2度目の引越し

d0081889_19595679.jpg

9月11日。
2ヵ月間住み慣れた(?)St.Georgiを離れ、今日はお引越しの日。
前日はKAORIちゃんANNAちゃんたちとFOOTROOSEでALLしてしまい、寝不足のまま引越しの準備。チェックアウトは11時からだからそれまでは部屋にいられるんだけど、あまりに荷物がすごい。(主に食材)
スーツケース一個、バックパック1つ、ダンボールいっぱいの食材、ダイヴィング用のメッシュバックの中に入りきらなかった服等ぎっしり。そして3日前に買ってしまった2リットルウォーター5本。(悩んだんだけど安かったんだもの)etcetc…。

当てにしていた友人たちはゴゾ島へ泊まりで行ってしまい、この大荷物を抱えて一人で運ばなくてはいけない。『何とかなるわ!』と気合を入れなおしたらANNAちゃんが手伝いに来てくれた。ちょうど二ヶ月前このSt.Georgiに引っ越してきたときも彼女が助けてくれた。

ありがとう!!!!一緒にALLしたのにきてくれて!持つべきものは友!!!。3階からよたよたと荷物を運び、レセプションでTAXIを呼びに行く間、ANNAちゃんに荷物を見てもらい、何とかすべて運び終わったところで念のため、大家さんに
「今日からお世話になります」と電話をしたら、
「すぐに迎えに行ってやる!」とのこと。
本気で助かった!前日にもホストファミリーに「引っ越します」と連絡したら
「足が必要ならすぐに行くからね!」と言われ、つくづく私はこのMALTAでは人間関係恵まれてるなあ。と感じた。ほんとに大家さんが迎えに来てくれて、一路、新しいおうちへ!場所はSt.Julianの静かな住宅街。あのうるさかったパーチャビルとはぜんぜん違う!
なぜこの部屋を見つけたかと言うと、ちょうど1月半前にSt.Georgiの別の部屋でパーティーがあり、そこで知り合った日本人のMAYUMIちゃんが「ひょっとしたら私のいるFLATの下の部屋が空くかもしれないよ」と教えてくれて翌日直接大家さんに交渉しに行ったのだ。

大家さんは、おじいちゃんとおばあちゃんの二人。
最初の話だと、部屋は残念ながら空いていないけど、ひとり支払いのだらしのないエジプト人がいるからその人と交渉して出てってもらいたいからその後、入っていい。と言う話だったんだけど、大家さん自身があまりに人がいいので結局追い出せなく、私がこまっいていたら
大家さんの自宅の3階が9月の最初に空くから、もしそこでいいなら引っ越しておいで。と言うことになった。
最初は考えた。だって大家さんの家に住むと言うことはまるでホームステイと変わらないし、いくら部屋にキッチン、シャワー、トイレがあるとはいえ、玄関は一緒なので友達が呼びにくい。
でも、そのうちFLATに空きができたらいつでもそこに移っていいよ。と言うことになったので
それになんか部屋を一生懸命探すのも面倒くさくてここに落ち着いた。
大家さんのジョージとドリス。二人とも本当にやさしくて特にジョージは大工さんと言うこともあり
私が前は電動工具のMAKITAに勤めていたと言ったら「MAKITA製品はすばらしい!!」と大絶賛。そんな感じでとても気に入ってもらえて、私はここに移ることができた。
しょっちゅう嫁に行った娘さんが子供つれて遊びに来てて(まるでうちみたいだ)消防士の一人息子のジョゼフもとても感じがよく、二回の部屋には本当にホームステイの生徒たちも住んでいて英語を勉強する環境にはとても恵まれたところだ。
部屋に荷物を置いて洋服ダンスに服をしまい、食材も棚において一息つく。
小さな一部屋だけど今日からここが私のうちになる。大きなベランダからは教会が見えて、15分ごとに鐘が鳴る。
きれいとは決していえないけど、それでも、大家さんが私のために用意してくれた、ベッドカバーやテーブルクロス等の小物がかわいくて、私はいっぺんに気にいった。
そして嬉しい??ことに晩御飯もご馳走してくれた。
これからどんな生活が始まるのかすごいどきどきする。
[PR]
by papaya_mango | 2005-09-12 19:52 | MALTA滞在 | Comments(0)

何が起きてもマイペンライな島プーケットから今日も海に陸に忙しく発信中 。


by papaya_mango