<   2006年 08月 ( 12 )   > この月の画像一覧

買いだめ

前から私のブログでオススメしているがお土産に買うならこれが一番!!と言う事でTUCのベーコン味いまならTOWERSで4つで1LM。誕生日の時にKOZUちゃんが2つくれたのもあわせて合計10個。コレが私のお土産です~。
d0081889_14531464.jpg

[PR]
by papaya_mango | 2006-08-30 14:50 | MALTA FOOD | Comments(2)

LAST WEEK

遂に最後の週。あんなに激しく来ていたHOMESTAYも何故か今週いっぱいはお休み。
なので私は夕食にありつけなくなった。
DIVINGも先週からちょっと息抜きのように人がいなくなり、私はもっぱらお留守番要因だ。
もう一度行ってみたい所とか買っておきたいもの。考えていてももう時間が無い・・・。
やり残したこと?やりたい事??

もう頭が働かない。
しかし、私の後、友人Yちゃんが私の後にフラットに入ることになったので(と言っても私の部屋じゃない)それもかねてGEORGEが食事会を開いてくれた。
日本人二人が来ると言う事でGEORGEは奮戦。見よう見まねでなんと寿司を作ってくれた。
コレはもう大感動。
d0081889_1439598.jpg

でも、インデイカ米で作ってくれたので食べた瞬間大爆発。
そして大爆笑。
GEORGEはその他にも春巻きや、チキンカレーなど、本当に日本人が(というかYちゃんが)喜ぶメニューを作ってくれてYちゃんも即決で引っ越す事を決めた。
後でGEORGEには伝えたけど
MALTAで日本米に近いお米を使いたかったらSCOTTOというメーカーのアランチーニが一番日本のお米に近いと思う。もっちりしてるし、寿司を作るのならコレが一番いい。
しかし相変わらずGEORGEは「お米には毒があるから明日は食べられないよ」
とYちゃんに解説していた。ぬか臭くはなるが・・・。
しかしMALTAは日本と違ってちゃんとしたおひつ無いから保存は難しいのかなあ。
本と、ここにきて初めて聞いたよ。お米は直ぐに腐るから気をつけろなんて。
余談だがよくGEORGEがライスを出す時他の生徒に「何故日本人やアジア人の目が細長いか知っているか」と質問している。
何でも米を食べて翌日便秘になりリキむから目が細長くなったのだそうだ。
なんじゃそりゃ。
[PR]
by papaya_mango | 2006-08-29 14:13 | MALTAの人々 | Comments(0)

私は犬好き・・・。

よく会話で「犬が好き?猫が好き?」と言うけど、私は即答、「犬が好き。」
だって犬のほうが本当に飼い主に忠実で、嬉しいを体全部で表現するじゃん?
猫はなんか気まぐれな感じがして自分がいいときだけ甘えてくるからなんか気に食わない。
しかし・・・ここMALTAの猫は本気でかわいい。
どのこも野良もみんな手を差し伸べると、大喜びでよってくる。
先日、SHOPに行くために外に出たら隣の家の前でこの子がこんなカッコでまったりしていた。
あまりにかわいくて写真を撮ってしまった。
d0081889_2335193.jpg

その後、近づいたら大喜びでよってきて、もう写真を撮らせてくれなかった。
ごろごろ擦り寄ってくるのでカメラを向けても後頭部しか写らないのよ。

しかし、時々日本の友達に「MALTAの猫は手でえさを食べるというが本当か?」
ときかれる。
何でも日本のTVでそうやっていたらしい。
その取材は私はここで見かけた。
彼らは「猫はどこだ?猫はどこだ??」と探しまくっていた。
普段はそこらじゅうにいる猫も、探そうとすると、いなかったりもする。
はっきり言いましょう。多分その番組は少し誇張してその映像を見せたと思います。
だって私、ここに1年以上いてみたことないもん。そんな猫。
中に入るかもね。何せ猫の人口多いからえさをもらってもとられまいと囲う奴はいるかも。
TVの力は凄いよねえ。
[PR]
by papaya_mango | 2006-08-24 23:23 | MALTA滞在 | Comments(2)

