビをいつも預けているDog parkが休みになっちゃうんで、この10日間をどう乗り切ろうとただいま思案中。
d0081889_135965.jpg

ラチャヤイ2ダイブなら、帰ってくるのが3時なので、大変だけど、最近は朝6時にレムカに散歩に行き、お留守番させて、帰って来たらまた散歩というのが続いてるんだけど、(幸い最近2ダイブが多い。)でももしキリンさんと2人ともピピになっちゃったらどうしよう〜。と相変わらず過保護に育てております。家のバカ娘、もとい、愛娘。
にほんブログ村 マリンスポーツブログ ダイビングへ
にほんブログ村
にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ
にほんブログ村
[PR]
by papaya_mango | 2013-02-01 13:52 | PHUKETでDIVING

何が起きてもマイペンライな島プーケットから今日も海に陸に忙しく発信中 。


by papaya_mango