居候生活スタート

前回の続き。今日、キリンさんの親が帰ってくる日に最後の望みをかけて家を見にいく私たち。仮住まいのうちから車で約2時間。
行った場所は、今住んでるとこよりももっと広い牧草地が広がってて、全ての住宅がこじんまりしていてすごく素敵な街並み。

そこら中にりんごの木がりんごをたわわにつけてなっている。

そしてGoogle Mapで到着したところは、その住宅地の一番ドンつき。
え....。
d0081889_18040494.jpg
どうみても学校。
どう見ても廃校。

キリンさんも「あれ????」
あなた学校に住みたいってアプライしたの?って聞いたら、全然覚えてない。

中を見るとまだ机も本も全部雑然と教室中散らかってる。
「大家は今日の四時に他の借りたい人も合わせて見学会をするって言ってる」
うちらがついたのは3:30くらい。

思うに この廃校を 3-4人家族でシェアするってことみたいで、だから料金も安かった。
でも教室として使ってた部屋でどうやって他の家族と仕切りをつけるのか?トイレは共同????

無理無理無理。

結局4時のアポイントメントも断り 大家来る前に帰路につく。

私が本当にここなの????違うんじゃ無い????あと20分で大家来るなら待った方が良く無い?って言っても「いや ここだよ。絶対。どうせ借りないから帰ろう」って。だったら本当になんでくる前に電話で聞かないんだろう????

そして家に帰るともう1つの大きな出来事が。
親が帰ってる。先住犬の犬を連れて。

先住犬はスペインのソイドックだったらしく、メス犬で気が強い。(ソイドックはまあ 大きくいうと家のない犬)スピッツとポメを足したような可愛い風貌だけど、とにかくよく吠えると。

結果 全く無理。

このままだとチョビもAbby(という名前)もかわいそうすぎる。で 親が帰ってきた翌々日、キリンさんは「頑張ってね」って言ってオーストリアに行っちゃった。

もう私がストレスで死にそうだ。あまりにも無責任すぎて。 今もう3日💩が出ない。チョビもリビングで2匹置いとくとリードが離せなくて私が何もできないから二階のベッドルームに閉じ込める。ピーピー泣く。で彼女も多分ストレス?昨夜は一晩中お腹がぐるぐるなっててすごい心配。

こんな状態のままキリンさん帰ってくる24日までいられない!
どうしよう!!!と思ってたら今日事件が起こった。

パパがAbby連れて医者に行ってる間に、チョビを下の階で自由にしてて、ママと一緒に家の掃除を手伝ってた時、バスルームのタオルをしまおうと二階に上がってた時に下から犬同士のすごい鳴き声が聞こえてびっくりして降りてきたら、運悪くパパが帰ってきて犬同士が猛烈な喧嘩をし、それを多分パパが止めようとして、どちらかの犬にがっつり食いつかれていた。
d0081889_18244802.jpg
ズボンががっつり破れてる。

うちらが家を見つけてないばかりに、こんなに親に迷惑かけて、もうここでキリンさんがいなくなってからこの2日溜めてたものが吹き出して大泣きしてしまった。

10年ぶりに会った親と会って翌日にいきなり三人と2匹にされるって、ちょっとあり得ない。

ママはAbbyを近所の友達に預けるからあなたとchobiはここにいていいのよ?って。

ここはうちらのうちじゃない。こんなに親に迷惑かけて本当に申し訳ない。

私が激しく泣くから流石にチョビもびっくりして大人しくなった。

本当にもう一体どうすればいいのか。

彼がアプライしている家が見つからないのなら、(800€くらいで探してる)
オランダ自体が私たちの住める物価の国じゃないって事。

Funda(オランダの家探しWeb)見たってほとんどが1000€以上の家だ。

かといって肝心のキリンさんがここにいない。

このままだとチョビがまた病気になりそうで怖い。


にほんブログ村 海外生活ブログ オランダ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ
にほんブログ村
にほんブログ村 マリンスポーツブログ ダイビングへ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ プーケット情報へ
にほんブログ村
[PR]
by papaya_mango | 2018-09-10 18:02 | オランダ滞在 | Comments(0)

何が起きてもマイペンライな島プーケットから今日も海に陸に忙しく発信中 。


by papaya_mango