帰国

突然だけど帰国を決めた。決めたら早い。来週だ。
家の都合なんだけど、それでも、ジョナサンにいうときは本当に考えた。いつもはおしゃべりでいつも真由美さんの後をついてはあーでもないこーでもない言う私が「帰ることにしました」と言う一言がいえなくていえなくて一日悶々した。
言った時、二人ともわかってくれたけど、寂しい顔をしてくれた。
へっぽこな私だったけど、少しは必要とされていたのかなあ。
と思った。
9月に帰るといっても9月はもう来週のことだ。
「えー!!もう8月終わりだったの??」と、真由美さんも驚いていた。
時間がたつのは早いね。なんか。
飛行機はやはりエメレイツの1WAY。272Lm。
なんか、まだ自分でも信じられない。
この周りの風景が、当たり前のように歩いたこの道が、もう来月には思い出に変わってしまう。
「来年も帰ってきて」
と言う真由美さんたち。楽しい仲間だった。厳しくて泣いたこともあった。
でも帰るとなると、気持ちが焦る。
自分で決めて自分で行動したのに、まだ何も考えられない。

昨日は波がちょっとあったけどフランス人のISABELLAにADOWのUnder water navigationを教えた。Isabellaも来週帰る。春からきて、OW、お金をためてADを受けに着たかわいらしい子。てっきり真由美さんかMARCが教えると思っていたら真由美さんが「FUMIKOさんやって」と言うことになった。NavでIsabellaのコースが終わる。
ダイビング後、考えてみたら、きっと真由美さんが私が彼女の認定が出来るように取り計らってくれたのかなあ。と思った。
真由美さんが「8月をきっかけに人がガラッと変わりそう。みんな帰っていくね」
とぽつりと言った。
帰ってくるかなあ。ここに。私、どうなんだろう。
[PR]
by papaya_mango | 2006-08-23 18:24 | MALTA滞在 | Comments(2)
以前にも似たようなネタを載せたが、とにかくマルチーズは壊すことが好きである。
3月に壊されたSHOPの前の道。わかってはいたけどいまだに完成していません!!いまだに掘り続けています。
でも、今MALTAは本当にそこらじゅうでCONTRUCTIONしています。マンションやらアパートメントをさらに高く、階数を増やし工事している。土地のないこの国は上に家を作るしかないみたい。
d0081889_1861232.jpg

なので朝、狭い道を歩いていると、突然通行止めになっていて、大きなトラックやセメント、コンクリートを運んだ車が上のアパートにそれらを運び込んでいる光景を良く見る。(人は通れる)
そして、ふと上を見るとこんな大きなクレーンが「ウイーン」と動いている。もちろんこのクレーンの下は普通の道路だ。その下を人々は何食わぬ顔で歩いている。
私は最初、怖くて通れなかった。だってもし何かのミスでこの巨大なコンクリートが落ちてきたら・・・。と、想像するだけで震えてくる。日本ならまず住人が黙っていないだろう。クレーンが動く範囲内全て立ち入り禁止にするだろう。

立ち入り禁止にしているところはここでは見つからない。
今は大分なれたが、それでもクレーンの下を通るときはつい足早になる。
この間はこんなことがあった。狭い歩道を歩いていたら上からぼたぼたっとなにかが落ち、それが私の肩とリュックにあたった。「鳥糞??」と思い、見てみたらなんと真上で作業していたクレーンからこぼれたセメントだった。
本当に地震がない国だからこんなことできると思うけど、
下を見ないと糞を踏み、上も気をつけないと何がおちてくるかわからない。
気をつけようね。みんな。
[PR]
by papaya_mango | 2006-08-18 17:49 | MALTAの人々 | Comments(0)

信じられない出来事

以前にも私はBLOGでうちの大家の話を載せた。
基本的には本当にいい人たちだ。感謝もしている。しかし、時々「これは勘弁してくれ!」と言うことがある。
MALTAはいわずもがなHIGH SEASON。
学校もFLATも生徒であふれている。もちろんホームステイも。
数週間前、私はDORISに「どうしても」と頼まれ、いやだったけど、1週間生徒を私の部屋に受け入れた。いくらご飯を食べさせてくれているとはいえ、私が頼んだわけじゃない。彼らの好意だ。あくまで。私は一人部屋として月100Lm払っている。最初、もし部屋をSHEARしたかったら、月110Lmで一人55Lmとなる。そのほうが生活はしやすいが、私の部屋は日本で言うところの1ROOMなので全くプライベートな空間がない。なので私はひとりを選んで生活している。
先週、DORISに突然言われた。「またダブルブッキングしたから、2日間だけフランス人の生徒があなたの部屋に行くから。」「は??」今度は事後報告である。もう私に行っていいかも聞かない。私がいやだといえないことを見越しているとしか考えられない。たった二日間だから、と言われて私はまた、いやいや生徒を受け入れた。

