外泊

日曜日。朝から天気は荒れていたが、ダイビングの予定があった。
先週からUSネイビーのスティーブというおぢさんが一週間だけホリデーでMALTAにきているので毎日どこかのダイブサイトに行っていた。
しかし今日は大荒れである。でも、こちらの海が荒れているときは大抵ゴゾフェリーポートのほうは穏やかなのである。しかし天気は悪い。潜った後が辛い。
心の中で(いやだ~)と思ってしまったがこれも勉強だ!あきらめたらジョナサンはダイビングをやめて今日はドライブにしよう!という事になり心からほっとした。
狭いマルタ。しかし車で周るとなかなか大変である。道は狭いしぼこぼこだし。標識の表示の仕方が悪いからすぐに迷うし。
すっかり疲れてTIME SQAREへ。スポーツバーなのだがここでもやはりオリンピックのOの字もなかった。
疲れたからだ(ジョナサンはもっと疲れている)とすきっ腹で飲んだビールがきいてしまって久々によってしまった。
その後真由美さんとフラットに帰って夕食を作り食べてる最中にもう私は記憶がない。その後彼らは私を残してまたのみに出かけていった(らしい)
1時ごろみんなが帰ってきて真由美さんに
『ちゃんと布団で寝なさい』
と即されてそのまま爆睡。
そのまま朝まで寝てしまった。
そのとき(GEORGEに電話すべきか?)と考えたけど一応私は一人暮らしだし、自分の管理は自分でしてるわけだから、まあいいや。とそのまま店に残って仕事をして帰った。
帰った鼻からジョージとドリスに「昨日どれだけ心配して待ってたのかわかってるのか??」と散々怒られた。
まるで日本のうちのよう。日本でもお母さんという保護者がいるのでもういい年しているにもかかわらず朝帰りとかすると怒られる。
私はマルタでも保護者付だ。
でも本当に電話一本で済むことをしなかった私がいけないんだよね。心配させてごめんなさい。
でも一応私、一人暮らしのはずなのよ・・・。
[PR]
by papaya_mango | 2006-02-15 20:47 | MALTAの人々 | Comments(0)

何が起きてもマイペンライな島プーケットから今日も海に陸に忙しく発信中 。


by papaya_mango