カプリ島にて。

9月1日。防災の日。
今日も早起きしてバスでベヴェレッロ港へ向かう。午前中に青の洞窟は見たほうのがきれいというので9時までにはカプリ島に着きたい。ケチらず高速フェリーのチケットを買った。€12。
ここからフェリーで約45分。乗ったとたんに三日目の疲れの性で二人とも爆睡こいてしまう。

ロンドン在住のMALTAで知り合った日本人TERUMIちゃん情報によると31日は波が荒く青の洞窟には入れなかったそうだ。今日はどうだろう??天気はすごくいいけど。
寝てたからあっという間にカプリ島到着。リゾートだわ。マリーナグランデ港に到着してさて、どうしよう。
『青の洞窟』だけ行ってさっさと帰ってくるか(安い)折角来たのだから島を一周ぐるっと周って洞窟に行くか。(高い)どこまでも金勘定する名古屋の女。

いつもは「ボンバーの好きなほうでいいよ~」というとびちゃんだったが、ここだけは「高いほうにしよう」と言い、島一周コースにした。
もちろん今日は洞窟に入れる!やった!!
とびちゃんは本当にここが一番楽しみだったんだなあ。と実感。私も負けず劣らず楽しみだったはずなのになぜか力が出ない。どうやら連日のハードウォーキングで自分が思ってる以上に体が疲れているらしい。

島一周はまず、『青の洞窟』とは反対側から各名所を回り、最後に『青の洞窟』にたどり着く。
できれば最初に回りたかった。だって今から1時間もかけて周ったら、何のために観光客が押し寄せる前に着いたか意味がなくなるから。「なんだ~」と、ぶーたれても船は洞窟とは反対方向に進む。でも、それでもカプリ島の見所は『青の洞窟』ばかりじゃないぞ。といわんばかりのすばらしい景観に大満足。
特にすごかったのは『天然のアーチ』といわれる弓形の岩でできたトンネル。
下からではなく、上から見たらもっとすごいんだろうなあと感動。
後は『オレンジの洞窟』『エメラルドの洞窟』を回って、いよいよ大本命『青の洞窟』へ。
もうすでに洞窟町の船で入り口は大渋滞だった。待つこと30分、ようやく番が来た。
TERUMIの友達なら入場料は要らない。とボートのお兄ちゃんに言われて(ありがとう!TERUMIちゃん!)船の中ねっころがって中に潜入!
中に入ったらボートのおいちゃんたちがカンツオーネの真骨頂『帰れソレントへ』を熱唱。カンツオーネの低い歌声が洞窟の中にこだまして、と言うか『青の洞窟』本当に青い。生半可な中途半端な青じゃない。目が痛くなるほど青く美しい。
d0081889_19132192.jpg

歌が終わるとそのまままた外へ出るから中にいられる時間なんて正味5分もないかもしれない。でも十分に堪能できた。

外に出てありがとうと元の船に移ろうとしたら、ボートのおいちゃんがチップを要求。まあ、ただで入たから€5位出そうとしたら€20も要求された。ちょっと待て。
ただより高いじゃん。でも、仕方がないので€20払って船に戻ったらTERUMIちゃんの友人だからただでいいよ。と言ってくれたダニエラというお兄ちゃんが来て私たちが€20もチップでとられた。
と言ったら「やられたね。」と言われた。ここでもだまされた。ちくしょう。
その後マリーナグランデに戻りバスでアナカプリへ向かう。その後はカプリへ。

おなかは減っていたけどそれ以上に暑さと体力的な問題で私はかなり参ってしまった。
どこかでお茶する?となっても頭が働かずぐずぐずしてしまう。
ようやくすっぱくて冷たいリモーネを飲んで生き返る。リモーネは本当においしい!!!!
後、カプリ島の家はいたるところかわいらしいタイルでデコレーションしているので見ていても楽しい。
私が単なる観光旅行者だったら(いや、単なる観光旅行者だけど)リモンチェッロをお土産に買いたかったけど、買ったところでかわいい容器は日本に持って帰れるわけではないし(リモンチェッロは甘いレモンのリキュール)結局カプリでは何も買わずに帰ることにした。

この後、ナポリにも戻ってもう一箇所いく予定があった。スパッカナポリのまんなかにある『地下ナポリ』古代ローマ時代に」作られた地下都市。ガイドつきのみの公開でいけるのなら6時からの公開時間に間に合わせたい。
帰りは普通フェリーにしようとチケット売り場に行ったら普通フェリーの次の時刻は7時過ぎ。あきらめた。
時間を見たら4時8分。今なら4時10分のフェリーに間に合う。疲れているはずなのに乗りたい一心で大ダッシュ!
火事場の底力を見せ、何とか10分初のフェリーに乗れた。しかしよくよく考えてみると行き€12できたのになぜか€13払っていた。なんでだ??と、納得いかなかったがまたもや爆睡。あっという間に港に着いた。
ついて景色を見ると行きとは明らかに港が違う。そうなのだ、違う港のフェリーに乗ってしまったのだ。だから料金も違ってたのだ。思考が働いてないくせに暴走するからこうなるのね。と、とことん反省。

ごめんね、とびちゃん。
[PR]
by papaya_mango | 2005-09-01 19:00 | イタリア旅行記 | Comments(0)

何が起きてもマイペンライな島プーケットから今日も海に陸に忙しく発信中 。


by papaya_mango