そして昨日、ダイビング2本潜って心地良い疲れのなか、10時には眠りについた。ふいに。
突然ドアが開いて(ノックなし)DORISが入ってきた。びっくりして飛び起きると彼女の後ろに見たことのない子が居る。そして一言、「ここがあなたの部屋よ。」
「ちょっと待って!DORIS!どういうこと??私は何も知らない!!」私がそういうと、「5日間だけこの部屋に泊まってもらうから」とだけ言ってドリスは出て行った。
私は何も知らない。何も聞かされていない。
ちょうど下の階はチェコの生徒が帰ったので一人分空いているはずだ。
さすがに怒りで震えてきた。
しかし何も知らないのはその生徒だ。
コリアンの女の子。私は彼女に「私はホームステイじゃない。この部屋を月契約で一人部屋として借りている。バスもトイレもキッチンも一切使わないで!!」とだけ言ってまだ彼女が荷物を広げる前に部屋の電気を消して寝てしまった。月明かりでなんとなく明るいとは言っても、すごく不便だっただろう。状況がわからないのは彼女のほうだ。私はすぐに意地の悪いことをした。と、後悔したけども、それ以上に怒りのほうが大きくてその夜は寝るに寝れなかった。隣で気まずそうにしているコリアンの子の気配を感じながら。翌朝、仕事に行く前にコリアンの女の子も起きていて一言「あなたは私がここに来ることを知らなかったの?」
と聞いてきた。私はコリアンの子が来ることは知っていたけどこの部屋にくるなんて聞かされていない。私は一人部屋を借りている。明らかに契約違反だ。今から彼らに苦情を言ってくる!
と、夕べよりは幾分落ち着いたものの、思っている怒りのはけ口を彼女に向かって吐き出した。いい迷惑である。しかし彼女は一言「ごめんなさい」
あんたは悪くないよ!悪いのは大家だよ!!

もう少し冷静にならなきゃと私は下の階に行き、GEORGEとDORISにこれはいったいどういうことか?と聞いた。下の階は一人分空いているじゃないかとも。
返ってきた答えは「ハイシーズンだから」だ。明日また二人生徒が来る。とも言った。
下の階には二人部屋が二つ。どう考えても入れるわけがない。
「あなたの部屋は去年は3人で使っていた。それを今はあなたが一人で使っている。これはNOT FAIRだ。」とも言われた。 意味がわかんない。去年3人が使っていたなら私が一人部屋料金を払っているにもかかわらず人を送り込んでいいのか??
今月に入って私は月の半分は誰かと生活をしている。
だいたいおくりこんでくる学校も学校だが、受けるほうも受けるほうだ。
MALTA人にとってホームステイは貴重な収入源。部屋がいっぱいだからと断ると次回から生徒を斡旋してもらえなくなる恐れがある。気持ちはわかるが、明らかに契約違反だ。
しかし私には「じゃあ、家賃まけて!!」とも言いにくい。もう今月払ってしまったばかりだ。

夏のマルタは何でもありだ。みんな気をつけたほうがいい。(わたしだけか?)
ちなみに生徒を受けるだけ受けている学校はESE。ECもそうだと思うけど、とにかく大きい学校は質が下がる。本当にそう思う。
その日は怒りでうちにも帰りたくなくて、朝からいらいら。ジョナサンのちょっとしたいやみも普段なら軽く流せるのにその日は「私だってがんばってるよ!どうしてそんな風に言うの??」と逆切れして真由美さんを驚かせた。
その日はやはり真由美さんとTIME SQUAREへ。
そしてこの話をしたら真由美さんに「だからいつもあのうちを出ろと言ったのに!」
真由美さんはこのプライバシーのない私の生活に常々「家を出ろ」と言ってくれてたんだけど、めんどくさいのもあって出なかった私。そう、悪いのは私だ。
だけどねえ。
信じられんわ。マルタ人。
[PR]
by papaya_mango | 2006-08-14 17:43 | MALTAの人々 | Comments(2)

ありがとう!みんな!

