散骨、伊良湖ドライブ

生前父は「死んだら骨は海に流してくれればいい。」と言っておりました。
脳梗塞起こして動けなくなる直前まで、暇があればハゼ釣りに行っていた父。
行くところは大体伊良湖岬の伊河津の港か中電のそば。

多分子供の中では私が一番父の釣りにつきあってない。んだけど、昨日は(多分一番つきあった)長女、母と叔母(父の姉)とで昨日は父を偲ぶドライブなんて行って来た。

道も昔父が使ってた近道を探すんだけど、10年も行ってなかったら、23号線がバイパスで延びて来てて、景観は全く変わってしまい、同じところをぐるぐる回るはめに。

私が高校1年のときに、中学時代の友人7人と自転車で伊良湖まで行ったとき、その前の週に父に車に乗せてもらって、曲がるとこの目印とか、信号の名前なんかを書きながら国民休暇村に向かい、当日は父がトラックで着いて来てくれた。(自転車は片道だけで、帰りは自転車を父が車に乗せて私たちはバスと電車で帰った)遊ぶ事に関して、いろんな協力を惜しみなくしてくれた。が、本当に道は変わってしまってて、でも覚えのある建物を見つけると「あったあった」とすごく嬉しい。

私は前回の10月にキリンさんとドライブに来てたんだけど、やはり迷子になった。笑(特に国府から前芝に抜ける当たり。素直に23号じゃなくて父の使ってた下道を探したかったんだけど、23号のせいで、通り抜け禁止の道になっててショック...)

そして中電の見えるとある場所に、父の骨の一部を流してきました。
d0081889_131275.jpg

ちゃんとした散骨ではないので、たくさんは流せないから本当に少しだけ。
d0081889_131549.jpg

が。本当は散骨するのなら骨を細かく砕いて、とあったんだけど、どうしても砕く事が出来ず、(なんか痛いような気がして)細かいのを選んで、そのままパラパラまいたら、骨のかけらは岩場の隙間に落ちてしまい「お父さんはまって動けんくなっちゃった!ごめん!!」と謝りましたわ。

水は割と奇麗だった。ゴミはいっぱい打ち上げられてたけど。

しかし、本当にうちらも自由というか、本当は散骨とか49日過ぎてからなんだよね。
、ああ天気いいから昨日行きましょうと49日前なんですが。まあお父さんも許してくれるでしょう。

そして、お昼ご飯。時期もタイムリーで、なんか今どんぶり街道 菜の花祭りなんてのをやってた。
田原市内のいろんなレストラン43店が、オリジナルの丼を提供して、スタンプ集めるとなんかもらえるらしい、が、全店制覇は無理だわ。
しかも、パンフレット見て、「この店行きたい」と思ったとこは全て火曜定休。だめじゃん。

でも、伊良湖ガーデンホテルのすぐそばにどんぶり街道の旗出してた店があったので、そこに入る。
呑海(どんかい)、と言うお店。
店はすごい古い感じの昔ながらの食堂という感じなんだけど、芸能人との写真とサインが半端なかった。で、全員が大あさり天丼1100円を頼む。
出てくる↓
d0081889_131664.jpg

絶対無理...。天ぷらって、最初はいいけど、やはり油の固まりを食べるから、女年寄りはかなり辛い物になると昨日勉強しました。でも味はいいのよ。美味しかったけど、間違いなく残すので、Doggy bagを頼みたかったら「うちはそう言う事はやってない」と言われてしまった。残したら捨てるだけじゃん。もったいないけど、うちらもビニールなんて持ってなかったので4人で余裕で2人分くらいの天ぷらを残す事になった。すごいもったいない。こういう無駄にする文化が私は好きじゃない。
でも食べられなかった。

後はもう車の中でみんな「きもちわるいーーーーー。はらがさけるーーーーーー。」の連発。

その後は恋路が浜にちょっと立ち寄り、菜の花見て帰って来ました。
d0081889_1311836.jpg

d0081889_131102.jpg

姉がたいそう(横に)でかい為、私がすらっとして見えるwwwwこれからはいつも長女の隣で写真を撮ろう。

でも春の伊良湖ドライブ、楽しかった。父も10年ぶりに伊良湖に行けて、楽しかったと思いたい。
にほんブログ村 マリンスポーツブログ ダイビングへ
にほんブログ村
にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ
にほんブログ村
[PR]
by papaya_mango | 2013-03-20 13:25 | 脳梗塞 /介護

何が起きてもマイペンライな島プーケットから今日も海に陸に忙しく発信中 。


by papaya_mango
プロフィールを見る
画像一覧