d0081889_1715183.jpg

写真を見てください。氷結柚子味・・・。普通に見れば、たんに氷結を写真に取っただけじゃん。だから何なの?と思われるかもしれませんが、問題は後ろの風景。日本ではありません。
そう、MALTAなのです。ここは。
昨日のBIRTHDAY DRINKでヘロヘロになった私は、やはり真由美さんちで泊めてもらいました。昨日TIME SQUAREに来てくれたのはわたしのStudentのくみちゃん、こずえちゃん、そしてRIKKE、真由美さん、ジョナサン、STEVE、MALTA AQUAのDAVI、RYAN。いつもどうりと言えばいつもどうり、でもみんな来てくれて本当に嬉しかった。
前のBBQの時には真由美さんとジョナサンからIQのラッシュガード、やはりお客さんのYUKAちゃんからはZARAのタンクトップ。(同じのを春にANNAが買ってほしかったんだけど買わなかったやつなの)、こずちゃんから私の大好きなTUCのクラッカー、そして昨日はくみちゃんからすごいかわいいブレス、RIKKEからすごい彼女らしい、黒いシンプルなかわいい花のピアス、そしてちょうど、私がOWDC教えているKOTAさんからイムデーナグラスの花瓶をもらっちゃいました。
そしてINTERNETでは日本の沢山の友達から(一部スペインとコロンビア、ベネズエラ)GREETING MAILも。

幸せです。私。38なのに本当にもういい年なのにこんなにいっぱいの友達に囲まれて、お祝いしてもらえて。来年の自分の誕生日もHAPPYだといいなあ。

で、前出の氷結。翌日家に戻ったら、日本語に書いてあるPARCELが・・・。
とびちゃんからの贈り物が届いていました。
送料を見て余りの高さにびっくり。
中を見てみると、さすがとびちゃん、私の好みをついたものがぎっしり・・・。
それも多分、もう来月には日本に帰ることを考えてくれていて、全て消えてなくなるものをくれました。備前やの手風琴、ハッピーターン、梅味プリッツ、etc...。
そしてさらに奥に壊れないように頑丈にプチプチで包められた固体・・・。
あけてみると、大爆笑。そりゃ、送料高くなるよ!!とびちゃん!!
アサヒスーパードライとこの氷結が!!!
本当に私のつぼを押さえています。あなた。

しかし久しぶりに見た日本の缶は私には本当に小さくも感じられてしまいました。へへ。
ありがとう、みんな!
[PR]
by papaya_mango | 2006-08-11 17:13 | MALTA滞在 | Comments(0)

Cirkewwa Rozi.

おお、今日はなんと8月10日。ついに38歳です。
歳だけ書くと、すごい重苦しい重圧を感じるが、相も変わらずやってることは10年前となんら変わらない。
今日はBIRTHDAY OFFをもらったんだけど、だからといって別段やりたいこともないからこうして朝からインターネットですわ。でも、今日は夕方からRIKKEが遊んでくれるので「BIRTHDAYなのに誰も遊んでくれん!!」と22歳のRIKKEに駄々をこねて遊んでもらう私・・・。本当にどっちがイントラでDMだか分からんわ。つっても、昨日は昨日でBIRTHDAY前夜祭で(???)TIME SQUAREで飲んだ後、ST.JULIANの中華のお店へご飯を食べに行った。
久々の中華で本気でうまかったし、値段もそんなに高くない。おまけに「明日誕生日だろ?」と、ジョナサンがおごってくれた!!!ありがとう!!BOSS!!!!
今日もTIMESQUAREにRIKKEとのみに行くといったら「お前の誕生日をもちろん祝わせてくれ!」と、AQUA NAUTSのみんなも来てくれる事になったので私は昨日のお礼もかねてジョナサンにはギネスをおごるつもりよ。

話をタイトルに戻して以前のブログでMALTAには見所の沈潜が二つあると書いたんだけど、今回はそのもうひとつのTUG BOAT-Rozi。
ポイントはGOZOフェリー乗り場の反対側、Cirkewwaというところに沈んでいる。
私はここはかなり好きだ。沈潜もさながらここではReefダイヴィングが楽しい。
Zureiqqeのブルーグロットも、確かにFaroudはすごいけど、Reefを選ぶなら、私はこちらのほうがいい。
灯台の下をジャイアントストライドでエントリーしたら右手に15mくらいの深度でReefに沿っていくとROZIがある。最大深度は34mくらいかな。ここはなかなか魚影が濃い。
d0081889_2037379.jpg

d0081889_2038912.jpg

透明度もいいし、Reefに沿っていくだけで見つけられるからFaroudよりも簡単だ。
d0081889_20384583.jpg

大体1本目をROZIにいき、二本目はReef Divingというパターンが多い。みんなが見たがるマドンナ像は正直、わざとらしくて私は好きじゃない。(洞窟にマドンナ像が納められている)
ここは何より、景観がすばらしい。MALTAは珊瑚がないから代わりにこうした岸壁とか岩の形とかが面白い。
d0081889_2039189.jpg

沢山スイムするーするところがあるし、CAVEも多い。

ROZIももう1ヶ月行ってないなあ。考えてみたら。
d0081889_2040131.jpg

岩の間からでてきたRIKKE。
撮影はジョナサンでした。
[PR]
by papaya_mango | 2006-08-10 20:44 | MALTAでDIVING | Comments(4)

Birthday Cake

そしてうちのGEORGEもちょっと早めのバースディケーキを作ってくれました。
直径何センチのケーキなのか分かりません。
18センチが当たり前の日本人にはかなりの衝撃かもね。
しかし、これがもう私の目には当たり前なのだわ。
d0081889_1951542.jpg

彼が言うにはブラックフォレストケーキだそうです。
でも、クリームとスポンジだけでかなりこってり?と思ったけれども意外とあっさりしていてぺろりと食べてしまった。ありがとう、GEORGE!
d0081889_197352.jpg

そしてこれが今日の夕食。
d0081889_198717.jpg

奥のスプーンと比較して、どのくらいの量かお分かりになりますでしょうか?
これで太らないわけがない!!
しかし、感謝してます、いや、ほんとうに。ありがとう、MALTAのお父さん。
[PR]
by papaya_mango | 2006-08-07 18:58 | MALTA滞在 | Comments(0)

BirthdayBBQ

38歳(!!)の誕生日を来週に控えた私のために真由美さんたちがBBQPARTYを計画してくれた。みなが動きやすいからということで5日早い8月5日の土曜日。場所はNSTSアクアセンター。メンバーは真由美さん、ジョナサン、RIKKE、ただいまDMトレーニング中のPhillipe、MALTAAQUAのDAVIDとRYAN、私の同期!のSTEVEと奥さんのSUE、NATS スポーツチームのMARTIN始めとするメンバー、NSTSスタッフ、日本人のお客さんたち。
始まりはMALTA時間で9時過ぎ。とことん腹が減りすぎた。
それでもBBQは楽しいね。出てきたスペアリブにはもちろん細心の注意を払って食べた。(もう歯医者には行きたくない)魚もチキンもどれもすごく美味しくてとても満足。先週の寿司PARTYの失敗もあるので私はあまり飲まなかった。DAVIは「どこかおかしくないのか?」と何度も聞いたが、私だってそんなにしょっちゅう飲めるわけじゃない。
宴もたけなわ、不意にジョナサンがみんなを集め、今日のBBQは私のBIRTHDAYもかねていると話す。そして、みんなの寄せ書きの入ったカードを渡された。
ありがとう!!実は私、ちょっと気づいていた。
みんなが来ると真由美さんがこそこそっとみなを奥に呼んでなにやらしていたので、「きっとBIRTHDAY CARDの寄せ書きしてくれてるんだなあ」とは思っていたの。
でもでも本当に嬉しくて「ありがとう!みんな」といおうとした次の瞬間、真由美さんが「はい!PRESENT]と小さな包みを手渡した。これは想像していなかった。
袋を開けるとなんと、私が本気でほしかったIQシリーズのラッシュガードが!!
「えーーーーー!!!!」
と驚いた次の瞬間、私の生徒のこずちゃんYUKAちゃんもプレゼントをくれて、これには本当に本当にびっくり!!!
遠い、異国でこんないい年こいた私に、それでもいつでも楽しく、こうしてBBQを企画してくれたAQUA NAUTSのみなに本当に感謝します!!ありがとう!!
[PR]
by papaya_mango | 2006-08-05 18:32 | MALTA滞在 | Comments(0)

何が起きてもマイペンライな島プーケットから今日も海に陸に忙しく発信中 。


by papaya_mango